店主 puyo のライブ 2016年    2015年以前のことはこちら   2017年   2018年


以下は、過去のことです

日付の新しいものから順に昔にさかのぼります。

12月2日(金) ライブ 19:30〜 1000円
   坂田こうじ(ds)
   新井田文悟(b)
   puyo(as)

    ゲスト : 小林雅典(g)
     

フリーインプロヴィゼーションです。即興といえど、美しい音楽を目指すことに変わりはありません。自由にその時にやりたいことをやります。気持ちに忠実になることが肝要。今回は、狂気のギター小林雅典さんをゲストに迎えます

 
この坂田トリオ、2か月に1度やっているので、なかなかに勉強になる。感心する。坂田さん、いろいろな技が豊富で、いろんな出方があっておもしろい。文悟君も、引き出しが豊かになってきた。大成長。今回のゲストの小林君は、おもしろい人だ。私は、今回ドラムの真横でやった。聞こえ方が違っておもしろかった。写真は、坂田さんから。


11月26日(土) ライブ 19:30〜 1000円
   ぶよぶよ市昭和区文悟町[puyo(as)G子(g)新井田文悟(b)丸市(ds)]
    
ゲスト: 外山一吉(g)は、参加できなくなりました。ゲストありません。(11/2)
 

5月の今池遊覧音楽祭以来のライブ。好評だったそのライブに、さらに磨きをかけ、なんやでのライブに臨む。とてもいいバンドになってきたと思うので、ぜひ聞きに来てください。ゲストに、変態ギタリスト外山一吉を迎えます。


たくさんの方々にお越しいただき、誠にありがとうございました。MC、もうちょっとうまくやるはずでしたが、失敗しました。ま、練習してないからな。肝心の中身ですが、なかなかに上手くいった、現段階でできることはできた、目指すところは、間違っていない、てなことは思います。もっと良くなるように、もっと痛快なように、していきたい!
写真がありません。きっと誰も撮っていなさそう。お客様の顔ぶれからして。


11月11日(金) ライブ 19:30〜 2000円
   山田洋資(tp)+酒井美絵子(ds)
   puyo(as)+近藤久峰(ds)
   

   
DUO2組のライブ。9月にあったpuyo+近藤のDUOはとても素晴らしいライブだった。近藤の自由奔放、多彩なドラミングは称賛の的だった。そのライブの再演。もう一つのDUOは、フリージャズの申し美女酒井が、トランペットの山田と組む。



楽しかった!私(puyo)が働きかけると近藤君からスオっと返ってきて楽しくて仕方なかった。近藤君は、(G子曰く)リズムが常に体の中に流れていて、それを見つけてのっていくのがおもしろい。おかげで、フレーズが生まれ出てくるし。
山田さんは、さすがのいい音、いいフレーズだった。フリーインプロヴィゼーションフリージャズは初めてとのことだったけれど、まったく良かった。酒井さんは、独自の音を持っていて、聞くとなんか嬉しくなってしまうね。好きだな。



10月20日(木) ライブ 19:30〜 1000円
  『トランペットとギターとサックス』
   石渡岬(tp)
   小林雅典(g)
    ゲスト : puyo(as)

    

かつて四日市で活動していた即興演奏デュオが、久しぶりにライブをします。今回のゲストはサックスのpuyoさんです。それぞれのキャラクターが、あたりまえのようにぶつかりあいます。うまくまとめるよりも、互いにむきだしのまま、みずからストレートに音を出す。おのずと調和したり対立したり。そんな演奏を目指します。

  

  
小林くんも岬さんもセンスがいい。だからおもしろくなるね。思い切りもいいし。没頭していく感じもいい。おもしろい二人だ。私もご一緒できて幸せだ。いや、しかし独自のフレーズ、展開を探すのは難しいな。さっきも吹いたフレーズをまた使ってるよと思うとさみしい。写真はあじゅひめさん。


10月18日(火) ライブ 19:30〜 500円
  KUKUセッション(当日、参加者を受け付けます)
   ホスト : 牛田牛蔵(g) 佐藤シゲル(b) やちり(as)

  
参加者募集中:楽器でも踊りでも絵でも、みんなでセッションしましょ。
その昔、名古屋にはKUKUという朝まで開いてるバーがあった。お客さんがいてもいなくでも、マスターはドラムを叩いていた。店を辞めた後も、マスターは路上で即興演奏をしていた。そんなマスター村上等さんに感謝を込めて、私たちは即興演奏を続けます。自由に音で遊びましょう。演奏希望の人は、楽器を持って全員集合!即興好きなあなたも、全員集合!


