店主 puyo のライブ2015年まで    2016年   2017年


---------------------------
以下は、過去のことです

日付の新しいものから順に昔にさかのぼります。

2015年

--次は、なんやでのライブではありません。場所は、得三です。---------
12月2日(水) ライブ 19:00~ 前売2500円 当日2800円 @得三   
   KABU CHAN NO END
     [夢野カブ(vo.g)Itoigawa(g)青酸カリ子(b)中西健雄(per)杉山章二丸(dr)puyo(a.sax)]
    
――――――――――――――――――――――――――――
  
得三で、KABUCHAN NO ENDのライブでした。予想を遥かに超えたお客様にお越しいただきありがとうございました。楽しくできたのではありますが、他人の評価は気になりますね。自分だけ良ければいいというもんではやっぱりありませんので。聞いてもらうためにやっているので。
どうだったんでしょうか?
音感がないという最大の問題を何とかしていきたいのですが、能力の問題だからなあ、なんともならんかもしれないなあ。
私個人の感想です。バンド全体では、いいメンバーが集まっておるなア、と思っています。



12月1日(火) ライブ 20:00~ 投げ銭
    戸田裕久(b)
    笠井 亨(b)
    
エレクトリックベースとコントラバス。インプロとコンポジション。時々エフェクト、シンセかも。ベーシストが2人ステージで、とにかくいろいろやってみます。思ったより、口当たり優しいかも。ぜひお試しください。(戸田)

     
戸田君と笠井君のライブでした。この二人はなかなかにおもしろくて、あまり派手さはないのですが、じっくりと世界に浸れます。これがいいです。最後の1曲、私も混ぜてもらい三人でやりました。他の人の音をよく聞いている二人なので、とってもおもしろく緊張しました。ありがとう!

11月26日(木) ライブ 19:30~ 1000円
     puyo(as)+酒井美絵子(ds)+G子(g) 
      ゲスト :  小野浩輝(electronics)
  
酒井さんは不思議なドラマーで、なんかちょっと違うドラミングをする。それがおもしろくて、3回目の競演。一緒にやっていると本当に楽しい。予想を超えて叩いてくるし、来てほしいところで来てくれる。でもなんか妖しい音も出てくる。曲もG子を交えてやります。そして、スペシャルゲストがあります。小野浩輝さん。私は初共演。前からやってみたかった!すごくいいセンスの持ち主!

むむむ、なかなか思うようにはいかん。終わってから後悔しきり。昨日は、今池方面へライブスケジュール配りに行って、2軒でちょっと飲んで機嫌よくライブに臨んだんだけど、調子よすぎたかな。たまには、そういうのもいいのかもしれないが、強引だったかもしれないし、もっと強引でいきたかったところもある。もっとおもしろくできるような気がしています。酒井さんは、やっぱりおもしろいし、それを活かせるような展開をちょっと忘れていた。G子とやった2曲はおもしろかった。後半、小野君とは初共演で発想が次々と出てきておもしろかったんだが、私の発想はいつもおんなじで自分でがっかりした。


11月17日(火) ライブ 19:30~ 予約2500円 当日2800円
    オトナの音遊び vol.3
     ~インプロから見出す音楽の起源~

     Seki Show(g)
     
臼井康浩(g)
     真都山みどり(vo)
   
インプロヴィゼーションは、でたらめをやっていると言ってもいい。しかし、そこから音楽は生まれるのだ。どんなに構成された楽曲でも、最初の発想はインプロからのものだし、原始の音楽もインプロであったわけだ。音楽はインプロから始まっている。インプロは作曲の連続だ。でたらめとも言える自由な発想が、インプロの醍醐味だ。そうしたことを確認し、楽しむライブです、きっと。(puyo)

音遊びというタイトル通り、いろんなジャンルで、いろんな人が参加したりで遊んでいる感じだった。ホストの関さんが盛り上げていって、楽しくできたんじゃあないかな。私にも、1曲お誘いがあって、「味噌煮込み」というタイトルとミソレ・・というフレーズをキーにしての演奏。おもしろかったよ!あとで、私よりちょっと年上のお客様に「サックスよかった!感動した。」とか言われてウソばっかりと思いつつもうれしかった。



