なんやの過去の出来事  2018年

    2006年   2007年   2008年    2009年   2010年   2011年   2012年   2013年    2014年   2015年  2016年  2017年


2018年 7月から12月  1月から6月はこちら 



7月5日(木)、臨時休業いたします。どうぞよろしくお願いいたします。
--次は、なんやでのライブではありません。場所は、得三Tokuzoです。---------
7月5日(木) ライブ 開場18:30 開演19:30 予約2000円 当日2500円
  昭和爆音婦人会 +ゲスト puyo(as)
  MONKEY CHAPS
     場所: 得三

 
----------------------------------------------------------------------------



7月6日(金) ライブ 19:30〜 2000円
  加藤雅史(b)
  小埜涼子(as)
  樽本里美(筝)

   
加藤雅史インプロトリオ 名古屋jazz界のトップベーシスト加藤雅史によるインプロセッションは、現代筝曲の第一人者沢井一恵に師事し、生田流沢井筝曲院教授であり柳川芳命らとのセッションでもインプロバイザーとしての非凡な才能を如何なく発揮している筝奏者 樽本里美とryochestra,saxruinsで世界的に活躍中のアルト奏者小埜涼子によるスペシャルトリオです!(客席王)


7月7日(土) ライブ 19:30〜 1000円
 「私が、決める!」

   平井秀介(as,etc)+Dee(ds) DUO
    +やちり(as.etc)
 

今回は、四日市で佐藤シゲルさんと共に美乱調セッションやククセッション主宰しているやちりさんとの共演です。
ヤチリさんのスペ−シ−でパンキ−なサウンドが炸裂か!


7月8日(日) ライブ 19:30〜 1500円
  新井田文悟(b) 藤井知之(as) 立山こずえ(vln) 坂田こうじ(ds)
    
彼女の奏でる音は、ケルトの風の様だ。
男達が紡ぐ即興音楽に彩りを添える。
梅雨の合間に心の保養を… (新井田)


7月12日(木) ライブ 19:30〜 2800円 
  WASHING MACHINE シドバレットを唄う会
   野口 新(vo,g)+橋本じゅん(vo,g)+湊 雅史(vo,ds)+眞柴祥一(key)

  
この3人は、シドバレットが本当に好きなんだな、野口くんの声とか本物のように聞こえるよ。切ない。じゅん君のギターは、すごく良いよ。良いよ。湊くんのドラムは、言わずもがなだけど、、最高だ。希望の素だ。


7月13日(金) ライブ 19:30〜 2000円
  朱音(vo,g)

  チャーリー(vo,g)
  

朱音
2007年から都内のライブハウス・ライブバーを中心に活動。 あらゆる音楽ジャンルをギター一本で表現し、 歌謡的旋律、耽美的”和言葉"を操る、 変幻自在の独演家。 貴方の心を、斬るも愛すもあたし次第。
チャーリー
「ジャンルにとらわれずパンク、ブルース、レゲエ…何でも取り入れて歌ってます。 独特な世界観を是非(笑)」 アコギ一本で歌ってます。



7月14日(土) ライブ 19:30〜 1500円
 ALTO SUMMIT
  川島誠(as)
  柳川芳命(as)
  puyo(as)
 
アルトサックス3本だけのダイナミックな演奏をお届けします。それが迫力満点になるから不思議だ。剥き出しの音、美しい音、凶暴な音、音のない音、いろんな音の集合体がこれかな。まあ、見に来て。


7月15日(日) ライブ 18:30〜 1500円
  橋本進(vo,g)
  田村鉄火
  フラスコ
  バンダアゼイトーナ
 
【橋本進】
1986年生まれ。宮崎出身。
ソロ弾き語りやバンドにて全国各地でライブ活動中。
2017年1月から2018年3月にかけて、自身初となる47都道府県ツアーを敢行した。
【田村鉄火】
ウッドストックの夏、高知県に生まれる。アメリカと東京での演劇活動(「キラートマト・赤いトマトソースの伝説」卑屈な日本人観光客役で出演)を経て、2004年に詩の朗読パフォーマンスを初めて行う。2005年に詩のボクシング第3回千葉大会準優勝、新宿スポークンワーズスラム第1次第2回トーナメント優勝。2007年頃よりライブハウスやライブバー、カフェ等で音楽イベントに混じってライブを行うようになる。それ以降、現在まで活動範囲を拡げながら精力的にライブ活動中。自らのパフォーマンスをロードックンロール(朗読+ロックンロール)と名付けている。
【フラスコ】
アコーディオン(かいだむつみ)・クラリネット(聖澤聡)・ジャンベ(榎本淳)の編成により、欧州各地のトラッドやオリジナルの曲で遊ぶユニット。
この日は、メンバー2人での2/3ラスコになります。


7月19日(木) ライブ 開場18:30 開演19:30 前売(予約)3000円 当日3500円 

  
山田晃士独り舞台巡業
   『梅雨の名残』

ご予約は6月1日(金)午後5時から受付いたします。予約方法は、ページトップ(上)をご覧ください。
泥沼組合先行予約もあります。5/31(木)まで。優先入場できます。)

   
心底楽しめ、生きる勇気がわいてくる、そんなライブです。 圧倒的迫力をもって迫りくる歌。心が揺さぶられ。魂がざわめく。その音世界が鮮やかに広がっていく。力のある人、歌うたいだ。音の響きが抜群のなんやで、観客と共に、世界が構築されていく様をご一緒に堪能しましょう。


7月20日(金) ライブ 19:30〜 予約3000円 当日3500円
  【オトナノエンソク 名京阪3days】@名古屋
   Baki(MOSQUITO SPIRAL、GASTUNK)
   澄田 健(VooDoo Hawaiians、Moto-Psycho R&R Service)
   ナベジ(スランキーサイド)
 
それぞれ持ち味の違うソロスタイルにて、2017年に群馬高崎、東京下北沢にて開催され大好評のイベント、「オノナノエンソク」がいよいよ名京阪3daysの旅に出ます。
初日の名古屋は御器所なんやにて。もちろんセッションもやりますよ!!
席数に限りがありますのでご予約はお早目に!
ご予約は御器所なんや、もしくはnabeji@gmail.comまで



7月21日(土) ライブ 19:30〜 2000円
   AZUMI(vo,g)
   

人間の持つ様々な色彩が、形になっていく。AZUMIさんの生きる様をとおして、人間が、そして自分が、見えてきて、そして、励まされる。どうだろう、そんな夜をすごしてみては。


月22日(日) ライブ 19:30〜 2000円
   武藤祐志(g)+酒井美絵子(ds) DUO
   
様々なインプロ系バンド・ユニットに参加し演奏するギタリスト武藤祐志とドラマー酒井美絵子、二人のミュージシャンがDUOフォーマットでとことんお互いの音楽性を共有し、ぶつけ合うハードエッジな演奏を繰り広げます。今まで共演はあっても、DUOは初。ハードコアでワイドレンジなダイナミクスは必見必聴です。(武藤)


7月24日(火) ライブ 19:30〜 500円
   KUKUセッションvol.6 (当日、参加者受け付けます)
   ホスト : やちり

  
参加者募集中:楽器でも踊りでも絵でも、みんなでセッションしましょ。
その昔、名古屋にはKUKUという朝まで開いてるバーがあった。お客さんがいてもいなくでも、マスターはドラムを叩いていた。店を辞めた後も、マスターは路上で即興演奏をしていた。そんなマスター村上等さんに感謝を込めて、私たちは即興演奏を続けます。自由に音で遊びましょう。演奏希望の人は、楽器を持って全員集合!即興好きなあなたも、全員集合!(やちり)

今回が6回目。即興好きなあなた、待っています。


7月25日(水) レコードコンサート 18:00〜翌2:00 無料(急遽決定いたしました。ライブスケジュール(印刷物)には載っていません)
    F アワー
     選曲 : Mr.F

  



月27日(金) ライブ 19:30〜 1500円
  小川ベム(vo,g)
  クラウンシューズ [サトル(vo,g) マナブ(acc) タカユキ(contrabass) トモコ(ds)]

  
最近のなんやで、店主が気に入った二組のライブをお届け。軽快なノリで、展開するクラウンシューズとまっすぐに歌い上げるパンク演歌小川ベム。すごくおもしろい。勢い余りある二組。


7月28日(土) ライブ 2階開場18:30 開演19:30 2000円
   (それがし)ゆきの(vo,g)
   鬼丸(vo,g)
   

鬼丸です。自作曲を弾き語りします。’98年、今や伝説のロックバンド、新井薬師自警団のライブを見たのです。圧倒的な演奏力、べらんめぇのMC、強烈で個性的なパフォーマンス、衝撃でした。そのボーカルが某ゆきのさんだったのです。歌が心に響くのです。激しいのに優しくて切ないのです。
誰もがきっと好きになる、何かが変わる夜になる。(鬼丸)

女で、江戸っ子で、ド金髪です。
歌い手歴30数年の内、20数年がバンドのボーカル。
ソロは解散の果ての成り行きの渋々だった為、躊躇しながら底底な活動を続けていましたが、2年前位から意を持ってアルバム製作やツアー等自主的に精力的に動き出し、目下その真っ最中にあります。(某)



7月29日(日) ライブ 18:30〜 参加費 300円 観覧 無料
 
なんやオープンマイク!(当日、参加者を受け付けます)
弾き語りでも、バンドでもOK。ジャンルは問いません。
持ち時間はセッティング時間を含めて20分。ギターアンプ、ベースアンプ各1台、PA、マイクはあります。それ以外は持ち込みをお願いします。ドラムセットは使えません。パーカッション可。22:00まで。詳しいことは、店までお問い合わせください。7回目の開催。初の日曜日。ふるってご参加ください。


7月31日(火) ライブ 19:30〜 予約2500円 当日2800円
   
Trio Oddball

   
 渡辺隆雄(tp)
    臼井康浩(g)
    ハセタク(per)

 
空駆けるメロディー大地を揺さぶるリズム〜ブラジルとロックが 激しく交わる場所 ブラジルのリズムを取り入れつつ、独特の編成でロックする熱く激しいインストトリオ。“ハセタク君の強力な、超強力なリズム!それに乗っかって、渡辺隆雄さんの歯切れのいい高らかなトランペットが朗々と!臼井さんの個性豊かなギターがおもしろさを増す!”