 
昨日のライブ終了後に、タイトルに第1回とかvol.1とか付きました。次回もあります。どんな感じになるか予想もつきませんでしたが、うまいことまわりましたね。ホストのやちりさん、牛田さん、佐藤さん、ありがとうございました。肩ひじ張らないいい演奏達でした。私も1回だけ、参加させてもらいました。全然知らない人とでおもしろかったよ。Mr.Fさんも参加したよ。


10月14日(金) ライブ 19:30〜 1000円
   坂田こうじ(ds)
   新井田文悟(b)
   puyo(as)

    ゲスト : 谷向柚美(vo)

    
フリージャズです。即興といえど、美しい音楽を目指すことに変わりはありません。自由にその時にやりたいことをやります。気持ちに忠実になることが肝要。今回は、ヴォーカル谷向柚美さんをゲストに迎えます。

 

  
インプロヴィゼーション主体のライブの前日は、なかなかに悩む。おもしろくできるか、自分独自の音を出せるか。曲をやるんであれば、それをやるんだということでいいのだけれど、何も決まっていないと拠りどころが無くて、やらん方がいいかもな、なんて思ってしまう。当日になってしまえば、どってことないんだけれど、始まってしまえば、全力でやるだけなのでいいんだけれど。で、昨日は、思うがままにやらせていただきました。皆様、ありがとうございました。柚美さん、ありがとう。写真は千葉さん。


10月1日(土) ライブ 19:30〜 投げ銭
   三浦史洋 リサイタル
    サポートメンバー : 
なきむしチェリー(vo,g) G子(vo,g) 新井田文悟(b) 中西健雄(per) puyo(as)
      
皆様、いかがお過ごしでしょうか。
なんや宝玉ライブです。いや、珍宝ライブかな?んーと今度で4、5、アレー何回目だったっけ?
脳の働きが弱くなってる、元々です。
ほとんど未完成な、いや未熟な私ですが、木漏れ日を浴びながら感性赴くまま、烈風のごとく時空を駆け抜けていく時をかける不滅の貴公子。僕に惚れちゃだめよ。エ〜、惚れるか、と誰かが言った。
拙い歌ですが刹那な一夜を皆様方と共有できれば、幸いです。
素敵ななんやサポート仲間と共に、皆様の幸せを願って。 かしこ。 (FM)

 



 
おもしろかったなあ。ああいう明るい企画はおもしろいな。曲は難しいから、付け焼刃ではなかなかうまくいかないけれど、そしてメンバーが全員集まれることもなかったので、細かいところがつめられなかったけれど、三浦さんの稀有な人柄がよく出ていたと思う。明るく楽しくいい人だ。みんなそれを知って集まってくれたわけだから。ありがとうございました。写真はあきこさん。


9月30日(金) ライブ 19:30〜 2000円
    アニーキーアゴーゴー!(vo,key)
    puyo(as)+G子(g)+新井田文悟(b)
     
アニーキーアゴーゴーこと山浦智生さんは、じっくりと染み入る曲を作る。楽曲自身は派手さもあるが、飾らない朴訥とした声でじっくり歌う。それがなんとも心地よい。魂を撫でられているようだ。avexのカッティング・エッジよりメジャーデビュー。ジェームス・ブラウンの来日公演でオープニングアクトを務める。といった経歴の持ち主。
対バンは、5月5日今池遊覧音楽祭以来初の「ぶよぶよ市昭和区文悟町」マイナスワンの面々。

 


 
なんかとっても自由にできました。フレーズがわいてくる!楽しい!という感じでした。だいぶ突っ込みすぎだったようですが、高ぶっているとそうなってしまうな。課題だ。文悟君が冷静に対処してくれるから助かる。次回が楽しみです。次回は丸市さんも入って正式メンバーで、11月26日(土)なんやにてあります。
アニーキーアゴーゴーさん、こちらもガンガンやって、みっちりやって、いいライブでした。声がおもしろいなあ。
写真は三宅さんから。



9月3日(土) ライブ 19:30〜 1500円
   ダグ伊藤(key)+酒井美絵子(ds)
   puyo(as)+近藤久峰(ds)
   

   
DUO2組のライブ
ダグ伊藤さん、様々なジャンルの音楽を演奏している方とのこと、フリージャズの雄、酒井さんとの初共演が楽しみだ。どんな音が音楽が出てくるかな。
一方の、近藤久峰は、名古屋界隈きっての名ドラマー。感性が多様で、いい演奏をする。凄いと思っているよ。という私(puyo)が、頼み込んでの初共演。当たり前だが、本当にがんばろう!必殺技の開発が間に合えばいいが!いやいや、地道にがんばろう!