11月16日(月) ガンガーにて カレー&ライブ
日進市のガンガーへ行って来ました。眼我さんの今は閉めているカレー屋さん。月1回のカレー&ライブ会に呼んでいただきました。10数分、サックスのソロをやりました。おもしろくできたかもしれない。なんやと同じく三角形の建物で、響きがよかったな。
それよりも、カレーがおいしかった。野菜カレーとチキンカレー、どちらもおいしく幸福でした。
そして、何より、眼我さんの歌をたくさん聞けたのが楽しかった。さらには、眼我さんの多彩さに触れたこと。詩集、童話、CDなどいただいてきました。絵も描くんでした。様々なことをやっている人なのでした。



11月3日(火・祝) ライブ 19:30~ 1000円
   
「ぷよの日vol.19」
    大石みつのん from福岡
    TOKO(ベース弾き語り)
    白木ちひろ
    puyo(as) 他
    中西健雄(語り)
   
19回目の「ぷよの日」は、なんや2回目ソロでのライブ2回目のTOKOさんと、なんや初のなんや従業員の白木ちひろさん、そして福岡から大石みつのんさんをゲストに迎えおおくりします。TOKOさんの前回のライブおもしろかったよ。ちひろさんは何をやるのかな。大石みつのんさんの紹介は以下に。
   
(大石みつのん)
カメレオン・ヴォイスと称される七色の声と独特に適当なギター、JazzBluesRockn’Roll・歌謡曲、好き嫌いなく良く噛んで、SWINGのリズムに乗せて吐き出す。2007年、ちょい濡れボーイズ”VoGとしてGet Hip RECORDSより『Swingin' and Truckin'』を発表、世界中のコアなRoots musicファンから熱狂的な支持を受ける。その後アコーディオン・スウィング・トリオ“MADOKA Playboys”での活動を経て2010年頃より平成のボードビリアンとしてソロ活動を開始。ゆりかごから墓場まで、人々の泣き笑いを演出する1973年生まれの不惑の男。右投右打。

昨日のライブ、「ぷよの日」でした。そうそうたるお客様にお越しいただき、感謝に堪えません。まったく緊張しましたぜ。「ふう」の小川さんが来れなかったのは残念。
ちひろさんからスタート。初ライブの緊張感がおもしろかった。ただ根が変わっているだけに意図したところかもしれず、わからない。音程とリズム感バッチリでうらやましい限り。わたしにそれがあれば、ああしてこうなってとか・・・・・。最後に「おおブレネリ」をデュエット。うまくいったぜ、皆様の手拍子に感謝。
そして私、今回はソロで。15分くらい。まったくの即興。どんな感じにするかも決めずにスタート。最初の音がGだったので、しばらくそのままの指使いのままで、口だけで音を変えて楽しむ。どのくらいの変化がつけられるかに挑戦。やっとその縛りから解放されると、自由だった。最後はメロディアスにして終わる。ちょっと構成に難ありだったな。 起承転結がちゃんとあったほうがいいんだろうな。
TOKOさん、2回目で、緊張もぬけて、曲をブリブリやっていた。いい曲たちだ。私は仕事に戻ったので全部は聞けなかったけど。
大石みつのんさん、アウエー感いっぱいの中、おもいっきりやっていく。つらぬく。お客さんもいい印象を持ったことだろう。声はおもしろいし、ギターもうまいし、臨機応変さもあってたのしいライブだった。
中西くんの語りは、時代劇がテーマ。おもしろかったよ!時代劇は形式美がしっかりしていておもしろいよね。たまにみるとおもしろいなあ、って思う。銭形平次を1曲吹く。
ライブ終了後も、濃ーい一日でした。



10月30日(金) ライブ  19:30~ 2000円
    KABUCHAN NO END
     [夢野カブ(vo,g)&ITOIGAWA(vo,g)(fromスキマノザラシ)+青酸カリ子(b)+杉山章二丸(ds)(ex.ザ・タイマーズ)+中西健雄(per)+puyo(as)]

   
テクニックや才能なんていともたやすく蹴散らせた、あの日のロックバンドの初期衝動をものの見事に蘇らせてNO END が発情するぜ!
グルーヴって知ってる?浮世で一番気持ちいい時間のことさ。そいつをお座敷に充満させるから一緒に渦巻かれてみるってのはどうだ?!まさに終わらない君の宴の始まりの切欠に KABU CHAN NO END 発射!!(夢野カブ)


