なんやの過去の出来事  2019年

    2006年   2007年   2008年    2009年   2010年   2011年   2012年   2013年    2014年   2015年  2016年  2017年   2018年


2019年 1月から6月  

12月31日(月)から1月4日(金)まで年末年始休業です。どうぞよろしくお願いいたします。


1月5日(土)〜15日(火) 絵展示 営業時間内 無料
  
櫛田康子 個展



1月5日(土) ライブ 19:30〜 予約2500円 当日2800円
   
Trio Oddball 同時開催 櫛田康子 個展(1月5日(土)から15日(火)まで)
    渡辺隆雄(tp)
    臼井康浩(g)
    ハセタク(per)

 
空駆けるメロディー大地を揺さぶるリズム〜ブラジルとロックが 激しく交わる場所 ブラジルのリズムを取り入れつつ、独特の編成でロックする熱く激しいインストトリオ。”
迫力のあるライブを展開する3人。どんどん進化しておるなあ。渡辺さんのバリバリした流麗なトランペットが熱いし、ハセタク君もバリバリ叩いてきもちいいし、なのだが、臼井さんの活躍がだんだんこのバンドの味を深くしている。いい方向に向かっているな。


1月10日(木) ライブ 19:30〜 1500円
  Javier Areal Velez(g) ソロ (アルゼンチン)
  臼井康浩(g)
  小埜涼子(as)

   
アルデンチンより前衛ギタリスト Javier ArealVelezが来日する!即興、ノイズ、パンク、現代音楽と様々なシーンで活動し、ウルグアイ、ブラジル、メキシコ、アメリカ、ヨーロッパ各地でのツアー、劇場での作品発表なども数多く行っており、2014年よりコロンコロン劇場で実験音楽もプロデユースするなど多才さを発揮している。今回は、Javierより臼井康浩、小埜涼子との共演を希望を受け実現することになりました!貴重なライブになることは間違いないです!!(臼井)


1月11日(金) ライブ 19:30〜 2000円
   ワタナベマモル(vo,g)
   BABY STAR

 
キミはワタナベマモルを知っているかい?キミはバンドブームを知っているかい?うん、いいんだよ知らなくてさ、だけどさ、ロックンロールは知ってるよね?!ワタナベマモルはずっとずっとロックンロールをやっているんだよ!うんとずっと前からさ、愛も変わらずロックンロールを愛しているのさ!!
ロックンロールが好きな人が好きだよ
みんな!ロックンロールを愛も変わらず
愛想よく愛そうよ?


1月12日(金) ライブ 19:30〜 投げ銭
  かんた(vo,g)
  
元橋たいぞう(vo,g)+鬼気(kiki)超轟音(g)
  
かんた 1964年大阪産まれ ラジオで河島英五を聴き「ギターを弾いて唄う人になりたい!」とギターを手に入れる。 18歳、名古屋に住み着き人前で唄いだし、フォークやブルーズに感化され“夜と酒とオネーチャン”のオリジナルを唄い今に至る。

エレクトリックギター『鬼気(kiki)超轟音』とのduo。どんな化学反応が起こるか楽しみです。投げ銭ですのでお気軽にお立ち寄り下さい。(元橋)


1月13日(日) ライブ 19:30〜 1500円
  room517
   鈴木茂流(elec.bass)
   谷向柚美(voice)
   小埜涼子(fl)
   十三(ds)
    
「Room 517」(五階の十七号室)
バンド「517」の全貌はまだ霧の中、
それをいかに最終目標サウンド達成に向かわせるのか?
それは私以外誰も知らない、
これはそのドキュメンタリー・オープン・ライブ、
部屋主・鈴木の全責任プロデュース企画。


1月16日(水) ライブ 18:30〜 参加費 300円 観覧 無料
  なんやオープンマイク!(当日、参加者を受け付けます)
弾き語りでも、バンドでもOK。ジャンルは問いません。
持ち時間はセッティング時間を含めて20分。ギターアンプ、ベースアンプ各1台、PA、マイクはあります。それ以外は持ち込みをお願いします。ドラムセットは使えません。パーカッション可。22:00まで。詳しいことは、店までお問い合わせください。