ダグ伊藤 プロフィール
幼少の頃からクラシックピアノを習い、その後Deep Purpleのジョンロードの影響でハードロックキーボーディストとして名古屋近郊のライブハウスで演奏。
その後ブルース、フュージョン、ボサノバ、ジャズに傾倒し、音楽のジャンルを超えた演奏を目指している。
ロックとジャズの融合を目指し造語であるRozzy Music Academyを立ち上げレッスン活動をするかたわら、さまざまな演奏活動をしている。
主な共演者:王様、是方 博邦氏、和田アキラ氏、ヒロ山中氏、マルセロ木村氏、青木 和義氏、 山田 友則氏 榎本 義高氏 プリスカ モロツィー氏 アルベルト ベセーラ氏、へザードイロン氏 等。
主な活動:Bootleg (ハードロックバンド)、Espri(ラテンフュージョンバンド)、その他DUOユニット。



近藤君のドラミング、素晴らしかった。展開力が豊富で、次々といろいろと繰り出してくる。ドラムソロになったところで、聞きほれてしまった。おかげで、私の発想も豊かになったんだろう。とってもおもしろくて、高い次元で集中できたし、こんなこと言うのもなんだが、今までのライブで一番良いライブができたんじゃあないかって思う。お客様の評判はともかく、自分ではそんな気がした。こんなこと書けるお気楽ちゃんでいいな、私も。
ダグ伊藤さん、すごく熱くて手が見えないほどだった。酒井さん、音を出すタイミングを狙っている時の顔は美しかったし、おもいっきり思い切りよく入って来て、すっと引いたり、とってもおもしろかった。ふたりの呼吸がぴったりあっていて、すこぶるおもしろかった。
全体を通しても、いいライブだったようだ。お客様の反応からそんな感じがした。



8月26日(金) ライブ 19:30〜 1000円
   坂田こうじ(ds)
   新井田文悟(b)
   puyo(as)

    ゲスト : 外山一吉(g)

  
フリージャズです。即興といえど、美しい音楽を目指すことに変わりはありません。自由にその時にやりたいことをやります。気持ちに忠実になることが肝要。今回は、変態ギタリスト外山一吉をゲストに迎えます。



いつもの3人に一吉くんが加わると、全然違った展開になっておもしろかった。リズムカッティングとか入るからな。一吉君はいいセンスしていると思う。私は、後半は、2階の後方で吹いてみた。なんかおもしろかった。いろんなところから音が出るのもいいし、坂田さんを(私が隠さないので)見やすいのもよかったんじゃあないかな。写真はとこさん。


8月12日(金) ライブ 19:30〜 1000円
   「ぷよの日vol.21」
    藤井知之(as)+酒井美絵子(ds)
    なきむしチェリー(vo)+かわせさん(ts)
    puyo(as)
    中西健雄(語り)

  
  
  
  
おもしろそうな演者にどんどんやってもらう日。
今回は、サックス奏者が集まりました。それぞれの演奏形態で、その差もおもしろそう。
藤井さんは、酒井さんとの初共演。フリージャズか!
かわせさんは、なきむしチェリーさんの歌と2人で。異色の演奏形態。
puyoは、ソロで。
もちろん、「ぷよの日」だから、中西もやるよ。


全体を通して、おもしろいライブだった。サックスも私、藤井さん、かわせさん、それぞれの持ち味があって興味深いもんだな。酒井さんは、フリージャズが本当に巧いというか向いているな。また一緒にやりたい。なきむしチェリーさんは(ひとみさんだよ)独特の世界に持っていけるひとで、中島みゆきの歌(と聞いたが)を歌っても自分の歌のようだ。中西くんの語り、皆楽しそうに聞いていた。


7月17日(日) ライブ 19:30〜 1000円
   ひだしん

    ゲスト ありあり
  
ひだしん、普段のやや逸脱したトゲのある言動、態度からは信じられない裏腹の名曲揃いのオリジナルソングは、心染み渡る人情な歌詞、憂いのある熱血な歌、溶け合うクラッシックロックのサウンド、好きな人にはたまらんかも、、!!好き嫌いわかれる個性派ひだしん、!!どうぞいらっしゃいませ!!(hidaka)

    