  
KABUCHAN NO END、楽しかった!相当凄いバンドだ!昨日は杉山章二丸さんのはじけ方がすごかった。暴れまくりで、ぷぷ、楽しかった。私も暴れさせて貰った。いい顔ぶれが集まったものだぜっ。ぎゅうぎゅうでめっちゃ狭かったけれどそれもまた楽し!
いろんな曲をやるとおもしろくて、しかもいい勉強になる。



10月24日(土) ライブ 19:30~ 1000円
   『ブルースの向こう側』
    虹色電鉄
    ぶよぶよ市昭和区文悟町[puyo(as)+G子(g)+新井田文悟(b)+丸市(ds)]
    
 
虹色電鉄のメンバーは三人。ぶよぶよ市昭和区文悟町のメンバーは四人。しかし、虹色電鉄+ぶよぶよ市昭和区文悟町=六人。何故か!?答えはライブで‼!(文悟)

  
ぶよぶよ市昭和区文悟町。いやあ、うまくいったかも。私は。思いっきり行けたかな。ちょっと口がもたなかったけど。虹色電鉄は、すごーくよかった!今まででいちばんよかったかも。三人の個性がよく光っていたね。


9月25日(金) ライブ 19:30~ 2000円
   夢野カブ(vo,g)+αフレンドピロゆき(sax.etc)(ピロゆきさんは、出演できなくなりました。9/10)
     ゲスト :
 puyo(as)  青酸カリ子(b)
    
今月のカブちゃんは、ソロでの登場。ここに前回ゲスト参加したピロゆきがサックスなどを使って加わる。ロックなピロゆきがカブちゃんに襲い掛かる。カブちゃんはどうだ?
ピロゆきさんが参加できなくなりました。代わりにゲスト加わります。


いつもながらの熱唱でたいしたものだ。あんだけがんばっていることが、ロックだ。ゲスト参加させてもらっている私もがんばってしまうね。カブちゃんとやるのは楽しいんだよ。そういう姿勢こそがおもしろいんだな、おもしろさの源泉はそういうところにある。音楽性とかは二の次。

9月18日(金) ライブ 19:30~ 1500円
    Wコージ [ 野道幸次(ts、ss)+坂田こうじ(ds) ]
     ゲスト : 新井田文悟(b)
           puyo(as)
      
W
コージ(野道幸次sax 坂田こうじdrumsDUOをベースに、毎回、多才なゲストを迎えておくる。即興音楽。
第6回目のゲストは、なんや店主であるPUYOさん(sax)と相棒の新井田文悟さん(bass)です!
ともだちふえるかな?



なんかとってもおもしろかった!やっぱりおもしろくないとね、インプロヴィゼーションは。坂田さんのあんなに荒々しいドラミング、初めて聞いた。野道さん、うまく絡み合えて楽しかった。


9月5日(土) ライブ 19:30~ 1000円

    ぶよぶよ市昭和区文悟町[puyo(as)+G子(g)+新井田文悟(b)+丸市(ds)]
     ゲスト : 外山一吉(g)
           小埜涼子(as)

        
天真爛漫で自由奔放なドラマー丸市といつも自由でいたいサックスpuyoのユニット「ぶよぶよ市」のバンドバージョン。メロディアスなベースを弾く文悟とロックギタリスト、メロディメーカーG子が加わる。今回はさらに、爆発的ギタリスト一吉と狂気のサックス小埜をゲストに迎え、どこまでもどこまでも自由に突き抜ける!

 
憐れみが効いてか、11名も来てくれました。よかった!ありがとうございます!
前半は一吉君、後半は小埜さんをゲストに迎えてのライブでした。お二人とも持ち味を発揮してくれてとてもよかった!存分にやってくれて、ありがとう!そして、曲を、バンドを、そして私を引き立てるようにがんばってくれて、ありがたい限りでした。すごいゲストたちでした。まったくの大満足でした。
久しぶりの丸市さんとのライブすごかったですね。G子も伸び伸びとしていて、文悟くんもよかったし。
自分はといえば、ミスのことはさておき、いい感じでできたところは結構ありましたし、そりゃあ小埜さんと比較されやすい状況のライブでしたから、比べれば全然だめでもありましょうが、それによりよくわかったこともいっぱいあって、ますます次がたのしみです。



8月20日(木) ライブ 19:30~ 1000円
    佐賀優子(vo)+ShinoX(g)
    puyo(as)+酒井美絵子(ds) ゲスト : G子(g)

  
  