8月3日(金) ライブ 19:30〜 2500円
  アニーキーアゴーゴー!(vo,key)
  イツロモリ(vo,key)
   
 
アニーキーアゴーゴーこと山浦智生さんは、じっくりと染み入る曲を作る。楽曲自身は派手さもあるが、飾らない朴訥とした声でじっくり歌う。それがなんとも心地よい。魂を撫でられているようだ。avexのカッティング・エッジよりメジャーデビュー。ジェームス・ブラウンの来日公演でオープニングアクトを務める。といった経歴の持ち主。

イツロモリ 激しいパフォーマンスの中にじんわりと染み込んでくるグッドメロディー!
疾走系からメローな曲までカラフルかつ骨太なアンサンブルを奏でるピアノロックバンド「コカリクー4D」のフロントマン、Piano&Vo イツロモリ


8月4日(土) ライブ 19:30〜 1500円
  太鼓ちゃんぷるナイト
   ゆらゆらミルフィーユ [中野由奈(篠笛、和太鼓) 堀江達郎(篠笛、和太鼓)]
   UFOBUNGO [野口義徳(ジャンベ) 新井田文悟(b)]
  
日本の、西アフリカの、土着のリズムが炸裂する。そこにユラユラと揺蕩うメロディ達。
是非、体感して欲しい。多分コレが原初の、始まりの音楽。(新井田)


8月5日(日) ライブ 18:30〜 2000円
  「情次と岡ちゃん」
 
「情次と岡ちゃんのパジャマパーティ」は、犬神情次2号と岡澤雅史によるトークイベントですが、アコギでほんのり歌ったりもします。


8月7日(火) ライブ 19:30〜 3000円
 
【黒やぎ白やぎ10周年&還暦やぎツアー】
  坂出雅海(b)&佐藤正治(drums)) [ヒカシューのリズム隊]
ヒカシューの現役リズム隊二人によるスーパーユニット。バンドの骨髄と筋肉であるドラムスとベース。グルーヴィーなリズムを繰り出しながらも、二人とも実に多才で経験豊富な故にマジックのような仕掛けと洗練された音の駆け引きで自由自在に宙を舞い遊び、聴く者のハートを圧倒的に侵略していく。気が付けば夢中。とにかく一度体験することを強くお勧めします。(G子)

黒やぎ白やぎプロフィール
ヒカシューのリズム隊、(ベース、ドラム)二人によるユニット
「黒やぎ白やぎ」(坂出雅海ベース、ラップトップ、佐藤正治 / ドラム、ウェブドラム、他)
二人なのにカラフル!!リズムってこんなに楽しいの!
長年培われた様々な音楽の引き出しを自由自在に使いこなす「黒やぎ白やぎ」ワールド
坂出の独特なグルーブを生む野太いベースに、佐藤のスピード感溢れる豊なドラムが絶妙に混じり合いリズム隊だからこそ生まれる、オルタネイティヴな世界に聞く者をどんどん引きずり込んでゆく。
黒やぎ白やぎ → http://profile.ameba.jp/kuroyagi3shiroyagi3/
ーーーーーーー
坂出雅海(ベース、ラップトップ 他)
1982年ヒカシューに加入。数多くのライブ、アルバムを発表。88年渡独。激動の東ヨーロッパを肌で感じながら、マンハイム・ナショナル・シアターの作曲をする傍ら、Kevin Derringと電気音楽ユニット「EAST 2 WEST」を結成。
アメリカでのCDデビューを果たす。91年帰国。ベーシストとして活躍する他、マルチメディア制作におけるサウンドデザイナーとして活動、又、作曲家として数多くの作品がある。
佐藤正治(ドラム、ウェィブドラム、他)
0 代に美狂乱、20代にAdiMASSA(細井豊、太田恵資)、僕らのしぜんの冒険(深町純、KONTA)他を主宰。又、ヒカシュー、新大久保ジェントルメン他、数多くのバンドに参加。様々な海外の音楽フェスティバルに出演。オリンピック新体操日本代表の作曲、アーティストへの楽曲 提供、数々のCM、映画音楽を手掛ける。細野晴臣、David Rhodes等数多くのアーティストとの共演、作品に参加。身体表現や書家とのコラボレーションなど、ジャンルの垣根を越えた意欲的な活動を行っている。
オフィシャルウェブサイト:ok-massa.com/masaharu
        
 



8月9日(木) ライブ 2階開場18:30 開演19:00 1000円
  「ドルヲタ漫談独演会〜夢のギターセッション付」

   鈴木陽一レモン
   花伝亭よっしー
   坂上太一
   海(路地裏CatWalk)

 
アイドルヲタクとしての道を、犀(さい)の角のようにただ独り歩むレモンが、でんぱ組inc.古川未鈴ネタ中心に語り尽くす。
それと全く関係なく凄腕ギタリスト2名のセッションもあります。全感覚おかしくなる夜。(レモン)


8月10日(金) ライブ 19:30〜 1500円
   
詩野(vo,key)(富山から)
   ぶよぶよ市昭和区文悟町[puyo(as)G子(g)新井田文悟(b)丸市(ds)]
    ゲスト: 石渡岬(tp)
  
 
なんや店主puyo率いるバンドのライブ。ぜひ、お越しあれ。対バンには富山の、こんな人。
【詩野】
富山在住ピアノ弾語り
東京での音楽活動を経て、現在は富山石川を中心に全国でライブを行う。2017年ファーストミニアルバム「owl owl」発売。ノデウタウ 名の通り 飾らず力強い言葉でウタうことがモットーだが、飲み過ぎるのがタマに傷。
 


8月11日(土) ライブ 19:30〜 2000円
   ハーディーガーディー(HurdyGurdy)(ユニット)

   不汁無知ル(ふじるむぢる)
   yabyum [S. Shah スティーブン & Chihiro] (Blasting Rod psych-folk duo)(アシッド・フォーク・デュオ)
 
  
HURDYGURDY(ハーディーガーディー) スランキーサイドのベース、トトキがコントラバスに持ち替え、ソングライターのヨースケと創り出すアコースティック・サイケデリック・ワンダーランド。弓弾きなど、コントラバスの持つ可能性を最大限に引き出し、サイケデリックな音世界を構築。オリジナル曲では、絵本、童話などの世界を思わせる詩で幻想的なイメージを創造し、カバー曲では、往年のロックの名曲を日本語意訳して旧曲に新たな空間を再構成する。2014年夏より活動開始。

不汁無知ル サックス・唄/渦ヨーコ、チェロ・ヴァイオリン/高田モリスケによるデュオ。不条理をテーマに掲げ、2007年秋から活動開始。都内を中心にLIVEを行っている。因習や血の因縁を題材に、演劇的要素も盛り込んだ渦の歌唱と、ループマシン・エフェクターを駆使し、物語性を色濃く出した高田の演奏スタイルによって、映像的広がりのある音を創り出している。


月12日(日) ライブ 19:30〜 3000円
  なんやアルト地獄天国vol.2
   林栄一(as)
   立花秀輝(as)
   小埜涼子(as)
   

昨年暮れに行われ圧巻のライブを繰り広げたアルトサックストリオのシリーズ第二弾は、ジャパニーズNO.1アルトサックス林栄一とサックスルインズでヨーロッパでも活躍中の小埜涼子に渋さ知らズの怒涛のフロント立花秀輝のトリオ!さて今年も店主PUYOの乱入もあるのか?!歓喜と絶叫のアルト地獄再び!!(客席王)


8月14日(火)から8月17日(金)まで、夏休みをいただきます。よろしくお願いいたします。


8月18日(土) ライブ 19:30〜 1500円
  学生実験室 [小野浩輝(electronics)+小埜涼子(sax)+大島裕子(ds)]
 
今回学生実験室は一時帰国中の大島祐子を加えオリジナルメンバーでライブやります。 しかもワンマン!昨年リリースしたアルバム「碧山」の演奏メンバーで出たとこ勝負のインプロかまします。


8月19日(日) ライブ 20:00〜 1000円
 「私が、源だ!」
  
平井秀介(as,etc)+Dee(ds) DUO
   +平尾義之 (sax)
 

今回は、各種saxをプレイをする平尾君をゲストに迎えてのライブです。10年余経って、かつてのkukuセッションの垂れ流し感の打破なるか!