日高くんは、しっかりとしたライブをする。いい曲をていねいに歌う。声もでかく気持ちも載っている。ともりんのギターもとってもよく、暴れ具合とていねいさ正確さのバランスがいい。
そして、私も1曲参加。ゲストありあり、となっていたから、最低でも二人のゲストはいるだろうから、いいかな。当日リハーサルで2回合わせての本番。曲のイメージもよく捉えられていない状態ではあったけれど、それもまたスリリングでいいかな、とも思う。ライブ全体の中で、あやしい曲があるのも、見ごたえだ。他がしっかりしているからね。という事にしておこう。
お客様、とても多数でした。ありがとうございました。写真はめぐみさん。



7月15日(金) ライブ  19:30〜 1000円
    puyo(as)+G子(g)+小林雅典(g)+酒井美絵子(ds)

酒井のドラムはおもしろい。やればやるほど。この写真もいいだろ?恒例puyo+G子でこれに挑む。曲もやるぞ。新曲もできるかな。今回は狂ったギタリスト小林も迎える。最強じゃあないか!

  
いやあ、おもしろかった。曲もおもしろかったし、小林君との絡みもおもしろかった。小林君は狂ったギターでほんとによかった。酒井さんは、何回やってもおもしろい。G子はいい曲作ると酒井さんが感心していたけど、私もそう思う。即興演奏はおもしろいなあ。とりこになるよ。写真は榊原さんとこうさかさん。ありがとう!


6月17日(金) ライブ  19:30〜 3000円
   林 栄一(as)
   國仲勝男(b)
   
林栄一である。日本のアルトサックス奏者No,1。先日のなんやライブでも、その音の鋭さに圧倒されるばかりだった。1曲共演させていただいたら、あまりの自分との差に愕然とし、その凄さが目の当たりとなった。國仲勝男は、山下洋輔に見出された沖縄のベース奏者、グルーヴ感溢れる演奏を繰り広げる。この二人のDUOを目の当たりにできるんだ!

 
歌モノの演奏だった。林さんのテーマはもちろん、ソロが素晴らしい。おだやかにのびやかに、音数も減らして、ふくよかに。音が素晴らしく良い。國仲さん、穏やかでのびやかで、これまた素晴らしい。感動する。
お客様も超1流どころにお越しいただき、最高の雰囲気!
そんな中、無謀にも、最後にお誘いいただき、共演することに。ここのところ連戦連敗の私で、負けるのは必定。でもね、やってみたいじゃあないですか。お客様も超1流で、びびりますが、かえってやりがいがあるともいえる。おもしろかった。できることはやった。みたいな感じなのかな。さらに最後に「ナーダム」まで。ちっともうまくできんけれど、それがかえってよかったのかな、という感じ。皆様のおかげでございます。本当に、全てにおいて。
(写真は千葉さん)



6月10日(金) ライブ 19:30〜 1000円
   坂田こうじ(ds)
   新井田文悟(b)
   puyo(as)

  
フリージャズです。即興といえど、美しい音楽を目指すことに変わりはありません。自由にその時にやりたいことをやります。気持ちに忠実になることが肝要。


多くのお客様からいい評価をいただいた。ひょっとしたらよかったのかもしれない。昨日の日記に書いたように、私は自分の意図するところを展開させてみた。それがよかったのかもしれない。思いっきり疲れた。サックスって変な音、出し続けるとほんと疲れます。坂田さん、新井田くんとのかけあいもとっても良かった。お客様はじめ皆様ありがとうございました。


6月9日(木) ライブ 19:30〜 1500円
   小埜涼子(as)
   柳川芳命(as)
   
名古屋、いやそれにとどまらず、世界のフリージャズの雄、の二人、音の鋭さときらめきは天下一品。アルトサックス2本のインプロデュオ。きらきらひかるぞ!!




この二人のライブが見れるのは幸せ。最初からおもしろかったのはもちろんだけど、後半の方がふたりがなじんで来て、どんどんいい感じになっていった。おもしろかったなあ。ありがたいことに、最後にゲストでよんでもらえて、一緒にできた。うれしかったな。おわってから、実際、厨房内で飛び跳ねていたよ。演奏もおもしろかったよ。おしたり、おしたり、で。もっとこうできたら、なところもあったけれど、精進します。まだまだ頑張れるぞと思える幸せ。写真は東君と千葉さんのもの。


5月30日(月) ライブ 19:30〜 1500円
    泉 邦宏(ssx,etc)
    puyo(as)
    石井正典(ds)
おもしろくなりそうな予感!
サックスがドラムが叫ぶ!