自分が本当にやりたかったことを実現できそうな時、それに飛びつくのは当然。それが私にとってのこのライブだ。
おもしろくなるかは、やってみないとわからないし、五里霧中ではあるけれど、なんとなくうまくいきそうだ。
一点のくもりもないライブをお届けするつもり。ぜひ、聞きに来てくださいませ。
対バンには、中京テレビミュージックアワードでグランプリ獲得の佐賀優子とShinoX。

佐賀優子プロフィール
1984年7月23日山口県生まれ。北海道大学に入学し、哲学を専攻。
この頃から音楽活動を開始し、独学でピアノをはじめる。素朴なピアノと語るような歌という、現在のスタイルでのライブ活動がはじまった。
在学中にもかかわらず、多い時は月に10本以上のライブを行い、東京、大阪、名古屋等、北海道外でツアーも行っていた。
卒業後は東京に移住し、マッサージ店と喫茶店という、自身が大好きな仕事をしながら活動を続けた。石川浩司(ex.たま/パスカルズ)、関島岳郎(栗コーダーカルテット)らとの共演を通し、バンド、デュオ等さまざまな活動スタイルに幅を広げる。
2011年に愛知県に移住。2013年、「中京テレビ・ミュージックアワード〜未来予報〜」で、応募数162組の中からグランプリに選ばれた。JUN SKY WALKER(S)ベーシストであり、『ゆず』、『植村花菜』らのプロデューサーとしても名高い寺岡呼人氏のプロデュースで今年CDデビューが決定している。
なお、現在名古屋市名東区のリラクゼーションサロンにてセラピストとして勤務もしている。
佐賀優子blog URL http://blog.livedoor.jp/myumyumyumy/
youtubeにて「佐賀優子」で検索すると、歌詞付き動画閲覧できます。




昨日のライブは、楽しかった。本当に楽しかった。もっとああしたい、こうしたい、とかはあるけれど、そしてお客様がどう思われたかという心配はすご~くあるけれど、ああそれに、単純な失敗も数数ありましたけれど、気をつけなくてはいけませんが、それでも、よかったかなあ。
お越しいただいた皆様、ありがとうございました!(写真は山路さん)



8月14日(金) ライブ 19:30~ 1000円
    「ぷよの日vol.18」
     
あきこ(笛)
     あがっとる(ベース弾き語り)
      puyo(as)+小林雅典(g)
     中西健雄(語り)

     
「ぷよの日」は店主主催のイベントで、おもしろそうなことをやってみる、試してみるのを基本とした日。完成度は低くても、出合頭のおもしろさやその後の発展を予見する楽しさを味わう日。今回は、ソロでの初ライブのあきこさんと、やはりソロ初ライブのあがっとるさんのライブが見ものです。

あきこさん、音がとてもきれいだった。実に堂々としていて、いい演奏だった。初ソロライブとは思えない。あがっとるさん、こと、トコさん、こちらも、素晴らしい演奏。曲もよかった。気迫みなぎるものだった。中西くんの語りは、私は、仕事にもどるので、なかなか聞けないのだけれど、うけていたな。
小林雅典くんのソロ、なんやでは、ドラム入りのセットがほとんどだったので、静かな演奏は、初めて聞いた。イーボーを多用した演奏で、さわやかだった。私とのデュオは、やっていてなかなかにおもしろかった。私が、自由にやれたし、所によってうまく合わせることもできて、幅が広かったと思う。相手に自由を与え、また自分も自由である、そういうことができる人だった。
お越しいただいた皆様、ありがとうございました!


7月31日(金) ライブ 20:00~ 投げ銭 (急遽、決定しました。なんやマンスリーライブスケジュールには載っていません)
    戸田裕久(b)
    笠井 亨(b)
    
エレクトリックベースとコントラバス。インプロとコンポジション。時々エフェクト、シンセかも。ベーシストが2人ステージで、とにかくいろいろやってみます。思ったより、口当たり優しいかも。ぜひお試しください。(戸田)

ぶほほ、戸田君と笠井君のライブに参加させて貰ったぜい。この二人とはいつかやって見たかった。絶対楽しそうだもの。そして、楽しかった。ちょっとまとまりに欠けた気はするけど、そういう先が見えない感じも楽しいもんだし、想像を超えたおもしろさになることもあるから、いいんだよ。びっくりすることが戸田君に対しても、笠井君に対してもあって、おもしろかった。自分の演奏はまだまだであるな。ま、もともと才能がある人じゃあないから仕方ない。けれど、やるよ。私の場合、音楽は人よりもずっと劣っているところからのスタートだからな。相当不利な戦いだ。普通はしない。マイナスからのスタートは、バカじゃないとできないよなあ。