8月20日(月) ライブ 19:30〜 2000円
  イサジ式(vo,g)+井山あきのり(ブギウギピアノ)

 
「こころ優しき正直者へ、ねぎらいの歌を。悪意にまみれた嘘つき共へ、怒りの歌を。」
(漂泊のフォーク者)イサジ式がギターと共に歌えば(荒野のブギウギ者)井山あきのりがアコーディオンで迎え撃つ。このコンビネイションに皆の衆は「おお、フォーク菩薩じゃブギウギ観音じゃ、はあ鶴亀鶴亀」と感涙の中叫ぶという。”Rolling Folks Tour”是非ともご観覧願います。敬具。

井山あきのり ピアノ弾き、およびアコーディオン弾き。1964年1月5日生まれ、大阪府岸和田市生まれ、西宮市在住。1998年、元憂歌団のドラムス島田和夫とユニット「Boogie Woogie Piano Night」結成。不定期にて現在もライブを開催。1999年及び2001年、二度の渡米。ニューオリンズをはじめ、ルイジアナ州各地のライブハウスにて演奏を披露し、好評を博す。 現地のFM放送にも生出演し、新聞にも大きく紹介される。 2000年よりソロライブを開始。 ニューオリンズスタイルのファンキーなピアノソロを中心にユニークなMCも絡め、観客を魅了する。 2003年12月、NHK放送の連続テレビ小説「てるてる家族」にアコーディオン弾きの役で出演する。2009年より大阪の落語の寄席「天満天神繁昌亭」にリピート山中氏との音曲漫才ユニット「れ・みぜらぶるず」で色物として不定期にて出演中。2012年公開の映画「しあわせのパン」のアコーディオン編曲、演奏指導を担当する。その他レコーディングメンバーとしてあがた森魚氏、斎藤哲夫氏など、数多くのミュージシャンのCDにクレジットされている。



8月21日(火)は、臨時休業です。よろしくお願いいたします。


8月22日(水) ライブ 19:30〜 1500円
  
Heal Roughly[柳川芳命(sax) Meg MAZAKI(ds)] with 佐藤シゲル(el-b他)
 
柳川芳命とMeg MAZAKIのデュオシリーズ「Heal Roughly〜少シ手荒ニシマスガアナタヲ癒シテ差シ上ゲマス〜」に、変幻自在なビートを繰り出し、ときにアナーキーに暴発するベーシスト佐藤シゲルさんを招いて、逆説的ヒーリングミュージックをお届けします。


8月23日(木) ライブ 19:30〜 2500円
  ORESAMA KINGS[夢野カブ(vo.g)&早川岳晴(vo.b)]
   with 鈴木裕(vln.g)

  
北海道でしか成し得なかったオレサマキングス【夢野カブ&早川岳晴】with 鈴木裕がついに名古屋登場!オレ様のオレ様によるオレ様の為のぶっといロックが夜を破く!!
空いた穴からみんな入って来な!!初夏 サンクトペテルブルクにて(夢野カブ)



8月24日(金) ライブ 20:00〜 2000円
  白根キヨマロ(vo,g)
  幻一郎(vo,太鼓)(福岡) with Kenzo(per)
  樋口智美(vo,g)

   

昨年、なんやを歓喜の渦に巻き込んだ、あの男がやって来る!
博多が産んだ怪人、太鼓叩き語り幻一郎。
そして新たなる刺客、岐阜の心優しきはみ出し者、ギター弾き語り白根キヨマロ。
迎えるは女の情念、名古屋の樋口智美。
この夜をお見逃しなく!


8月25日(土) ライブ 19:30〜 2000円
  
マサ・タケダ(vo,g)(大阪)
  テッペー(vo,g)
  進藤宏希(vo,g)

  

マサ・タケダ
ジャズやブルース、フォーク、カントリー等アメリカンルーツミュージックを愛好しGibson ES-125を愛用する西宮生まれ大阪在住のシンガーソングライター。
全国年間150本以上のライブを行い、各地で「マサのライブはお酒が進む」と絶賛される。マサ自身が尊敬する吾妻光良、有山じゅんじ、長見順、オレンジカウンティブラザーズ飯田雄一とも共演し、各ファンからも評価を受ける。
【HP】https://ragtimeblues1929.wixsite.com/masatakeda
【Online Store】https://masatakeda.stores.jp/
【Twitter】https://twitter.com/masatakeragtime
【FACEBOOK】https://ja-jp.facebook.com/masatakeragtime/
【YouTubeチャンネル】https://m.youtube.com/channel/UCmx-Xu9hewRoSsBAxU63ZTQ

 
進藤宏希(しんどうこうき)
【プロフィール】宝塚生まれチャゲアス育ち、あるきっかけで中二の夏から狂ったように曲を作り始める。
静かに色んなものに触れては失って、現在は本人曰く「食うためじゃなく生きるために歌っています」
見た目が豆に似てると言われている。
 
テッペー
愛知県を中心に活動するシンガーソングライター。自然と珈琲が大好き。
暮らしの中にある小さな出来事、感情を唄います。
誰かの日常と重なれば幸いです!


8月26日(日) ライブ 2階開場18:30 開演19:00 2500円
  ?『夏の思い出2018』?
   キシモトジュンイチ?(vo,g)
???チケット予約はこちら???♂??
?https://ssl.form-mailer.jp/fms/1f5e2b00382118

 
 
〇キシモトジュンイチ(沸き出せ!温泉ズ)
音楽活動と言えば、バンドだった。それも全てボーカルとして、それ以外のパートやってみたいと思ったことは思い返しても一度もないかもしれない
歌うことが大好きで、音楽表現と言えば歌うこと
ソロ活動を始めるきっかけは、『自分の歌を歌うこと』
そのためにギターを手にした
とてもシンプルな形で、気持ちで音楽を届けたいと思っています
ソロと並行して、沸き出せ!温泉ズとしても活動を展開中。キシモトジュンイチ
http://artist.aremond.net/kj/


8月28日(火) ライブ 19:30〜 投げ銭
  かんた+Hidapass
 

かんた 1964年大阪産まれ ラジオで河島英五を聴き「ギターを弾いて唄う人になりたい!」とギターを手に入れる。 18歳、名古屋に住み着き人前で唄いだし、フォークやブルーズに感化され“夜と酒とオネーチャン”のオリジナルを唄い今に至る。

hidapass (bass) ソフトでポップなスタイルが得意のベースプレイヤー。ジャズ、ロックンロール、ヒップホップ等でのバンドで練り上げてきた感性を今日のセッションに吹き込みます。


8月29日(水) ライブ 18:30〜 参加費 300円 観覧 無料
  なんやオープンマイク!(当日、参加者を受け付けます)
弾き語りでも、バンドでもOK。ジャンルは問いません。
持ち時間はセッティング時間を含めて20分。ギターアンプ、ベースアンプ各1台、PA、マイクはあります。それ以外は持ち込みをお願いします。ドラムセットは使えません。パーカッション可。22:00まで。詳しいことは、店までお問い合わせください。8回目の開催。


月31日(金) ライブ 19:30〜 1000円
   坂田トリオ [puyo(as) 新井田文悟(b) 坂田こうじ(ds)]

 

「よくわからないが面白い」……そう形容したくなるpuyo(as)新井田文悟(bass)坂田こうじ(drums)からなる"sakata trio"。ここ「なんや」にて数年、隔月で即興演奏を重ね変化し続けています。今回は「トリオの面白さ・可能性」をテーマにゲストを招かず全編全員、趣きを変えて向き合います。真正面からの色彩と会話、是非体感してみてください。(坂田)


9月1日(土) ライブ 19:30〜 1500円
  劇入浴
  宮川政斗(g,st-g)
  川合蝉丸(vo,ギタレレ)
  
 
劇入浴 
前田志門Dr宮原照和Gtによるインストルメンタルデュオ。2000年頃結成。2年程で活動停止。2005年頃から活動再開。熊本福岡で活動。doit science主催Artblakeyやthread yarn主催のイベントなどに出演。1,2年で宮原の体調不良により活動停止。2017年から名古屋の地にて活動再開を目論みスタジオ入り。
音楽性は独特の間とコード、余韻や空間を意識したドラム、アンプ直のノンエフェクトなギターが特徴であったが、最近のルーパーなどの機材導入により変化しつつある。
宮川政斗 1980年、奈良県出身。愛知県在住。
2007年よりハワイ音楽を演奏し始め、バンド活動の傍ら、2018年からはソロ活動を始める。
現在はギター、ラップ・スティール・ギターなどを用いてハワイ音楽の多様性を表現するライブを行っている。
川合蝉丸
 西暦2000年前後薩摩琵琶で人前に立つも琵琶が壊れ音楽活動中断。小さな会社を経営したが、昨年倒産に至り表現活動を再開。琵琶をギタレレに持ち替え「花子とアン」の蓮様(柳原白蓮)を題材に新作唄語り「白蓮飛翔」をなんやのオープンマイクにて表演。また中島みゆきのカバー曲、中国語歌謡を女装で歌う。わっぱチンドンの楽士としても活躍中。


9月3日(月) ライブ 19:30〜 1500円
   puyo(as)
  谷向柚美(voice)
  木全摩子(ds)

   
 