1月18日(金) ライブ 2階開場18:30 開演19:30 2500円

  
【ナベジ 新春の東海&近畿行脚】
   ナベジ(vo,g)(スランキーサイド)
   O.A: チャーリー(vo,g)
 
 
ライブにかける意気込みが半端ないナベジさん。情熱溢れる演奏を展開する。一生懸命だ。初心を忘れていない。お客様もすばらしい。いい演奏は、半分はお客様が作っていたりするね。OAにチャーリー。こちらも情熱溢れる人だ。


1月19日(土) ライブ 2階開場18:30 開演19:00 2300円
  『新春大宴会』
   出演:キシモトジュンイチ/ミチコロンブス/IBUKI
(当日、IBUKIは、インフルエンザのため出演できなくなりました。)
 
新春大宴会かいさーい
関西からキシモトジュンイチ
名古屋の新星IBUKI
名古屋の珍獣ミチコロンブス
三者三様な彼らが1月19日なんやで
なにやらヤラカします?
宴がどうなるかは来てのお楽しみね
みんなで一緒にカンパーイ


1月20日(日) ライブ 19:30〜 1000円
  「ぷよの日vol.25」
   ひだかひとみ(vo,g)+puyo(as)+G子(g)+中西健雄(per)
   中西健雄(語り)
   
今回の「ぷよの日」は、この顔ぶれで。歌の大好きなひとみさん、見ていると、とても楽しいです。puyo+G子もどうぞ。中西のパーカッションと共に。中西の語りも楽しみですね。そして、メインイベントは、サイン加藤とHitomi kanda。
  「言葉以前のことば?言葉は何故有用性とポエジー性が共存しているように見えるのか?」
   サイン加藤+HItomi Kanda
 
サイン加藤:絶対演劇集団「オスト・オルガン」に参加、絶対演劇を体感する。言語をモチーフにしてソロ、ユニットで活動中。
Hitomi Kanda:絵描き、パフォーマー、英語、おもしろいろいろ。
 


1月23日(水) ライブ 19:30〜 2000円
  puyo(as)
  加藤雅史(contrabass)
  近藤久峰(ds,vo)

   


 


月25日(金) ライブ  19:30〜 2000円
  Shy(vo,g)
  
Shy1982<HEARTBEATS>でデビュー。解散後<Shy&Mooney>全国を廻るライブ活動を展開。現在はソロ活動を中心に、ギターとタヒチアンウクレレを携え北海道から沖縄まで[Shy独り旅]の日々。天秤座、O型、戌年、那覇出身。



月26日(土) ライブ 19:30〜 2000円
   ハナクソ(vo,g) from高知
   チャーリー(vo,g)
   ハルミ(vo,g) ゲスト: 中西健雄(per)
 
  
硬い芯のある三人が、それぞれのやり方で魅せてくれるライブ。強烈な信念を感じさせる演奏。迷っている暇はない。あなたも迷わずお越しください。


1月27日(日) ライブ 19:30〜 1500円
 ALTO SUMMIT
  Kei-K(as)
  柳川芳命(as)
  puyo(as)

 
アルトサックス3本だけのダイナミックな演奏をお届けします。それが迫力満点になるから不思議。剥き出しの音、美しい音、凶暴な音、音のない音、いろんな音の集合体をどうぞ聞いてみてください。


1月29日(火) ライブ 19:30〜 500円
   KUKUセッションvol.6 (当日、参加者受け付けます)
   ホスト : やちり

  
参加者募集中:楽器でも踊りでも絵でも、みんなでセッションしましょ。
その昔、名古屋にはKUKUという朝まで開いてるバーがあった。お客さんがいてもいなくでも、マスターはドラムを叩いていた。店を辞めた後も、マスターは路上で即興演奏をしていた。そんなマスター村上等さんに感謝を込めて、私たちは即興演奏を続けます。自由に音で遊びましょう。演奏希望の人は、楽器を持って全員集合!即興好きなあなたも、全員集合!(やちり)