7月15日(水) ライブ 20:00~ 2000円
    スーマー(vo,g,バンジョー)

     
先月に引き続き、スーマーさん登場!
のびやかな穏やかな朴訥な声はじんわりと心に響いてくる。スーマーさんのライブは、心の休日だ。映画「深夜食堂」でも使われたスーマーさんのバンジョーは曲間の語りにも彩りを添える。なんやでしか見れないpuyo(なんや店主)のサックスとの共演も、わずか数曲ではあるが見所だ(といいな)。(puyo)
スーマーさんの歌は、眩しい朝日の如きフォークやブルース。中域の透明感溢れる声が、心地良い浸透圧で心に忍び込んで来る。ギターや四弦バンジョーに乗せて、遠い記憶の断片が紡がれていく。風や波のように何時迄も耳の奥で鳴ってる音楽。寂しさが静かに疾走する浅川マキのカバーも白眉。なんやのお座敷で堪能ください。(さかい)

昨日のスーマーさん、いい歌だ。言葉が染みる。声がまたいい。ギターもバンジョーも歌を生かすという意味で本当に上手い。まったくばたばたしないで安定しているよ。じっくりとしたライブでした。
私も2曲参加させてもらいました。「雨がひらひら」、好評でした。やったあ!いい曲なのでやりがいがある。「死んだ男の残したものは」いい曲、谷川俊太郎さんの詩がすごい。私はちょっと空回り気味。不評でした。残念。ちょうどタイムリーな曲でもありました。きのうこそ、私も国会前に行きたかった。何もしないで済ますわけにはいかないもの。憲法のこと、安全はどうしたらもたらされるのかのこと、民主主義のこと、私は、これまでに読んだ様々な文以上にうまい事書けないので、書きません。問題は広範囲にわたっているね。NHKは生中継しなかったり、国立競技場の見直しをここでいいはじめたり、興味深い。



6月12日(金) ライブ 19:30~ 1000円
    「ぷよの日vol.16」
     puyo(as)+酒井美絵子(ds)
     ISAMU(詩の朗読/詩的表現)

     
眼我 真(唄とギター)
     小林家(コバレレ(ウクレレ他)+めめ(舞踏))
     Mr.F(ザッパ1人唄ヒ)
     中西健雄(語り)

  
   
   
(ISAMU・眼我真・Mr.Fの写真:林 裕己)
「ぷよの日」は店主主催のイベントで、おもしろそうなことをやってみる、試してみるのを基本とした日。完成度は低くても、出合頭のおもしろさやその後の発展を予見する楽しさを味わう日。今回は、詩人のイサム君と彼の推薦する仲間を迎え、さらに私は全くの初顔合わせの酒井(ds)とのデュオ、中西の語りで締める。
【タイムテーブル】
19:30ー20:10 ①puyo(as)+酒井美絵子(ds)
20:10ー20:20 転換&休憩(10分)
20:20ー20:35 ②ISAMU(詩の朗読/詩的表現)
20:35ー20:50 ③Mr.F(ザッパ1人唄ヒ)
20:50ー21:05 ④新・小林家(コバレレ(ウクレレ他)+めめ(舞踏他))
21:05ー21:25 ⑤眼我 真(唄とギター)
21:25ー21:40 転換&休憩(15分)
21:40ー22:10 ⑥中西健雄(語り)

うひほ、昨日のライブはめっちゃおもしろかった。全部!
まずは、私と酒井美絵子さん。初手合せで、始めるまでどうなるか予想できないまま、始める。ただちに全開ばりばり。そのまま30分行き続けてました。私は途中、ドラムソロを入れたのでその間数分休憩。その間も酒井さんは全開!全開1本勝負でした。あー、おもしろかった!その後、静かなものを5分やろう、ともう1曲。こちらもとっても気持ち良くできました。いい感じだった。酒井さん、若くて元気があっておもしろい人でした。一緒にできてよかった。
ISAMUくん、おもしろかった!テンション高くいいもの見れました。Mr.Fさん、ちゃんと見たのは久しぶりだったのですが、いつの間にかとっても上手になっていてびっくりしました。小林家、穏やかでしっとりしていていい感じ。眼我さん、やっぱりすごいや。初めて見たお客さんは、びっくりしていましたね。中西くんの語り、鶴舞公園について、みんなじっくり聞いていましたぜ。
お越しいただいた皆様、ありがとうございました。
   