完全即興演奏でも、とてもユニークな切り口を見せる谷向と、発散型明朗純粋ドラマー木全を迎えてのライブ。展開が目まぐるしそうで、これぞ、ライブの醍醐味という感覚を味わっていただきましょう。
 


月5日(水) ライブ 19:30〜 1800円
    ハナクソ(vo,g) from高知
    チャーリー(vo,g)
    小川ベム(vo,g)

強烈な個性の塊を、ガンとまっすぐにたたき出してくる3人のライブだ。絞り出す声と大量の汗のハナクソ、大声でよどみのないチャーリー、やるしかないベム、それぞれがどんなになっていくか、おもしろいぞ。ぜひ、見て欲しいライブ。
 
  
ハナクソ君、まっすぐストレートすぎる人で、こちらの心が揺さぶられる。独特の動き、独特の声、すごい汗。ぜひ、見に来て頂きたい。
チャーリー 「ジャンルにとらわれずパンク、ブルース、レゲエ…何でも取り入れて歌ってます。 独特な世界観を是非(笑)」 アコギ一本で歌ってます。


9月6日(木)、臨時休業いたします。どうぞよろしくお願いいたします。


9月7日(金) ライブ 19:00〜 2000円
  高橋よしあき(vo,g)
  Upepo Upopo
  稲造(vo,g)
  甲斐ヒロシ(vo,g)

 
高橋よしあき■PROFILE
1963年川崎生まれ。 1978年、頭脳警察、佐渡山豊、ジャックス等に触発され、歌い始める。
1984年「テーゼ」としての音楽活動スタート。街頭でのソロ「ワンマン・テーゼ・オン・ザ・ストリート」、ユニット、バンドと多様な形態で活動を続ける。
1987年〜1989年初頭は路上を主戦場に戦う。1989年夏〜 1992年、ライブハウス企画「インペリアルシアター」を軸に活動。音源付き機関誌、カセット、CD等発表。1993年に活動停止。
2000年、ソロで活動再開。2002〜2007年、弾き語りをメインとした自主企画「屋内路上叫唄」の他、「独唱パンク」や渋谷アピアでも活動。 ソロCD2枚発表。
2008年頃より活動の主軸をアスリートのフィールドに移し、幾多のウルトラマラソン、トライアスロンに参戦制覇。2015年よりライブ活動再開。
these429@yahoo.co.jp
Facebook&Twitter ID: tacoashi

 
UpepoUpopo
唄うたいふたりのアコースティックユニット。くまもと・阿蘇を拠点にライブ活動中。
Upepo[うぺぽ]スワヒリ語で「風」
Upopo[うぽぽ]アイヌ語で「うた」
 
稲造 「ハードフォーク、男唄」を追求しながら唄わせて頂いています。
 
甲斐ヒロシ 精力的に活動する、真剣勝負な演奏家。



月9日(日) ライブ 19:00〜 1000円
  カジノズ [リメ(vo,g)+森 智秀(g)]
 
その名は「カジノズ」長年の音楽活動の中で道楽を共にしてきたリメ(theバーナム)、森智秀(蟻地獄天国、ひだしん)のデュオユニットである。ユニット名はCasinoというギターをこよなく愛する二人がたまたま同時期に所有したということから意気投合にて命名。一緒に活動した’JAH-WE’の楽曲を中心に、ソロとしても活動するリメの歌と屈指のスーパーソウルギタリストモリちゃんが織りなす羽交い締めの演奏は、音楽の常習性、ロックの持つギャンブル性を想起させ、忘れていた緊迫の’カジノ’の舞台へと連れ出してくれることだろう。  必見です。


月12日(水) ライブ 19:30〜 1500円
  ガイユニット(ハードコアバージョン)[ガイ(g)+ワカオ(b)+ナイトウ(ds)]+石渡岬(tp)+坂巻めぐみ(vo) 90年代初頭、ハックフィン、岐阜のマガジンでやってた頃のガイユニットです。
  Aki Beer&Thousand New Wives


往年のガイユニット復活。あの時代の雰囲気がよみがえる。ガイさんのギターは、素晴らしすぎて涙が出るわ。岬さん、めぐみさんも加わって、より強力に。



9月15日(土) ライブ 19:30〜 2000円
  ナベジ&TERRY SLIPPIN'and SLIDIN'
   ナベジ(vo,g)(スランキーサイド)
   TERRY(vo,g)(TERRY BAND、OOT)

  
精力的にライブ活動を続け人気があがってきたナベジと、長野県のライブシーンを格段に盛り上げているテリーとのツーマンライブ。実力と気持ちがあってこその大躍進。旬の人達を見るのは、心地よいし、嬉しい。


9月16日(日)、臨時休業いたします。どうぞよろしくお願いいたします。
---------------------------------------------------------------------------
店主puyo、今池祭り、出ます。
9月16日(日)十六広場 午後7時より
Le Ryoko manquish et Chemale with マーズ古田(映像)
  マーズ古田(映像)
  谷向柚美(vo)
  ガイ(g)
  東内原 章人(b)
  佐藤茂(b)
  puyo(sax)
  平尾義之
  野道 幸次(sax)
  小林晃(sax)
  聖澤聡(sax)
  やちり(sax)
  木全摩子(per)
  浅田亮太(per)
  中西 健雄(per)
  井上薫(dance)
  小埜涼子(sax)
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


9月17日(月・祝) ライブ 19:30〜 2000円
   李 知承
[イ チスン](vo,g)+芳賀まさひろ(g)+すだっち(ダンボールドラム)

     
李 知承
在日韓国人三世、日本で一番在日が生活する街生野区で生まれ育ち、その生活の中から生まれた唄を弾き語ります。1962年生まれ。
 
心動かされる歌を歌うイーチスン、強力に歌いきる。迷っても歌いきる覚悟ができている。だからおもしろい。しっかりと聞かせてくれるよ。芳賀さんのサポートが美しいし、すだっちの段ボールドラムは、段ボールだから段ボールだけど、切なくおもしろい。


9月18日(火) ライブ 19:30〜 2000円(急遽決定いたしました。ライブスケジュール(印刷物)には載っていません)
   ふぁっく(ユダ/HONEY MAKER)
   げっつ(高木まひこ/高木まひことシェキナベイベーズ)

  
2人のソウルユニットTHe FUCK GETS 愛の段々畑を耕しに、 自家用ジェット機で世界中を飛び回る。 ポップでハードでソウルフル さあ、狂ったパーティをしよう。 なんやの座敷で いいことしようyo!



9月19日(水) ライブ 19:30〜 1500円
  
タさき [タさきフみえ (vo.g) 中里祥己(b)fromまりも HOBOけいすけ(bluesharp)]
  樋口智美(vo.g)&鵜飼恭子(accordion)
  
名古屋に来て10年目の秋。まさか自分のバンドができるなんて思いもしなかった。その名もタさき。私の名字がタさきだから。。結成1年未満。「タさき」は毎回嬉しい音が生まれます。
お相手に、女の情念を唄う樋口智美さん&鵜飼恭子さん(accordion)にお願いしました。
なんやさんの美味しいごはんを囲みつつ、地獄から、宇宙までどうぞ!(タ)


9月20日(木) ライブ 19:30〜 2500円
  華村灰太郎カルテット  [灰太郎:うたギター  今福知己:ベース  つの犬:ドラムス  高岡大佑:チューバ]
 
なにが欲しいって?
自由!
たとえ幻であったとしてもね。
心にどうしたって湧き上がってしまう、あの感覚!
これだけは、手放せないっ!

歌ってる瞬間瞬間はギリギリなんだ。崖っぷち。
俺ひとりに演れることなんて限られてる。

ところが、一緒にいる三人!
つの犬!今福!高岡!
アイデアの宝庫!宝箱!

そんなリズムと音色が聴こえてきたら、そこはもはや崖っぷちじゃなくて滑走路なのさ!
助走もなしに、飛べばいいんだ。

心よりお待ちしております!
(華村灰太郎より)


9月21日(金) ライブ 18:30〜 参加費300円 観覧 無料
 
なんやオープンマイク!(当日、参加者を受け付けます)
弾き語りでも、バンドでもOK。ジャンルは問いません。
持ち時間はセッティング時間を含めて20分。ギターアンプ、ベースアンプ各1台、PA、マイクはあります。それ以外は持ち込みをお願いします。ドラムセットは使えません。パーカッション可。22:00まで。詳しいことは、店までお問い合わせください。9回目の開催。


9月22日(土) レコードコンサート 18:00〜翌2:00 無料
  恒例 FM HOUR
   ビザール世界へようこそ♪

     選曲 : トキオ , Mr.F

 



9月23日(日)、臨時休業いたします。どうぞよろしくお願いいたします。


9月25日(火) ライブ 19:30〜 予約2500円 当日2800円(9月6日(木)から変更になりました。)
   
Trio Oddball
    渡辺隆雄(tp)
    臼井康浩(g)
    ハセタク(per)

 
空駆けるメロディー大地を揺さぶるリズム〜ブラジルとロックが 激しく交わる場所 ブラジルのリズムを取り入れつつ、独特の編成でロックする熱く激しいインストトリオ。“ハセタク君の強力な、超強力なリズム!それに乗っかって、渡辺隆雄さんの歯切れのいい高らかなトランペットが朗々と!臼井さんの個性豊かなギターがおもしろさを増す!”