    

  



ツアー最終日の泉くん、昨日もフリージャズライブだった石井さん、ついでに私も昨日はフリージャズに参加していまして、疲れ気味といえなくもない3人。お客様も、昨日ライブで完全燃焼したたけちゃんや、橋の下音楽祭でもえたTさん、風邪ひきの五十嵐君、刺激的なライブを続けて見て衝撃を受け二日酔いのMさん、病み上がりのG子、といった顔ぶれ。ところがどっこい、火事場のくそ力とばかりに盛り上がってしまった。お客様もよく耐えた!意外にも「よかった!」と喜んでもらえた。真剣フリージャズ2デイズは、疲れるわ。これから録音聞いて落ち込むとしよう。
石井さん、よかったな。泉くんももちろんね。



5月29日(日) ライブ 19:30〜 2300円
    立花秀輝(as)(渋さ知らズ)
    酒井美絵子(ds)

   
立花は、本当にうまいサックス奏者だ。渋さ知らズ等で活躍中。
酒井はいろんなサックス奏者と共演している。どんどん経験を積んでいる。そのおもしろいドラムが、いかように炸裂するか!



私も最後に参加させて貰い、3人でできました。すごく疲れたけど、おもしろかった!千葉さんがいう様に、「フリージャズど真ん中」。これが、確かに私がフリージャズを初めてやった時の感覚に近い、というか、それを思い出させてくれた。そうだったな、こんなフリージャズをまたやらなきゃな、と思った。
立花さんは、すごくうまいサックス吹きなんだけれど、この日は、まともなフレーズは、ほぼ皆無。うまいとか何とかいう評判なりイメージなりを消し飛ばすような演奏だった。すごいな、とすごいなと、すごいな、と思った。酒井さんも、フリージャズをとても好きなんだな、と改めて思った。一緒にできて幸せでした。精進しなきゃ。
写真は、千葉さん。ありがとうございます!(写真だけでなく)



5月27日(金) ライブ 19:30〜 投げ銭
   「ぷよの日vol.20」
    ハナクソ(vo,g) from高知
    五十嵐浩司(vo,g)
    puyo(as)
    中西健雄(語り)

      
おもしろそうな演者にどんどんやってもらう日。ハナクソ君はおもしろいぞ!五十嵐くんは、なんや初ライブ。
若者の大胆さが見たい。
もちろん、「ぷよの日」だから、puyoと中西もやるよ。

ハナクソ
高知産、ハードコアソンガー!!
2008年頃より、高知を中心に日本各地で活動中。
これまでに高知のインディーズレーベルより、5枚のミニアルバムを発表。
2015年には、フォークシンガー“三上寛”のトリビュートアルバムにも参加。
アコースティックギターと言葉を武器に、純粋度30000%な熱きパッション!! 何だか忘れていたもの思い出して、こっそり泣けちゃうゼ!!

  

ハナクソくんのライブの途中で、MEDさんが1階へ降りていってしまったので、お気に召さなかったかと思ってら、だいぶ経って階段のところへもどってきて、間もなく、泣いていた。だいぶ派手に。あとで聞いたら、1階へ降りたのも涙が止まらなくなったからだそう。「頭をぶん殴られた感じがした。」ハナクソくん、今までなんやではワンマンだったけど、この日は、対バンがあって心の余裕があったせいか、お客様が少しはいたせいか、対バンから刺激を受けたか、のびのびとやっていて、とてもよかった。次回、7月9日(土)にライブ決まりました。どうぞ、来てくださいませ。
ハナクソくんの前回ライブを見て、自分でもライブを始めたという五十嵐君。まっすぐストレートで声もでかく「爽やかな風を感じた。」(G子)
中西くんは身近な八事についての語り。聞き入ってしまうね。
私puyoは、アルトサックスソロ。頑張りましたがどんなもんだったでしょうか。吹き語りは、ギャグみたいなものなので、息抜きに聴いてもらえればよかったんですが、ぷぷぷ。



5月15日(日) ライブ  19:30〜 2500円
    The No End

     [夢野カブ(vo,g)&ITOIGAWA(vo,g)(fromスキマノザラシ)+青酸カリ子(b)+杉山章二丸(ds)(ex.ザ・タイマーズ)+puyo(as)]

 
テクニックや才能なんていともたやすく蹴散らせた、あの日のロックバンドの初期衝動をものの見事に蘇らせてNO END が発情するぜ!
グルーヴって知ってる?浮世で一番気持ちいい時間のことさ。そいつをお座敷に充満させるから一緒に渦巻かれてみるってのはどうだ?!まさに終わらない君の宴の始まりの切欠にTHE NO END 発射!!(夢野カブ)