6月5日(金) ライブ 20:00~ 2000円
    スーマー(vo,g,バンジョー)

     
スーマーさんの歌は、眩しい朝日の如きフォークやブルース。中域の透明感溢れる声が、心地良い浸透圧で心に忍び込んで来る。ギターや四弦バンジョーに乗せて、遠い記憶の断片が紡がれていく。風や波のように何時迄も耳の奥で鳴ってる音楽。寂しさが静かに疾走する浅川マキのカバーも白眉。なんやのお座敷で堪能ください。(さかい)

スーマーさんは、本当にいい声だ。しみじみとする。
私も2曲参加させていただきました。楽しかった。ほんと、楽しいわ。やるたびに、いろいろ課題がでてくるけど、それもまた良し、としよう。


--次は、なんやでのライブではありません。場所は、得三です。---------

5月20日(水) ライブ 19:00~ 前売3000円 当日3500円
   『激情スウィング2015~カバレットへようこそ~』
    山田晃士 & 流浪の朝謡
     [山田晃士(vo.g)福島久雄(g)早川岳晴(b)ロジャー高橋(ds)渡辺隆雄(tp)田ノ岡三郎(acc)]
   KABU CHAN NO END
     [夢野カブ(vo.g)Itoigawa(g)青酸カリ子(b)中西健雄(per)杉山章二丸(dr)Puyo(a.sax)]

   

満員のお客様で、うれしかったです。皆様、ありがとうございます。KABUCHAN NO ENDに参加させていただきました。カブちゃんありがとう!
不思議とあまり緊張もせず、自然体でやれました。空回りすることもなく。すごく楽しかった!

おまけに、渡辺隆雄さんとホーンセクション、もできまして、舞い上がりました。しかし、低いドのシャープが低すぎる、という問題はなんとかしなくてはいけませんな。いつもは音程がばれるような使い方をしないのですが、アンサンブルとなると如実でした。
バンドも素晴らしい出来だったような気がします。
対バンの、山田晃司&流浪の朝謡、は大好きですので、リハーサルから見入ってしまいました。あれで緊張が解けたような気がします。自分の出番の後は、早くかたずけて、最初から客席で見ました。すばらっしいい!しっかり楽しみました。

  


4月18日(土) ライブ  2階開場18:30 開演19:30 2000円
    小山彰太(ds)

    
柳川芳命(as)
    
私が初めてジャズを聞いたのは、山下洋輔トリオ「アンブレラダンス」だった。これを聞いたからジャズにのめり込めた。当時のこのトリオのことは、ここで書かなくてもいいよね。そのドラマーが小山彰太だったわけで、私の中で一躍有名人になった。それから35年、なんやで本物のライブだ!

うほほーい、なんとなんと、小山彰太さんと柳川芳命さんと一緒にやってしまった。小山さんとはもちろん初めてなのだけれど、柳川さんとも初めて。すばらしい体験だった。
なんか本当におもしろかった!私の音に反応してくれて、そして私も反応して、楽しい事この上なし。どきどきしました。演奏中は、すごく集中するので、いろんなことを考える。無心でもあるけど。時間が長く感じる。あっという間でもあるけど。
ライブ終了後は、和やかな雰囲気で、お話ができてこれまた嬉しかった。小山さんに(柳川さんにも)「(なんやは)音がいいね。」と言われて、(私のせいではないが)嬉しかった。



4月17日(金) ライブ 19:30~ 1800円
    
ナベジ(vo,g)from スランキーサイド)
   
puyo(as)+バードストライク☆ピロゆき(tp)+Chihiro(ds)

       
1991年より活動を続ける日本語トリオロックバンド、スランキーサイドのVocal&Guitarナベジ。
アコギ弾き語りについても同じく、91年よりバンドと並行して活動。
2013年冬からは、ギターをNationalのリゾネ-ターへと持ち替え、日本語によるオリジナルブルースを唄う。
スランキーサイド オフィシャルサイトhttp://www.slunkyside.net/


      
puyo(as)+バードストライク☆ピロゆき(tp)+Chihiro(ds)初顔合わせの三人の織り成す心のヒダヒダの人間模様な演奏、そして結果な音楽、さらなる野望へ昇華する思惑。すべての知性が輝くときは、来る。すべての感覚は輝かしいか?