9月26日(水) ライブ 19:30〜 2500円
   YOSSEY(vo,g)
   かんた(vo,g)

   
自分の音楽を貫き通す意思堅固な人。ピリピリした緊張感を持った演奏を繰り広げる。一人では演奏不可能な曲をループを使って見事にやってのける。完璧に近づこうとする。足の動きが激しいよ。

かんた 1964年大阪産まれ ラジオで河島英五を聴き「ギターを弾いて唄う人になりたい!」とギターを手に入れる。 18歳、名古屋に住み着き人前で唄いだし、フォークやブルーズに感化され“夜と酒とオネーチャン”のオリジナルを唄い今に至る。


9月28日(金) ライブ 19:30〜 2000円
  武藤祐志(g)+木全摩子(ds) DUO
   
インプロ・ハードフュージョンギタリスト武藤祐志のPOWER DUO企画。
インプロ・フリーフォームで大活躍中のドラマー木全摩子さんと、2人の共通項であるスラッシュ・グラインドコアを起点に、ハードでウォームな癒し系ブルータルコア全力疾走duo!(武藤)


9月29日(土) ライブ 18:30〜 前売3000円 当日3500円 注:定員25名
   
青春エンターテイメント「転がせ青春!第11話」 御器所なんや武道館
     【出演】最鋭輝/犬神ジン /さじー/中嶋雅雪
    予約→薔薇屋敷レコードmotoki4510@gmail.com (8/1より受付)

   
毎回、とてもおもしろくなる愉快なライブ。今回は? 演奏力も、実は抜群



月30日(日) ライブ 19:30〜 1500円
このライブは、台風24号の影響により、中止となりました。なお、なんやは、ライブはありませんが、通常どおり営業いたします。

  イトウチハル(vo,per) +LUKA(key)

 
さまざまな経歴を経て、パーカッションのたたき語り(puyo氏命名)で、ソロ活動5年を数える、桑名市在住・女性シンガーソングライター・イトウチハル。
なんやでのソロライヴは3度目。今年は秋ヴァージョンにて、心あたたまるオリジナル曲から、バラエティに富んだカバーソングまでお届けします。


10月5日(金) ライブ 19:30〜 1000円
   坂田トリオ [puyo(as) 新井田文悟(b) 坂田こうじ(ds)]

    ゲスト : 立山こずえ(vln)
 
 
「よくわからないが面白い」……そう形容したくなるPUYO(sax)新井田文悟(bass)坂田こうじ(drums)からなる"sakata trio"。ここ「なんや」にて数年、隔月で即興演奏を重ね変化し続けています。今回はゲストに立山こずえ(violin)さんを招き、秋の夜長に彩りを添えてみようかと思います。真夏の夜の夢、その先にある気まぐれ達の「音」。是非ご賞味あれ!(坂田)


10月6日(土)、7日(日)、臨時休業いたします。どうぞよろしくお願いいたします。


10月8日(月・祝) ライブ 19:30〜 2000円
  柳川芳命(as)
  おちょこ(voice)
 
国内各地のライブハウスを車中泊で行脚するたくましいおちょこさんが、ボイス/エレクトロニクスの即興でなんやに出演します。かつては「(自称)サックスを吹くボイスパフォーマー」と言っていた柳川芳命とのデュオです。体育の日にふさわしい心身ともに健全な音楽をお届けします。(やな)


10月9日(火) ライブ 19:30〜 3000円
  
夢Duo 結成30周年&CD「蝉時雨/Chorus of cicadas」発売記念ツアー
  
 宅 Shoomy 朱美(voice)

   加藤崇之(g)
   
夢Duo、このユニットは今から30年を遡る1988年に、宅Shoomy朱美(ピアノ/歌)と加藤崇之(ギター)の二人によって創り出された。長い年月を共に過ごしてきた二人だからこそ、作り出すことのできる空気を纏って、スタンダードからブラジル音楽まで、バラードを中心に音と声を紡いでいく演奏。近年は、日本語のオリジナル曲や、時にはリーディング系のフリーな演奏も聴くことができるなど、今だ二人の進路はその寄る辺を増やし続けている。
その演奏のすべてに内包されるのは、他に類を見ない静寂感。演奏の場を共有するリスナーは、まるで時が止まってしまったかのような、幻視に囚われる。
この夏、夢Duoは、埼玉県越生の静かな山の中にあるギャラリィ&カフェ山猫軒での演奏を一枚のCDにしてリリースする。そしてそのCD「蝉時雨/Chorus of cicadas」の発売と、そして彼らの結成30周年を記念して、ツアーを行う。
日本各地のそこここに二人の音と歌が静かに立ち現れる…。
加藤崇之 (guitar)
東京出身。高校生まではサッカー部だったが、兄が聴いていたジャズに興味を持ちギターを始める。高校時代に潮先郁男(G)さんに何度かジャズギターを習う。
成蹊大学ジャズ研に属し、在学中19才でプロ入り。米軍キャンプでのディスコバンド・ブラジル人とのサンババンドの経験など幅広い活動、多くのミュージシャンと共演し多くのレコーディングに参加。
28才頃より自己のリーダーとしての活動を開始。フリーな演奏への挑戦から音楽の世界を広げていく。
現在は、ガット及びエレキギターのソロの他、個性派でフリースタイルのボーカルとの活動、ベテランから若手まであらゆるミュージシャンとのフリージャズやインプロの交流など積極的にライブ活動を行っている。
宅 Shoomy 朱美 (vocal.piano)
東京出身。子供時代は福岡で観世流能師範だった祖母の元で音楽環境なく育つ。
中学2年から、詩人・ジャズピアニストの母と作曲家・ピアニストの養父の音楽的放任主義の元で自然にピアノやオルガンを弾き始める。
高校1年の時にホテルのレストランでエレクトーンやピアノのBGM演奏を始めプロ入り。その後、ホテルのラウンジやジャズバーでピアノ弾き語りを始める。
NYに半年滞在し帰国後にLIVE活動始める。
オリジナルからジャズ・ブラジル音楽・ソウル・ロック? ノンジャンルで好きな曲を自由なスタイルで演奏。空間と響きと自然なリズム感を追求している。
現在は、夢Duo、自己リーダーのトリオやカルテット、ベースやピアノと歌だけのデュオの他、インプロネコ集会を主宰し様々なミュージシャンと交流し共演している。



10月12日(金) ライブ 19:30〜 2000円

   ハーディーガーディー(HurdyGurdy)(ユニット)

   瞬間の轍
 
 
HURDYGURDY(ハーディーガーディー) プロフィール
?"HURDY"&"GURDY"ダブルリリースツアー2018?
2014年春から活動を開始したHURDYGURDYが、これまでの集大成として本年10月、アルバム2タイトルを同時リリースします。幻想的な世界を展開するオリジナル曲集「HURDY」と、創生期のロックに新たな息吹を吹き込んだリスペクト曲集「GURDY」。発売にともないツアーとワンマンも決定しました!
レコ発ツアーとなる名古屋では、HURDYGURDY常連「なんや」にて、東京でも共演のある盟友「瞬間の轍」とのジョイントライブとなります!!

瞬間の轍 1994年 高橋昇士(vo.g.)平井哉房(g.vo.)で結成されたアコースティックユニット 名古屋 東京を中心にコンスタントに時にはサポートメンバーを加えて様々なスタイルで活動 現在までに2枚のアルバムを発表している。
 


10月13日(土) ライブ 19:30〜 2000円
  マサ・タケダ(vo,g)(大阪)
  Nの集落(ンダ)(vo,g)(和歌山)
  久保田和之(大阪)

三者三様の面白い夜がここに。
久保田和之、Nの集落ともに、強力な個性と歌とギターで、常にモチベーションをあげられます。
久保田さんは弾き語り始めた頃、こんだけギター弾けないと弾き語りって音楽にならんのやなーと思わされました。唯一無二のギタープレイと超日常歌詞が素晴らしいです。
Nの集落ンダは、一緒にいすぎて出会った頃の事とかようわからんくなってますが、たまに間があいてライブ見るとハッとさせられます。とてもかっこいい。
マサもエンターテイメント全開でジャンプ&ジャイブします。最近、ますますええ人としかライブしたくない感が強まってますし、やりたい事しかやりたくない感が強まってます。(マサ)

  

マサ・タケダ
ジャズやブルース、フォーク、カントリー等アメリカンルーツミュージックを愛好しGibson ES-125を愛用する西宮生まれ大阪在住のシンガーソングライター。
全国年間150本以上のライブを行い、各地で「マサのライブはお酒が進む」と絶賛される。マサ自身が尊敬する吾妻光良、有山じゅんじ、長見順、オレンジカウンティブラザーズ飯田雄一とも共演し、各ファンからも評価を受ける。
【HP】https://ragtimeblues1929.wixsite.com/masatakeda
【Online Store】https://masatakeda.stores.jp/
【Twitter】https://twitter.com/masatakeragtime
【FACEBOOK】https://ja-jp.facebook.com/masatakeragtime/
【YouTubeチャンネル】https://m.youtube.com/channel/UCmx-Xu9hewRoSsBAxU63ZTQ