 

いやはやなんとも、ノリのいいバンドだ。グイグイいって気持ち良いね。
私も半分くらい参加しました。私にしては珍しく、後ろの立ち位置でやりまして、これが新鮮でした。いつもフロントにいますので、後ろのことが目ではなかなか見れません。後ろにいると全体が一望できてなかなかにやりやすいのですね。きっかけが目でもわかる。お客様との最前線にいないから、気持ちに余裕ができる。昨日は章二丸さんのドラミングがよく見れましたし。
それにしても、たけちゃんは、私のことをよくほめてくれる。昔から。きっとたけちゃんがいなかったら、サックスやめてたかもしれないなあ、と思うくらいだ。ありがとう!昨日はたけちゃんだけじゃなく、みんなありがとう!写真は三宅さんのもの。


--次は、なんやでのライブではありません。場所は、愛知 稲沢 カフェ サルーテ  0587-22-0300 です。---------
5月16日(月) ライブ 開場18:30 開演19:30 前売(予約)\2,500(+1drink) / 当日 \3,000(+1drink)
    The No End

     [夢野カブ(vo,g)&ITOIGAWA(vo,g)(fromスキマノザラシ)+青酸カリ子(b)+杉山章二丸(ds)(ex.ザ・タイマーズ)+puyo(as)]
愛知 稲沢 カフェ サルーテ  0587-22-0300
  ホームページ
 愛知県稲沢市大塚北9-58 (最寄駅:名鉄名古屋本線 奥田駅(1.2km)、名鉄名古屋本線 国府宮駅(1.4km))


  
なんやに引き続きです。2日続けて同じバンドでのライブはほとんど記憶がなくて、初めてに近いですね。2日目となると1日目を踏まえてできるので、いいですね。その割に失敗もありましたが。場所が変わると状況が変わるので同じ場所での2日目とは違いますわね。自分の音はでかい方が好きですが、いざPAからでかい音が聞こえてくるとびびりますね。自分のバンドじゃあないから、壊しちゃっているんじゃあないかって思っちゃって。昨日ほど、自分の音がPAとかモニターで大きく聞こえたことが無いもんで。出来の方はどうだったのかは、わかりません。でも、メンバーの章二丸さんいとちゃんと仲良くなれた感じがしたのはとても良かった。
お越しいただいた皆様、ありがとうございました!打ち上げで5時まで得三、なんやでもすこしぐだぐだして6時帰宅で、疲れました。飲みすぎだし。
サルーテの方々には本当によくしていただき、ありがとうございました!


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


--次は、なんやでのライブではありません。場所は、今池界隈です。---------
5月5日(木・祝) ライブ 1日通し券 前売1000円 当日1500円 13:00〜
(なんやに前売チケットあります。)
   
今池遊覧音楽祭
    ぶよぶよ市昭和区文悟町[puyo(as)G子(g)新井田文悟(b)丸市(ds)]
     場所: 3STAR今池
     時間: 18:40〜19:10
   

 
今池遊覧音楽祭の私達のライブに多数お越しいただき、誠にありがとうございました!ほんとちょっとしか来てくれないんじゃあないかとドキドキでしたが、よかった!
今池遊覧音楽祭のこと。いろんなライブが見れて、実に楽しいです。鈴木実貴子ズ、久しぶりに見ましたが印象的でした。その後の自分の出番に向けていい刺激になりました。蟻地獄天国のともりんのギター炸裂がすごかった。その他、いろいろ見れて、満足。
ぶよぶよ市昭和区文悟町には、初めて見る方々にも多数お越しいただき、よかった!ああいう祭りならではですね。照明もあるし、お客様の酔いもあるから、助けられました。細かい(細かくないか)ミスは多数連発しましたが、まあ、全体の雰囲気はうまく演奏できたかと思います。次はもっとがんばります。ステージから目立つところに時計があって持ち時間の確認が容易で助かりました。また、皆さま、見に来てくださいませ。次は決まっていませんが。


――――――――――――――――――――――――――――――――



4月29日(金) ライブ 19:30〜 1000円
   坂田こうじ(ds)
   新井田文悟(b)
   puyo(as)
   
「去年御一緒した時、言い表せないような不思議な感覚を味わった……あれは何だったのだろう。」(坂田) その三人が三度、交えます。フリージャズ!