気合十分で、ノリノリでぶっ飛ばしていた。お客様も盛り上がって、とてもいい感じだった。飲みも、みんなすさまじかった。
水野くんとChihiroさんと私の方は、どうだったかな。初顔合わせのおもしろさがあったな。Chihiroさんは、ロックドラマーだから、意外な展開があっておもしろかったし、ぴーちゃんもロックな人なので、芯が固くて刺激をいっぱい受ける!なので、楽しかったのだ。聞いている方々には、迷惑かけてしまったかな。ありがとうございます。



4月12日(日) ライブ  19:30~ 1000円

    puyo(as)+G子(g)+新井田文悟(b)

    外山一吉(g)

     
遂に伝説のギタリスト、一吉君が登場!彼のギターは素晴らしいです。一緒にできるかと思うとわくわくです。

ライブにお越しいただいた皆様、ありがとうございます!ともちゃんちずるさん、ライブと知って2階に上がっていただきましてありがとうございました。まえださんありがとう。そしてたくさん飲んでいただきありがとうございました!米Yさん、興味を持っていただきありがとうございました。
演奏はどうだったんかな。アドリブには結構満足しています。私は、アドリブ至上主義なので、アドリブがよければ満足だし、よくなければだめです。昨日のわたしより常にいいアドリブを今日の私はしなくてはいけない。アドリブは、本当に楽しいです。聞いてくださる方からみたら、相も変わらず、だったり、つまらなかったりするのかもしれませんが。毎度同じようなライブにつきあっていただいているのかな。あと、曲の決めとかは、うまくいかなかったかな。
一吉君は、いいギターだった。さすがだ。一緒にやれて楽しかった。特に一吉くんが歌った曲はうまくいったね。
さあて、録音聞いてみるか。たぶん、あまり良くないんだろうな。



3月25日(水) ライブ 19:30~ 2000円
    華村灰太郎トリオ
     華村灰太郎(うたギター)
     今福知己(コントラバス)
     つの犬(ドラムス)
    夢野カブ
(vo,g)+ほとんど青酸カリ子(b)+ちょこっとだけpuyo(as)
   
時には激しく吠え、時には深く揺れる。
そんな灰太郎の歌に反射し呼応しながら時には歌を追い越して行くリズム隊。
まるで阿修羅のごとく変幻自在にリズムを叩き出すドラム。
金剛力士のごとく顔面でベースを奏でる男。
三人の音が転がった先に天国が!?
百聞は一聴にしかず!
一見の価値あり!


お客様が少なかったのですが、HDS君やKT君が来てくれたので、盛り上がりました。出演者が、自分がやらない時は観客にまわるので、ひどく濃い客層となりました。めちゃめちゃ濃い!
それにしてもいいライブでした。こういう言い様は好きではないのですが、見なかった人は損してる。見れた人は得した。
華村灰太郎トリオは、すさまじかったですよ。3人の個性が炸裂していて、素晴らしいバンドになっています。
夢野カブちゃんソロ、デュオ、一時トリオ。カブちゃんはいいね。カリ子も初めてのデュオだったんだけれど、まったく安定していていいじゃん。私は、ぷぷぷ、やりやすい曲を与えてもらったので、やりやすかったよ。ありがとうね!



2月14日(土) ライブ 19:30~ 500円
    「ぷよの日vol.17」
       なんやの住人と過ごすバレンタインデーの夜

     マスク・ド・カラス[マーニャ学(シャカチャカシャカチャカ)(g)+たけし(The 5pm)(vo)]改めコガラモーンズ
     BABY☆STAR[Bickyとせいや]
     三浦史洋(g) G子(g) puyo(as)
     中西健雄(語り,per)

       
酒宴の席で決定したライブ。Bickyさんが手際よく決めていきました。初顔合わせの異色コンビ「マスクドカラス」、あの二人です。それ以外に、1年ぶりライブの三浦さんを、Bickyさんのゲストに。中西とG子と私も巻き込む。三浦さんはそれ以外に、自分中心でもやろうと思案中!他にも企画進行中!盛りだくさんで笑い満載になりそうだな!