今回が7回目。即興好きなあなた、待っています。


1月30日(水) ライブ 19:30〜 2000円
   畠山智行(vo,g)
   川合蝉丸
   
畠山智行
私の思いが一番伝えられる言葉が方言でした

この思いをかっこいい音楽にのせて歌いたい。
それが津軽弁ロックシンガー畠山智行のアルバム津軽魂です。
先ずは私の思い、津軽の風に触れて見て下さい。

津軽弁で歌いたくて東京上京し、一度挫折し役者になる、その後28年の時を経てどうしてもやりたくて自主製作にてアルバム津軽魂を発売
津軽の風を感じでもらうべく只今、全国ライブ中


川合蝉丸 プロフィール 
西暦2000年前後薩摩琵琶で人前に立つも琵琶が壊れ音楽活動中断。小さな会社を経営したが、一昨年倒産に至り表現活動を再開。一年前初めてなんやのオープンマイクで表演した語り物の系譜に連なる「雪女」(松田晴世作)をクラギに持ち替え、再度狂おしく唄語る。他にオリジナル、中島みゆきのカバー曲、中国語歌謡等がレパートリー。


月2日(土) ライブ 2階開場19:00 開演19:30 1000円
  『なんや節分前夜祭 ‐Mr.F生誕祭‐』
  ・ISAMU(詩の朗読/詩的表現)
  ・Mr.F(ひとり歌い)
  ・まーにゃ(vo,g)

   
新春、猛獣たけだけしい美(微?)獣、ISAMU。
R&R命、と体を揺らすマーニャ。
規格・企画外、は当り前。主が道を突き進むのみ、のF(愛ある?)
なんや2階にあい?まみえる。愛はあるのか?誠義は貫(敢)行されるのか?虚しい問いに果敢に答える珍獣??共!

とに角、戯れましょう、ボールを持って。そこに良い事が待っている、から。ワシは行く。是非!(F談)
 


月8日(金) ライブ 19:30〜 1000円
  坂田トリオ [puyo(as) 新井田文悟(b) 坂田こうじ(ds)]

   ゲスト : 倉田憲一
 

「よくわからないが面白い」……そう形容したくなるPUYO(sax)新井田文悟(bass)坂田こうじ(drums)からなる"sakata trio"。ここ「なんや」にて数年、隔月で即興演奏を重ね変化し続けています。 今回はゲストに倉田憲一(from京都)さんを迎え、より深い面白さを増幅させていきます。ベースか、はたまたギターか……こちらは当日までのお楽しみにということで!是非遊びに、どうぞ。(坂田)


月9日(土) ライブ  19:30〜 1500円
  Heal Roughly [柳川芳命(as) Meg Mazaki(ds)]
  武藤宏之(electronics)
 
このたびは電気も使いまして 少し手荒にしますが あなたを癒して差し上げます。


月10日(日) ライブ  19:00〜 投げ銭
  TRRRMA from イタリア
  in (鈴木悦久electronics×聖澤聡electronics)
  辻井浩司(bass)×十三(dr.electoronics)
   