 
Nの集落
ギターひとつ持って町から町へ、日本中をふらふらしています、Nの集落です。日本のフォークソングやパンクロックに慣れ親しんだ思春期から、地元でちょっとした人気になるR&Rバンドのフロントマンとして青年期を駆け抜け、2017年より弾き語りのツアーミュージシャンとして年間250本以上のライブをやりながら暮らしています。音楽は日本語を大事にしたシンプルなものをやってるつもりですが、これが何なのかもうよく分かんないです(笑)2017年10月以来、5ヶ月ぶりのなんやでのライブを楽しみにしています。(Nの集落)

久保田和之 プロフィール
2001年にneonsignを結成後、2007年に脱退。その後、弾き語りを開始。
2010年12月に1st mini album『風吹く街』をAngel Cat Recordsよりリリース。全国各地でツアーを行う。
日常の何気ない出来事や風景を切り取り歌に。
現在、関西を中心に不定期ライブ活動中。
 
久保田和之
2001年にneonsignを結成後、2007年に脱退。その後、弾き語りを開始。
2010年12月に1st mini album『風吹く街』をAngel Cat Recordsよりリリース。全国各地でツアーを行う。
日常の何気ない出来事や風景を切り取り歌に。
現在、関西を中心に不定期ライブ活動中。


10月14日(日) ライブ 2階開場18:30 開演19:30 2000円
  さがゆき(voice)
  白木佐也加(voice)
  小埜涼子(fl)

   

「声」を自由に操り、ジャンルを超越してプリミティブな世界を創造し続ける音楽家さがゆきと、自分の歌を全身で歌い続けるボーカリスト白木佐也加、声のようにサックスも演奏しちゃう小埜涼子、濃すぎる3人のインプロヴァイザーが共演します。ぜひともお越しください!

音楽をやっている人は、どんな音を出そうと考え、何のために音楽をやっているかを考え、生きる意味を考える。幸せなことだと思う。この三人は、音楽の引き出しが豊富で展開力が群を抜いている。エッジのたったきわどい演奏をあなたへ届けたい。(puyo)


10月19日(金) ライブ 18:30〜 参加費300円 観覧 無料
 
なんやオープンマイク!(当日、参加者を受け付けます)
弾き語りでも、バンドでもOK。ジャンルは問いません。
持ち時間はセッティング時間を含めて20分。ギターアンプ、ベースアンプ各1台、PA、マイクはあります。それ以外は持ち込みをお願いします。ドラムセットは使えません。パーカッション可。22:00まで。詳しいことは、店までお問い合わせください。10回目の開催。


10月20日(土) ライブ 19:30〜 2300円

  川下直広(ts) ソロ
 
「渋さ知らズ」や90年代に最強のパンクジャズトリオと謳われた伝説のバンド「フェダイン」、現在は自己のカルテットを率いて活躍中のテナー奏者川下直広名古屋初ソロライブ!
過剰なまでのビブラートとあふれ出る歌心にノックアウトされて下さい!(客席王)


10月21日(日) ライブ 開場17:00 開演18:00 2000円
 【 HOME LAND TOUR 2018 番外編】
   YU-Ki (HIKOUKI)
   渡久地翔伍(FIRE ARROW)
   andmore...※1組予定

 


10月22日(月) ライブ 19:30〜 2000円
  福島久雄(g) ソロ
 
なんや"を初めて訪ねさせて戴いたのは、6年ほど前の事でした。
山田晃士、田ノ岡三郎とのトリオでお邪魔させて戴きました。出会いはそれ以前で、山田晃士&流浪の朝謡tokuzo(名古屋)で店主のプヨさん(西川さん)達のバンドと対バンさせて戴いた事が始まりだったと思います。
"なんや"は、プヨさんの笑顔と手作りの美味しい料理が楽しめる親しみ易い居心地の良い空間でお店のスタッフの方々にもミュージシャンの方も多く、素晴らしいミュージシャンの方々が定期的にライブ行なっている稀に見るお店だなという印象でした。今回、こんな素晴らしい空間でソロライブをさせて戴けるなんて喜びでいっぱいです。
ジャズや民族音楽などをモチーフにした様々なオリジナル曲を中心に、ギター一本で奏でる世界に向き合ってみたいと思っております。楽しんで戴けたら幸いです。名古屋近辺の方どうぞお誘い合せの上、遊びにいらして下さい。(福島)

福島久雄 ギター プロフィール
https://gypsyswghomepage.jimdo.com/
'88年、東京ホットクラブバンドに参加。 フランス・ツアーでジャンゴ・ラインハルト・フェスティヴァルに参加する。 '99年、サラエボで開かれたJazz fest Sarajevo'99に出演。 '01年、オスロで開かれた" Django Reinhardt festivalに出演。 '07年、Gypsy Jazz Festival New Caledoniaに出演。 Gypsy swing projectでアルバム「De quel pays etes vous?」 (Capivara)、 自己のカルテットでアルバム「European dark sky」(Ohrai Records)を発表。 現在は、松本健一(sax)との漂流(さすらい)duoライブ、山田晃士&流浪の朝謡等で活動中。 ノスタルジックなジプシー・スィング・ジャズからモダン・ジャズ、フリー、アーヴァンギャルド、民族音楽、 等の境界を超えたインプロヴァイズド・ミュージックを目指す。


10月23日(火)、臨時休業いたします。どうぞよろしくお願いいたします。


10月25日(木) ライブ 19:30〜 1000円
  新井田文悟(b)
  筒井響子 (ele./daxophone/vo.)(NARCO)

  
異色のデュオ。
かたや、ばりばりのエレクトロニクス。
こなた、アンプ直のフレットレスベース。
この2人が紡ぎ出す音たちは、侘びて寂びてモノクロームな世界か?それともカラフルなポップワールドか?
何れにせよ、ゆったり揺蕩う音たちに会いに、暑さに疲れた心身を癒しに来ては如何だろうか?(新井田)


10月26日(金) ライブ 19:30〜 2000円
  日本天狗党[赤木飛夫(as)+鈴木放屁(ts)+赤木憲一(ds)]
  Heal Roughly [柳川芳命(as)+Meg(ds)]
21時ごろから 日本天狗党赤木飛夫(as) 柳川芳命(as) puyo(as) の ぷちアルトサミットがあります。
   

Roaring Three since the 1970s! 何十年も不動のメンバーで活動を続ける日本天狗党が、この秋にまた、なんやにやって来ます。至近距離で彼らの激烈なブロウ、パルスを浴びてみませんか? 柳川・Megデュオも「荒療治」にて加担します。(めぐ)
 


10月27日(土) ライブ 19:30〜 1500円
  puyo(as)
  石渡岬(tp)
  酒井美絵子(ds)
   
むふふ。うん、うん、ぎゃおはは、ぎゃおはは、ど、どん、どか〜ん。どう? こちょこちょ、あっ、
 


10月28日(日) ライブ 19:30〜 2300円
 
 「佐藤幸雄 と てあしくちびる」
   佐藤幸雄(vo,g)
   てあしくちびる [kawauchi banri(vo,ag) くっちー(vo.vln)]
佐藤さんの、なんやに面白いミュージシャンを連れてゆくシリーズ。今回は、「てあしくちびる」。アコースティックギターとバイオリンの歌う二人組です。編成の説明をしてもきっとこの音は聴こえてこない。そういう二人組です。佐藤幸雄さんのソロと共にお送りいたします。
  
<てあしくちびる>
kawauchi banri (Vo.Ag)
くっちー(Vo.Vln)
2010年結成。
2人きりの人間とアコースティックギターとバイオリン。
ときにシンフォニックに、ときにノイジーに、ときにエンプティに。日常にひそむあらゆる点と線と、点にも線にもならないものを、言葉と音とリズムにかえて、あまりひと気のなさそうなあなから通して表現する。
2014年5月 1st Album『Punch!Kick!Kiss!』リリース
2014年11月 浦崎力監督 てあしくちびるMV『ペリ』が新千歳国際アニメーション映画祭2014 国内パノラマプログラムにて上映
2016年2月 雑誌 マガジンハウス「relax」にインタビュー掲載
2016年6月 2st Album『coreless』リリース
2016年12月 “2020年への道”京都・北山温故知新プロジェクト「光の庭」参加作品「水辺のみずのき動物園」(映像:浦崎力)にて音楽を担当



10月30日(火) ライブ 19:30〜 2300円
   鈴木常吉(vo,acc,g)
   

お忍びでライブを見に来ていた忌野清志郎を唸らせた常さん。深夜食堂のテーマ「思ひで」で多くのファンを獲得しました。最近は、映画でオダギリジョー、蒼井優等と共演し、役者としても強い存在感を放っています。死生観を通して見る何気ない日常の儚さ、素晴らしさを歌い上げる市井のブルースは、あなたの琴線に触れることをお約束します。(坂井)



11月2日(金) ライブ 19:30〜 2500円
  武藤祐志(g)
  加藤雅史(b)
  木全摩子(ds)

 
先日の、武藤+木全DUOでは、独特の味のある武藤くんの曲を”癒し系グラインドコア”で。穏やかなバラード調から、ここぞではツーペダルから繰り出されるドドドドドドドドドが、迫力!ここに名古屋No.1ジャズベーシスト加藤雅史さんが加わる。展開が予想できないこのライブへぜひ。


11月3日(土) ライブ 18:30〜 前売2500円 当日3000円(満席となりましたので、予約受付終了いたしました。)
  「ホソメ商会 第2回〜ホソメ商会のテーマ発売記念公演〜」 名古屋なんや武道館
   【出演】前田カシ / 最鋭輝

予約受付方法:各アーティストHP等にて
前売予約受付開始日:9/1
 
元グラウンドナッツの前田カシと今世紀、最初で最後のムーディストの最鋭輝(モトキ)が、目が細くたって僕たちハッピーです!をスローガンに弾き語りで繰り広げるハートフルで楽しいライブ!