坂田さんがとっても喜んでくれるのが嬉しい。私は、美しい音楽を作るようこころがけた。まあ、いつもそうなんだけど。即興ってその場で音楽を作っていくから、眼をつむってしまう。集中したいから。お客様の反応とか見ている余裕はないなあ。ちょっと気が抜けた時にお客様を見る。でも、聞く方のことは考えているよ。おもしろいと思ってもらえるようなことをやろうとしているもの。退屈なことはしたくない。



4月19日(火) ライブ 19:30〜 2500円
    柳川芳命(as)・小山彰太(ds)ユニット+加藤雅史(b)
   
   
名古屋界隈フリージャズサックスの雄、柳川芳命と、山下洋輔トリオでの大活躍が忘れられない小山彰太のユニットに、名古屋のファーストコールジャズベーシスト加藤雅史が参加。

 
おっもしろいライブだった。柳川さん、いつになくメロディアスで、美しかった。入り込み方がうらやましかった!加藤さんのベースが美しかった。トップレベルのベースは、かくも凄いか。小山さん、やっぱ一皮違うわ、音のころがしかたが素敵!他の追随を許さないね。ほんで、私もちょこっと参加させていただきました。突然、予告なく飛び入る感じで、怖かったですが、効果的ではありましたか。うまくいくといいですが、失敗すると悲惨ですな。一生懸命やりましたが、音が今一つ冴えませんでした。もっと一生懸命やらないといけません。でも、一部の方々には好評で、とちくるった人々かもしれませんが、まあそういう人にこそ、うけたいわけで、良いことでした。もっと進化しないといけません。一緒にやると共演者の方々の凄さがよく分かります。柳川さんの音の良さが身に沁みますし、加藤さんの深い音が信じられないほどですし、小山さんの音が独自に鳴っていて、ぜんぜん違う境地にいっているのがわかりました。そういうところで音を出していかなくてはいけない、というか、そこに素敵な音があるんだと思います。写真は千葉さん。


4月15日(金) ライブ 19:30〜 2000円
    スーマー(vo,g,バンジョー)

     
のびやかな穏やかな朴訥な声はじんわりと心に響いてくる。スーマーさんのライブは、心の休日だ。スーマーさんのバンジョーは曲間の語りにも彩りを添える。なんやでしか見れないpuyo(なんや店主)のサックスとの共演も、わずか数曲ではあるが見所だ(といいな)。(puyo)

スーマーさんの歌は、眩しい朝日の如きフォークやブルース。中域の透明感溢れる声が、心地良い浸透圧で心に忍び込んで来る。ギターや四弦バンジョーに乗せて、遠い記憶の断片が紡がれていく。風や波のように何時迄も耳の奥で鳴ってる音楽。寂しさが静かに疾走する浅川マキのカバーも白眉。なんやのお座敷で堪能ください。(さかい)


  
とってもいいライブだった。声がびりびりと響いて胸に迫る。穏やかな曲では穏やかだけど、胸に迫る。厳しい曲では直接胸に迫る。私も2曲(そのうちの1曲では、麻衣さんも。3人でやりました。)ご一緒させてもらいました。イメージが膨らんでいい演奏ができたと思います。膨らませてくれたスーマーさんのおかげ。至らんところはもちろんあるけど直していきます。
お越しいただいた皆様、1階にお越しいただいていた、越田さんガイさんグループも2階に上がっていただき、本当にありがとうございました。


3月28日(月) ライブ 19:30〜 2800円
    林栄一(as)
    酒井美絵子(ds)
     
林栄一さんである。最高のサックス奏者である。酒井美絵子さんと演る。どうなる?至近距離で、そして音の響き抜群のなんやでおおくりします。興味津々!酒井さんは今月3回目だなあ。

  
本当にすごかった。林さんの音が炸裂していた。本当にしびれるようないい音だ。多彩な音だしね。音もでかいというかとんがっていた。ああ、なんてすごいんだろう!酒井さんも音がよかった。ビシバシ来ていた。他のドラマーとやっぱりちょっと変わっていておもしろいんだな。ぎりぎり感みたいのがあるんだな、なんかね。おもしろかった!
ほんで、1曲参加させてもらちゃいました。林さんと音を絡ませたくてがんばりましたが、どうだったんでしょうか。光栄なことでした。酒井さんとはもう4回もやっているので、すんなりと、感じました。おもしろいもんだね。



3月3日(木) ライブ 19:30〜 1000円
     puyo(as)+酒井美絵子(ds)+G子(g) 
      + ガイ(g)
  
なんと、「名古屋の天皇」とも呼ばれるガイさんをお呼びしました!ぎゃひ〜ん!すごく楽しみだけど、ドキドキもんだな。酒井さんは不思議なドラマーで、なんかちょっと違うドラミングをする。それがおもしろくて、4回目の競演。一緒にやっていると本当に楽しい。予想を超えて叩いてくるし、来てほしいところで来てくれる。でもなんか妖しい音も出てくる。
  

       
ガイさんとの初共演どしょっぱつ、デュオで、いやはや、もう、う〜ん!おもしろかった。いろんなことがどんどん湧き出て、よかった。ガイさんに感心。ガイさんと酒井さんのデュオは、おもしろかった。ガイさんの本領発揮だった。2部は、ガイさんの朗読、その後全員で。ガイさんに圧倒されてしまったな。ガイ節炸裂!
お客さまも大御所揃いで、うれしかった。ありがとうございました!