イタリア産、大地と交信するドラム&エレクトロ・デュオ「TRRRMA’」初来日!
TRRRMA’
モノクロの胸像が掘り出された大地の底から湧き出すクリック音と地下に眠る蟲たちをパニックに陥れる重低音の振動が、灰色の孤独の帷を切り裂きジャックナイフの如く一念勃起させる。怒張した大脳皮質の表皮に刻まれた襞は痺れながら洗脳運動に玩ばれる。不整脈の乱打と律動が精神分裂を促すように耳核を愛撫する。闇の中の二者の弄り合いは、ジャズではなくエレクトロでも、ましてやノイズでも有り得ない。巻き舌でトゥルレ魔と発音するというイタリアの二人組音楽ビジュアルユニットが「TRRMA'」である。
メンバーは、ジョヴァンニ(perc)とジュゼッペ(synth)。2015年で結成され、イタリア内外の音楽フェス、ギャラリー、アート・スタジオ、クラブの現代/実験尾根学シーンで活動する。これまでイタリア、フランス、ベルギー、ドイツ、オーストリア、スイス、スロベニア、マケドニア、ハンガリー、ルーマニア、ブルガリア、セルビア、ボスニア、ポーランド、ラトビア、リトアニアをツアー。常に音楽シーンの新しい動きに目を光らせて、ハイクオリティなレコード/ライヴを進化させている。


地元からは、辻井浩司 (bass) × 十三 (drums)、in (鈴木悦久 (electronics) × 聖澤聡 (electronics)の変則Duoによる一夜!投げ銭なので気軽にどうぞ!


月11日(月・祝) ライブ  19:30〜 2000円

  シクスシクス
  ソラトブ

  
yabyum (ヤブユム) [S. Shah スティーブン(g,vo)+Chihiro (per,synth)]
   
シクスシクス
俳優業と並行してankariseと名乗り音楽活動を行っていた大嶺美香a.k.a.アンカが、ギタリストでありソングライター、そして自身のバンド「グツドバイ」のフロントマンとして活動している村瀬統也と組んだデュオ。
地下世界から地上への架け橋を自在に往来し、時空を超えたコズミックブルースを操る謎のユニット。2018年には待望のファーストアルバムをリリースした。
ソラトブ
歯車がくるいかけた機械に滑り込む。浮遊感。遠くで鳴らされる音と声になんとも言えぬ、その空気に、流れ込む。アーシーなメロディを基本に様々な音が数少なく控えめに色を重ねていく。飯田たかまるによるソロユニット。
yabyum (ヤブユム)
S. Shah スティーブン & Chihiro (Blasting Rod psych-folk duo)(アシッド・フォーク・デュオ)


月12日(火) ライブ 19:30〜 1000円
  菖蒲谷徹(key)
  吉田崇(per)
  吾妻了(b)
  山田 一雄(g)

 
東京よりジャズ/インプロ/即興ユニットで活動しているkeyの菖蒲谷徹。なんや初登場!迎え撃つ東海勢は吉田崇(perc)hidapass(Bass)山田一雄(gt)。魂のインタープレイを目撃せよ!宜しくお願いします。


月13日(水) ライブ  20:00〜 2500円
  対決2019
   トーガンジレーコ(vo,acc)
   森 香(vo,g)
  
アコ歌のレーコ女史が対バンを歌の対決と思い込んだ結果生まれた手に汗握る歌の会。レーコ女史の圧倒的な才能に森香がどう対抗するのかがもっぱらの見どころとの噂である。


2月14日(木)は、臨時休業です。よろしくお願いいたします。


2月15日(金) ライブ 19:30〜 1500円(急遽決定いたしました。ライブスケジュール(印刷物)には載っていません)
  鷲見雅生(b)
  坂田こうじ(ds)

 


2月16日(土) ライブ 19:30〜 1500円
  room517
   鈴木茂流(elec.bass)
   臼井康浩(g)
   照喜名俊典(euphonium/tb)
   十三(ds)
    

「Room 517」(五階の十七号室)
バンド「517」の全貌はまだ霧の中、
それをいかに最終目標サウンド達成に向かわせるのか?
それは私以外誰も知らない、
これはそのドキュメンタリー・オープン・ライブ、
部屋主・鈴木の全責任プロデュース企画。


月17日(日) ライブ 19:30〜 2000円
  夢野カブ(vo,g)
 
ロックというものを常に全身全霊で体現する彼のLIVEは生命賛歌そのものであり、凝縮されたエネルギーは真っ直ぐに観客へと伸びて絡み合う。楽しむとはこういうことだ。(カリ子)