11月4日(日) ライブ 19:30〜 1500円
  Heal Roughly [柳川芳命(as) Meg MAZAKI(ds)]+puyo(as)

柳川+Megのパーマネントなユニット、Heal Roughlyにpuyoが初参加。音楽は常にオリジナル性を必要とするから、自分にしかできない事をやりたいから、初顔合わせは、新しい刺激をもらえて、たいへん喜ばしいんだ。(puyo)


11月6日(火) ライブ 19:30〜 予約2500円 当日2800円
   
Trio Oddball
    渡辺隆雄(tp)
    臼井康浩(g)
    ハセタク(per)

 
空駆けるメロディー大地を揺さぶるリズム〜ブラジルとロックが 激しく交わる場所 ブラジルのリズムを取り入れつつ、独特の編成でロックする熱く激しいインストトリオ。”

迫力のあるライブを展開する3人。どんどん進化しておるなあ。渡辺さんのバリバリした流麗なトランペットが熱いし、ハセタク君もバリバリ叩いてきもちいいし、なのだが、臼井さんの活躍がだんだんこのバンドの味を深くしている。いい方向に向かっているな。


11月7日(水) ライブ 19:30〜 2500円
  波多江崇行(g) 福岡
から
  武藤祐志(g)
  臼井康浩(g)

  酒井美絵子(ds)
 
福岡からとんでもないギタリスト波多江崇行さんがやって来ます。一言で表すと「フリージャズが大好きでたまらない 」放出される熱量が半端なく魅力溢れる演奏家です。そこへ名古屋のとんでもないギタリスト臼井康浩さんと武藤祐志さん、其々違ったタイプの3人のギタリストがなんやへ揃います。こんなライブが体験出来るのは二度とないかもしれない、貴重な一夜限りのトリプルギターをお楽しみください!!(酒井)


11月8日(木)、臨時休業いたします。どうぞよろしくお願いいたします。


11月9日(金) ライブ 2階開場18:30 開演19:30 2500円
  平井正也with森孝允
  0点
 ご予約は、メール s.asai.kikaku@gmail.comまでお願いします。
 
【平井正也】
1977年 新潟県出身 大分県別府市在住。
マーガレットズロースの歌とギターを担当。
常に音楽界の流行から2、30年の遅れをとりながら初期衝動を貫き通す稀有な存在。
心臓にギターをつなぎ、毛穴でうたう。
やや不良性に欠けるたのしくて美しいロックンロール。
大分で出会った純粋ベーシスト、森孝允とのデュオでは西日本中心に精力的に活動していたが、今回名古屋初上陸
 
【0点】
0点の歌は簡単だ。コードもリズムも簡単だ。イントロは大体同じだ。
遅れて来た初期衝動Vo.イノウエリョウ(CMC)と、Gt. Cho.長谷川雄一(Jaaja・PLUTATA)による弱酸性フォークデュオ。
 


11月10日(土) ライブ 2階開場19:00 開演19:30 1500円
 
『奇女と野獣と眼我 -秋ノ夜長 秋ノ夜宴-』当初、出演予定のリンあいが急病により欠演に。リンあいに代わり急遽、現役保育士シンガーソングライター、きゃんべる☆が出演。ピュアな心の持ち主のきゃんべる☆きゃんべる☆に御期待下さい♪
 
 ・ISAMU(詩の朗読/詩的表現)
  ・リンあい(v,g)
  ・ゲスト:樋口智美(v,g)
  ・眼我 真(v,g)
よく目や耳にする「個性豊か」
その個性豊かな個性を超越したアク、クセの強い奇女、野獣、そして極め付けの眼我が集う。
今回はゲストに樋口智美をお迎えして秋ノ夜長に繰り広げられる秋ノ夜宴。(ISAMU)
    
ISAMU : 詩的表現活動 デビュー17周年、18年目に突入の一編入魂型朗読詩人/詩的表現者。
リンあい : おセンチな世間知らず。
ゲスト 樋口智美 : 夜な夜な爪を研ぐ昭和女の情念。
眼我 真 : 初見、初聴、初体感の者は腰を抜かし唖然呆然、日進市から日本に誇る音楽界の人間国宝。


11月11日(日) ライブ 2階開場18:30 開演19:30 予約3000円 当日3500円
   花田裕之(vo,g)(ex.THE ROOSTERS、THE ROOSTERZ)
  
立っているだけで絵になる男。花田裕之のやることは全部カッコイイ。ルースターズは、SからZになって更にカッコ良くなった。溢れ出す熟成された危険なフェロモンに感電必至。なんやの至近距離で痺れろ。(坂井)


11月13日(火) ライブ 2階開場19:00 開演19:30 2000円 要予約、定員になり次第締め切り
  竹田賢一 + のいず Live in 名古屋

   
竹田賢一 / のいず / 鈴木大治(Ayame)
       予約&イベント問い合わせ:080-1589-1346
誰も想像しなかった「はじまり」。
いまや老賢者の風格を備えた竹田賢一と、無頼者たちの血を継ぐのいずがついに出会う。

 
[竹田賢一 profile]
ミュージシャン・思想家
1948年東京に生まれる。1975年間章の勧めにより『ジャズ批評』、『ジャズ』で音楽批評を開始。坂本龍一と「学習団」結成。1976年 ジャズ/ロック/現代音楽、エレクトリック/アコースティック等のカテゴリーを越境した即興演奏集団「ヴァイブレーション・ソサエティー」を 三浦崇史と結成。1979年「ヴェッダ・ミュージック・ワークショップ」を発足。大正琴即興独弾を始める。『同時代音楽』編集委員。1981 年反ポップ・バンド「A‐Musik」を結成。ダンス、演劇との協働作業も多数。
[のいず profile]
カワイイ系のビジュアルなのにヘヴィーで攻撃的な音をきかせるガールズトリオ。生まれ育った地元で知り合い、音楽をはじめ、少女時代の夢や不安や喜びや哀しみや、家族や共同体や義侠や、そしてなによりもロックの暴力性を失わずにいる希有なバンド。現在、無期限活動停止中の「のいず」を体験できる貴重な機会です、是非お見逃しなく!
企画制作:Yuko Akubi × Yuko Mase


11月14日(水) ライブ 19:30〜 2000円
  オグラ(,インチキ手廻しオルガン)
  小川ベム(vo,g)
「音楽とは回転である。」とオグラさんは歌います。力強い声に気持ちがグルグル回り出す。インチキ手回しオルガンから奏でられる音楽は、喜びや悲しみが練り込まれたカラフルなPOPS。DOORSの隠し味が効いた叙情的な歌詞。お客さんは気持ちよくグルグル回ってバターになっちゃう。時代が巡っても語り継がれる歌がここにあります。(坂井)対バンに、まっすぐに歌い上げるパンク演歌小川ベム。
  
オグラ(インチキ手廻しオルガン)
日本インチキ廻しオルガン界の草分け的存在。1965年生まれ。高校生の頃聴いた友部正人の歌に驚愕。1985年より青ジャージ、800ランプのVoとしてバンド活動。2002年自作の「インチキ手廻しオルガン」を廻しながら歌うスタイルでソロへ転向。「音楽とは回転である」という持論のもと楽しげだが詩的な楽曲を歌う。またチンドンユニット、ジュンマキ堂(exかぼちゃ商会)との相性も好評。唱歌、戦後歌謡などを歌い、老人介護施設にも出演。テレビCM曲、盆踊り、ミュージカル音楽なども手がける。最新アルバム『方位自転車』発売。
●オフィシャルHP『オグラのヒミツ』http://ogurarara.com

?オグラくんの新しいアルバム『方位自転車』によせて(ライナーノーツ抜粋)?友部正人
手廻しオルガンで歌うオグラくんは、市街電車の運転手のようでもある。歌うと前に進む乗り物、オグラくんはそれに乗って自分自身を運転してきた。回るものに引かれ続け、オグラくんはとうとう自分を一めぐりした。それが『方位自転車』の方角と位置だと思う。
動画『廻せ!廻せ!』https://www.youtube.com/watch?v=OUY4JV9F3dI
動画『方位自転車』https://www.youtube.com/watch?v=Ad0bKDdeBM4



11月16日(金) ライブ 19:30〜 投げ銭
  かんた(vo,g)
  DaiLen
(vo,g)
  
かんた 1964年大阪産まれ ラジオで河島英五を聴き「ギターを弾いて唄う人になりたい!」とギターを手に入れる。 18歳、名古屋に住み着き人前で唄いだし、フォークやブルーズに感化され“夜と酒とオネーチャン”のオリジナルを唄い今に至る。
DaiLen
 1981年2月23日生まれ。岐阜県関市出身。
23歳のときにミュージシャンを志し上京。鳴かず飛ばずの13年だったが、昨年シングルを発売。現在は地元に近い名古屋に住み、岐阜・名古屋を拠点に活動。
魂のシンガー。LIVEは一見の価値あり。
1st single「つなぐもの」タワーレコード・HMVオンライン・iTunesにて全国発売中