2月19日(金) ライブ 19:30〜 1000円
   坂田こうじ(ds)
   新井田文悟(b)
   puyo(as)


昨年9月の演奏がおもしろかったので、また再演を。ドラムの坂田さんが熱く燃える。


ぐははは!昨日のライブ(坂田こうじ(ds)+新井田文悟(b)+puyo(as))おもしろかったぜい!一人で練習していると、どうも音がさえん、と思って気持ちが晴れんかったが、ライブになるといい音が出せた。どうも本番になると、力いっぱい吹いてしまって、練習の時とは違う音が出てしまうんだな。で、(バンド)全体の音量のバランスがくずれたり、音程がずれたりするな。ま、音自体は良くなると思うけど。いろいろ、いろいろ、試していくのはおもしろいな。文悟、坂田さん、ありがとう!
お客様、本当にありがとうございます。


2月14日(日) ライブ 19:00〜 投げ銭
    ほりのみほ
    三浦史洋
    BABY STAR
     サポートメンバー : puyo(as) G子(g) 中西健雄(per)
   
歌っていないと生きていけなさそうな、ほりのみほをゲストに迎え、三浦さんが自分の世界を披露。楽器奏者としては素人の域を出ないが、元役者の表現力は本物。BABY STARも対バンで力添え。



三浦さん、さすがだ。やっぱりこういうことをするために生まれて来たんだね。ほりのさんもだな。実はとっても純粋なんだ。BABY STARは、安定しておもしろい。
しかし、私は本番になると過度に緊張してしまうな。そしてあせってしまうな。もっと冷静にやらないといけないな。でも、自分だけのフレーズは追い求めたいな。



1月31日(日) ライブ 19:30〜 1000円
   「御器所博愛化計画」
    LOVELESS

    
puyo(as)+十三(ds)+G子(g)
 
 
  

    
根っからのロッカー三人がやっているLOVELESS、とっても好感を持っているよ。なんやとの縁も深い。そのなんやでの初ライブ、きっといいライブになるだろう。
対バンには、フリーインプロヴィゼーションをやらせたらピカイチのドラマー十三。曲をどんどん展開させていく力のある人。puyo(私)とG子と共に。ずっと前から一緒にやってみたかった!



LOVELESSは、勢いがあって素晴らしく、なんやに対する愛情に満ち溢れていてとっても嬉しかった。なんや初のダイブも見れたし。初だ、もう無いかもしれない。写真撮っておけばよかった。
私達はというと、おもしろかった。やってよかった。ちょっと演奏に自信が持てない日々が続いていたので、といっても楽天的な私なので、ようやく人並み程度な気もするが、また吹っ切れた。頑張ろう。G子もフリージャズがうまくなってきたと思うよ。何といっても十三君だ。本当におもしろかった。いいなあ。最近、いろんなドラマーとやれて幸せ以外の何物でもない!
それにしても、みんなよく飲むなあ。ありがとう!



--次は、なんやでのライブではありません。場所は、得三です。---------
1月4日(月) ライブ 19:00〜 2500円
  
「新春お年玉ライブ2016」
   バレーボールズ[森田裕(vo.per)横山一明(vo. g)渡辺のりお(g)石渡岬(tp)武山信吾(b)坂井カバ男(ds)]
   
ぶよぶよ市昭和区文悟町[puyo(as)G子(g)新井田文悟(b)丸市(ds)]
   FUZZY HEAD[ミゲル(g)古市響平(g)村上聡志(b)鳥居亮太(ds)]

  
――――――――――――――――――――――――――――


たくさんの皆様にお越しいただき、たくさん飲んでいただき、ありがとうございました。ライブはというと、私は、思いっきりやってしまいましたぜ!深いことは考えず、楽しい思いついたフレーズをどんどんやりました。ピッチが悪いのが難でござるな。千葉さんに言われました。今年の(前からだけど)目標だな。