月20日(水) ライブ 20:00〜 2000円
  泉 邦宏(vo,sax,g,per,尺八,etc)
 
常に変化し続けている人。毎回毎回新しいことが、何かしら増えている。常に自由であり続けているからこそであり、そうでないとおもしろくないんだろう。そして、器用にこなしていく。ここも見所の一つ。何よりも、出てくる音楽がおもしろい!エキサイティングだ。


月22日(金) ライブ  19:30〜 1000円
  puyo(as)
  てる(as)
  ヴァルハラぴらゆきトランペット(tp)(元ローリングライヴ、さそり)
  小林雅典(g)
  
  
普段、界隈の即興演奏シーンに現れない人を呼びました。それを小林君と私で迎え撃つ。ぴらゆきさんは、真のロッカーで音楽やらせるとでらすごい!先鋭的フリーインプロヴィゼーションが大好きなてるさんとともに、予測できない日に。
 


月23日(土) ライブ  19:30〜 1800円
  太鼓屋素浪人(ds)
  酒井美絵子(ds)
  
ドラム二人のライブ。感情の豊かさでは右に出るものがいない酒井美絵子と、未知の太鼓屋。写真から判断すると……。
太鼓屋プロフィール
新潟を拠点に活動するドラマー。ラテン、レゲエ、ジャズに影響を受けたオリジナルナンバーを演奏するSALVADORを中心に活躍する他、サックスプレイヤーとのユニット、ブレーンバスターではフリージャズに影響を受けた即興スタイルの演奏活動を行っている。地元新潟の風土、文化、地酒をリスペクトした音造りを信条としている。



月24日(日) ライブ  19:30〜 2000円
  武藤祐志(g)
  石渡岬(tp)

 
ジャズ・ロック・インプロ系の様々なバンド・ユニットに参加するギタリスト武藤祐志とトランぺッター石渡岬。DUOフォーマットでとことんやります。POWER DUO シリーズファンキー編


2月26日(火) ライブ 19:30〜 2000円
   
詩野(vo,key)(富山から) ゲスト:新井田文悟(b)+坂田こうじ(ds)
   かんた(vo,g)
     
【詩野】
富山在住ピアノ弾語り
東京での音楽活動を経て、現在は富山石川を中心に全国でライブを行う。2017年ファーストミニアルバム「owl owl」発売。ノデウタウ 名の通り 飾らず力強い言葉でウタうことがモットーだが、飲み過ぎるのがタマに傷。

かんた 1964年大阪産まれ ラジオで河島英五を聴き「ギターを弾いて唄う人になりたい!」とギターを手に入れる。 18歳、名古屋に住み着き人前で唄いだし、フォークやブルーズに感化され“夜と酒とオネーチャン”のオリジナルを唄い今に至る。


2月28日(木) ライブ 19:30〜 1500円
  Mr.F 一人唄い
  TOKO(vo,b)
  よっぴん(vo,b)
   
主々の情動、宇宙、思(想)いが交錯する夜。と題してまいりましょう。
なんや三趣会。それぞれの世界、想いをブチまけ、問い続ける銀河の彼方。
「僕たちは決して交わる事のない川の流れを行く。そして、空は決して落ちて来はしない。川は、いまだに僕らを隔て続けている。」(イーノ)
だが、それがどうしてったんだいっ?!!
mmm… マンダム、ではなく。
この宇宙はいい。漂いがいあり・・・。(F談)


月1日(金) ライブ 2階開場18:30 開演19:30 投げ銭
  亀山淳弥(g)

  小埜涼子(as)
  