11月17日(土) ライブ 19:30〜 無料

  草莽妖艶奇音祭
   三浦史洋(vo,g) with puyo(as),G子(vo,g),中西健雄(per)
   Mr.F(一人唄い)
   外山一吉(vo,g)
   ひだしん(vo,g)
   ひとみ(vo,g)
やっとかめ、なんやライブ
今夜は多彩なメンバーで奏でる妖奇艶福笑演
皆様、楽しんでいただければ、幸いで。   かしこ   (三浦)
 


11月18日(日) ライブ 19:30〜 1000円
   ひだしん(vo,g)
    ゲスト : 森智秀(g) 石原(ds) puyo(as)
 
ひだしん、普段のやや逸脱したトゲのある言動、態度からは信じられない裏腹の名曲揃いのオリジナルソングは、心染み渡る人情な歌詞、憂いのある熱血な歌、溶け合うクラッシックロックのサウンド、好きな人にはたまらんかも、、!!好き嫌いわかれる個性派ひだしん、!!どうぞいらっしゃいませ!!(hidaka)


11月21日(水) ライブ 19:30〜 2000円
 
Break it up and Make it
  鈴木純也(vo,g)
  TERRY(vo,g)
 

 


11月23日(金・祝) ライブ 19:30〜 1500円
  puyo(as)
  小野浩輝(electronics,vo)
  近藤久峰(ds,vo)

   
発想、展開力、オリジナリティ、どれをとってもピカイチな、近藤と小野。こんな人とやりたいというpuyoが、企画。申し分ない組み合わせだと思うんだけれど、いかがでしょうか?
 


11月24日(土) ライブ 18:30〜 1500円
  橋本進
  白根キヨマロ
  樋口智美

   
【樋口智美】
70年代の歌謡曲やフォークを彷彿とさせ、女性ならではの心情を激しく、切々と、「女の情念」をテーマに唄い続ける。
【白根キヨマロ】
プロフィールを書くということで誇れる物が何も無いことに気づかされました。これから頑張ります。
【橋本進】
1986年、宮崎うまれ。
ソロ弾き語りやバンドにて全国各地でライブ活動中。
2017年、自身初となる47都道府県ツアーを敢行した。


11月25日(日) ライブ 2階開場18:30 開演19:00 2000円
  女祭り
   女のがんばりはすごいんだ
   ドキドキ ワクワク企画

  愛iii(vo,g)
  浅井理恵子(vo,g)

  附柴亜弥(vo.g) 
 



11月27日(火)、臨時休業いたします。どうぞよろしくお願いいたします。


11月30日(金) ライブ 19:30〜 2000円
  朱音(vo,g)

  かんた(vo,g)
  
朱音
2007年から都内のライブハウス・ライブバーを中心に活動。 あらゆる音楽ジャンルをギター一本で表現し、 歌謡的旋律、耽美的”和言葉"を操る、 変幻自在の独演家。 貴方の心を、斬るも愛すもあたし次第。



12月1日(土) 飲み会 18:00〜 通常通りの営業
  
かんちゃん10年
飲み会
   余興 募集中!何でもOK!やりたい方、連絡ください(メールでも電話でも)。当日でも飛び入りでもOK!
  
10月28日で、なんや創始者、先代社長、かんちゃんがなくなり10年になります。10年も経ちました。10年ですね。10年。いろいろなことがありました。
そこで、なんやでは、12月1日(土)に、飲み会をやろうと思います。集まれる人が集まって、かんちゃんと関係なくみえるけど、実は関係ある話をしたり、本当に関係なかったり、突飛なことをしたり、無意味な有意義なことをしたり、かんちゃんを全然知らない人がきたり、しましょう。基本は、通常通りの営業でいきます。どうぞふるってご参加ください。取りあえずのお知らせでした。


12月2日(日) ライブ 開場17:30 開演18:00 前売3000円 当日3500円
 【龍之介をさがせ!ドントウォーリーツアー2018冬 in 名古屋】
  龍之介(vo,g)

 
龍之介、一年ぶりに登場!
名古屋ではいつも「なんや」ライブ。
今年もギター弾き語りで人生の機微を歌い上げます。
涙と笑いとゆったりトークでお送りするワンマンショー。
みなさま、是非!(龍之介)


12月4日(火)、臨時休業いたします。どうぞよろしくお願いいたします。


12月5日(水) ライブ 19:30〜 予約2700円 当日3200円
  Hums For Midnight Amble Release Tour vol.2
   渡辺隆雄Trumpet
   早川岳晴Contrabass

  O.A : giraffe
 
超一線級のトランペットとウッドベースがいろんな曲を演奏。コード楽器がないという異例な組み合わせなのに、それをおもしろさに変えてしまうところが凄い。ふくよかな音、刺激的な音、小気味のいい音、凄味のある音を聞こう!!!ワクワクドキドキ!


12月7日(金) ライブ 19:30〜 1500円
  新井田文悟(b)
  齋藤直子(as)
  野口義徳UFO(ジャンベ)
    
彼女の音は紅い炎の様だ。
彼の音は気まぐれな風の様だ。
彼のリズムは大地の鼓動の様だ。
東京からのサックス奏者、齋藤直子さんを迎えて、UFO文悟のリズム隊が即興演奏を繰り広げます。


12月8日(土) ライブ 19:30〜 1000円
   Boomers  [Benny(vo,おもちゃ) Jon karabushi(電琴.g,key)  Shu waters(drum'n herp) 東内原章人(b)]
    ゲスト : puyo(as)
  
ブーム、ブーマー、ブーメスト、良い音楽の場所。彼らの世界、体験がフィルター越しに出現。音の錬音術。音の有体反応。変化は垣根を超え、浸透。紡ぎ出された世界は貴方を媒介し、無限の桃源郷へといざなう。是非、この体験を。「今夜、なんやでブームだゼ!」三浦じゅんが昔言ってたナ…。(Mr.F)


12月9日(日) ライブ 19:30〜 2000円
  某(それがし)ゆきの(vo,g)
  TAKESHI(ひとりラモーン)(vo,g)
 

某さん、まっすぐで元気。ストレートな歌がまっすぐに響く。まっすぐな歌詞が、まっすぐ届く。ありのままで、すばらしい。声がとっても魅力的。
vsは、TAKESHI(ひとりラモーン)、ストレートで勝負だ!こちらも負けていないぞ。

こころから、おすすめいたしますよ。


12月11日(火) ライブ 19:30〜 2000円
  Nの集落(ンダ)(vo,g)
  マサ・タケダ(vo,g)(大阪)

マサ君は、ノリがすばらしく、声も伸びやかで、ギターがめっちゃうまい!安心して楽しめる。すばらしいことだ。一人でこれだけのことができるなんてすごい。ンダ君も、ギターがとってもうまくなった。なんやに最初に来たときは、弾き語りを初めてまもなくで、指弾きを始めたところで、その頃と比べるととんでもない進歩だ。声もギターも太くてでかい音にしてあって押す押す。テンポも結構自在に操っていて、いい感じだ。最後の二人の合奏も見もの。自由奔放!!
 
Nの集落
ギターひとつ持って町から町へ、日本中をふらふらしています、Nの集落です。日本のフォークソングやパンクロックに慣れ親しんだ思春期から、地元でちょっとした人気になるR&Rバンドのフロントマンとして青年期を駆け抜け、2017年より弾き語りのツアーミュージシャンとして年間250本以上のライブをやりながら暮らしています。音楽は日本語を大事にしたシンプルなものをやってるつもりですが、これが何なのかもうよく分かんないです(笑)2017年10月以来、5ヶ月ぶりのなんやでのライブを楽しみにしています。(Nの集落)

久保田和之 プロフィール
2001年にneonsignを結成後、2007年に脱退。その後、弾き語りを開始。
2010年12月に1st mini album『風吹く街』をAngel Cat Recordsよりリリース。全国各地でツアーを行う。
日常の何気ない出来事や風景を切り取り歌に。
現在、関西を中心に不定期ライブ活動中。

  
マサ・タケダ
ジャズやブルース、フォーク、カントリー等アメリカンルーツミュージックを愛好しGibson ES-125を愛用する西宮生まれ大阪在住のシンガーソングライター。
全国年間150本以上のライブを行い、各地で「マサのライブはお酒が進む」と絶賛される。マサ自身が尊敬する吾妻光良、有山じゅんじ、長見順、オレンジカウンティブラザーズ飯田雄一とも共演し、各ファンからも評価を受ける。
【HP】https://ragtimeblues1929.wixsite.com/masatakeda
【Online Store】https://masatakeda.stores.jp/
【Twitter】https://twitter.com/masatakeragtime
【FACEBOOK】https://ja-jp.facebook.com/masatakeragtime/
【YouTubeチャンネル】https://m.youtube.com/channel/UCmx-Xu9hewRoSsBAxU63ZTQ


12月13日(木) ライブ 19:30〜 2800円
  三上寛(vo,g)
 
日本フォーク界のレジェンドシンガー三上寛。山下洋輔や林栄一など、ジャズメンとの数々の共演でも知られる「生きる伝説」をその目で耳で心に焼き付けろ!!





2018年1月から6月はこちら