小埜涼子 音楽に対する情熱がすごくて、でもそれが自然で、いつも前向きで、おもしろい作品を残していくし、即興演奏も独特な超個性的なことをやってのけていて、全く目が離せない人。
亀山淳弥 甲陽音楽院にて湯田 大道氏、武藤 祐志氏、砂掛 康浩氏に師事。
ギターのテクニックやジャズについて学ぶ。
卒業後アイルランドNewpark音楽大学に編入し、在学中にChris GuilfoyleにChromatic Concept等の技法を学ぶ。
またDavid LiebmanやDavid Binneyのマスタークラスなどを受講。
ジャズインプロヴィゼーションや作曲等に多大な影響をヨーロッパから受ける。
2017年9月に帰国し、岐阜、名古屋を中心に活動を始める。


月2日(土) ライブ 19:30〜 1000円
  クラウンシューズ [サトル(vo,g) マナブ(acc) タカユキ(contrabass) トモコ(ds)]

  よたがらす(vo,g)
  
 
よたがらす[岩元(vo,g)]
1967年 千葉県生まれ。バンド活動を経て現在に至る、岩元(vo,g)によるソロプロジェクト。
何も足さない、何も引かない、濁りのない生活の歌。
クラウンシューズ Vo./Gt サトル、Acc. マナブ、Cb. タカユキ、Dr. トモコ
東海地区を中心に活動中。
様々な音楽に影響を受けながら、四人が作り出す楽曲の数々はノスタルジックでどこか懐かしく、聴き手の心に訴えかけるはず…。



月3日(日) ライブ 2階開場19:00 開演19:30 2500円
 
 鬼頭径五『ロックンロールパラダイス』リリースツアー 2019
   鬼頭径五(vo,g)
   かんた(vo,g)
  
1961年横浜生まれ。10代の頃より地元京浜地区を中心にいくつものバンド活動を経験する。88年にCBSソニーよりデビュー。いくつかのバンドや事務所を経て、アコースティック、R&Rバンドと様々なスタイルにありながらも、一貫してその圧倒的な声の存在感と詩の世界を持ち、常にフロントに立ち歌い続ける。昨年12月にデビュー30周年記念となるフルアルバムをリリース。各地で好評を博している発売ツアーの2019年版、愛知ではなんやに初登場!


3月6日(水) ライブ 18:30〜 参加費 300円 観覧 無料
  なんやオープンマイク!(当日、参加者を受け付けます)
弾き語りでも、バンドでもOK。ジャンルは問いません。
持ち時間はセッティング時間を含めて20分。ギターアンプ、ベースアンプ各1台、PA、マイクはあります。それ以外は持ち込みをお願いします。ドラムセットは使えません。パーカッション可。22:00まで。詳しいことは、店までお問い合わせください。


月8日(金) ライブ 19:30〜 2000円
  u-full (ウフル)
  うかきょん(vo,acc,key)
  
u-full 世界の様々な民族音楽・伝統音楽より影響を受け、旅をする音楽をコンセプトに音で地図を描く―アコーディオン&ボーカル・yuka、ギター・フナハシダイチによるアコースティックユニット。自由な発想から生まれた楽曲は、歌ものからインストまで幅広く展開し、u-fullの世界観を表現している。
VSに、地元名古屋から、うかきょん。音楽を生来の明るさで楽しむ人。


月9日(土) ライブ 20:00〜 1500円
  momofuku [野道幸次(ts)+浅田亮太(ds,pf)]
 
野道幸次(ts)浅田亮太(dr/pf)のDuo 。二人が追求する「即興/free jazz improvisation 」を体験してみて下さい。(野道)


月10日(日) ライブ  19:30〜 1500円
  puyo(as)
  石渡岬(tp)
  G子(g)
  酒井美絵子(ds)
 
酒井さんと私が初めて音を出したのが2015年6月。酒井さんの勢いにたじたじとなった。それから、たくさんの共演の機会があった。おもしろくて、しっくりくるんだよなあ。全部を満足いくまで出してくるし、その出方がプリミティブで、刺激的。今回は、かつて酒井さんと共演したG子と、即興演奏で相性がいい感じがする岬さんと4人でいってみよう!
 


月12日(火) ライブ 19:30〜 1500円
  時の旅団(vo,g)
  ティダ(vo,g)
   
時の旅団
学生時代から30代前半までバンド活動
その後、休止中は演劇のワークショップにも積極的に参加し、表現方法をも学ぶ
40代半ばから弾き語り活動を開始
神田の商店街と組んで野外ライブを月2回のペースで自分も出演するかたわら企画
また、都内・都下の各ライブハウスに出演
現在は新橋ZZを中心に活動中
生きて(活きて)いれば、良いこともあるし悪いこともあるし、また怒りもあれば落ち込む時もあります
そんな喜怒哀楽をお客さまと共有していけたら良いなと思っています♪

ティダ
黒くてデッカい彼氏J-200とともにティダの世界をうたいます
毒か癒しかあなたしだい
はまる人にはたまらない
ティダワールドお試しあれ


月13日(水)は、臨時休業です。よろしくお願いいたします。



3月15日(金) ライブ 19:30〜 1000円
  江口 晶
  ライクアチワワ
  はまち
 
江口晶
1949年 名古屋生まれ シンガーソングライター 
1975年 ポリドールよりシングル「ファッション」LP「世代感覚」
1977年 シングル「風景」
以後全国ライブハウスなどで演奏活動、FM愛知DJ、コラムニスト、演劇活動etc.
2005年 団塊のフォークユニット「WelcomebacK」を結成し現在も名古屋を中心に活動中。
 
ライクアチワワ
ギターとウクレレ、歌×2の、小さな奇跡☆ほんわかユニット◯
古いロックンロールやブルースとギターが好き
猫も好き
チワワは今のところ触ったことありません。
名古屋を中心に活動中! 
はまち
それぞれソロで活動中の3人、おおたけごろう 、なおと、ひじやんから成るアコースティックロックユニット。脂の乗り切る前のコリコリ感をお楽しみください!


3月16日(土) ライブ 19:30〜 2000円
  「不可解な夜」
   大谷氏withとっちゃん
   ガイユニット[ガイ(g) ナイトウ(ds) ワカオ(b) メグミ(g,vo)]
   ミレマ(gifu)[メグミ(vo,g 性格悪い) シンスケ(g 性格悪い) マキ(ds 性格悪いが金はある)]

 
大谷氏は、富山の変人、怪人、天才。常人には理解できない多面性を有する。とても情緒的な穏やかなほのぼのした曲を唄うかと思えば、ひどく攻撃的な曲を唄い、またある時は人間に根源的な変態な曲を唄い、笑うしかない曲も歌う。これを簡単に使い分けてしまう。大谷さんの中では、全部一緒のことなんだろう。
名古屋の鬼才ガイさんが自由に暴れる、周りも暴れる、ガイユニット
岐阜の強烈な個性集団ミレマ
 


3月19日(火) ライブ 19:30〜 2000円(急遽決定いたしました。ライブスケジュール(印刷物)には載っていません)
  スーマー(vo,g,バンジョー)

 
歌声が何とも魅力的だ。これが一番!朝日のように柔らかい。バンジョーとギターがその味わいを見事に増す。スーマーの世界にどっぷりと浸されてしまう夜。


3月20日(水) ライブ 19:30〜 予約2500円 当日2800円
   
Trio Oddball
    渡辺隆雄(tp)
    臼井康浩(g)
    ハセタク(per)

 
空駆けるメロディー大地を揺さぶるリズム〜ブラジルとロックが 激しく交わる場所 ブラジルのリズムを取り入れつつ、独特の編成でロックする熱く激しいインストトリオ。”
迫力のあるライブを展開する3人。どんどん進化しておるなあ。渡辺さんのバリバリした流麗なトランペットが熱いし、ハセタク君もバリバリ叩いてきもちいいし、なのだが、臼井さんの活躍がだんだんこのバンドの味を深くしている。いい方向に向かっているな。