とっても盛りだくさんな内容でした。転換がたいへんでしたが、まあなんとかなったかな。終了時間がおそくなっちゃいました。
まず、私は、思ったよりうまくいってびっくり。完成度はとんでもなく低いんですけれどね。いろいろやってみると楽しいですね。常に前向きに進み続けられればいいな。失敗でもなんでも。
マスクドカラス、改め、コガラモーンズ。新ユニット異色の組み合わせ。たけしくんと学君。おもしろかったよ。普段やらない人とやってみるのは、すごくいいことだと思う。新たな発見とかきっとあるんだと思う。
BABY☆STAR。bickyさんの声は独特できれいです。せいやくんのギターソロ、手品、堂に入っています。せいや君は、おとうさんのリズム感、おかあさんの音感を受け継いでいて、それじゃあ最強じゃあないか!
そこへ三浦さん、中西くん、G子、私が入って、2曲。これは、三浦さんのサポート。ちょうど1年前に初ライブをした三浦さんの2回目のライブ。bickyさんが、1年経ったからと誘ったライブ。ソロを延々とやっていました。初心者の方はソロをすぐやめたがるのですが、そうでない三浦さんの根性に脱帽。
G子が、昨年暮れになくなられた元ガロのマークさんの曲「ロマンス」をbickyさんと中西くんと3人で披露。マークさんに対する思いの強さが伝わりました。
三浦さん、詩の朗読。元(?)役者だけあって声も出るしおてのもの。
で、やっと中西くんの語り。バレンタインにちなんだお話。



--次は、なんやでのライブではありません。場所は、得三です。---------

2月7日(土) ライブ 19:00~ 前売当日とも 1800円  @得三
      まりも
      ぶよぶよ市昭和区文悟町
        [puyo(as)+G子(g)+新井田文悟(b)+丸市(ds)]
       
ゲスト:ダイオン(bs)
      
お越しいただいた皆様、本当にありがとうございました!全員のお名前をあげたいくらいです。得三の皆様、対バンのまりもの皆様、ありがとうございました!
いやはや、ライブは難しいですね。なかなかコントロールできませんね。だからこそおもしろいのかもしれません。一本調子になってしまう恐れがあるほどの全開バリバリなバンドなので自分のソロがすべて一緒になってしまっていたかもしれません。気をつけているんですけど、皆にあおられると、というか自分からなっていくんでしょうけど、一気にグワってなってしまうのですね。
まりもは、本当にいいバンドですね。めちゃ楽しみました。
写真は、bickyさん提供
 
----------------------------------------------------------------------------------------------------



1月17日(土) ライブ 19:30~ 1000円
    ひだかしんや ゲスト:森智秀 他
    ぶよぶよ市昭和区文悟町[puyo(as)+G子(g)+新井田文悟(b)+丸市(ds)]
       
photo by bicky
ひだかしんや、名古屋きってのロックシンガー。押しの強い声で圧倒してくるが、曲は繊細。
ぶよぶよ市、我ながら、いいメンバーが集まったと思っています。自由で耳がよくて反応が早くて。おもしろい音楽をじゃんじゃん作っていきたいです!


演奏の方も、なんとかかんとか、がんばったのですけれど、課題も多数。
それにしても丸市さんすごい!ここ数年の演奏はまったくもってすばらしい!一緒にできてほんとうにうれしいです。都合により、当日のリハーサルができなかったので、丸市さんとの音のバランスにとまどいましたが、後半はいい感じになりました。そうしたら、マウスピースクッションが取れてしまうというトラブルが発生。取れちゃうと吹きにくくて弱りました。今回の課題の、口を締めすぎないという目標も、しょっぱなから霧のように消え去りました。
また、今回を糧に次回、がんばります。
ひだかくんと森ちゃんは、自由にのびのびしていて、楽しかった。ふだんよりずっとそうだった。最後のアンコールではご一緒させてもらい、私ものびのびやらせていただきました。ありがとうね!
あやみさんの歌もよかったよ!


2014年

12月16日(火) ライブ  19:30~ 2000円
    オトナの音遊び vol.1
     ~インプロから見出す音楽の起源~

     関将(g)
     臼井康浩(g)

     谷向柚美(voice)
       FBイベントページhttps://www.facebook.com/events/790031647715976/
       
専用予約サイトhttp://everevo.com/event/15867
     
インプロギターの第一人者 臼井康浩、ジャンル不問のロックギタリスト Seki Show がお届けする奇形ギターDuoによるフリー&インプロに、名古屋ジャズボーカル界を牽引する 谷向柚美 を加え狂気と美の交差する音世界をあなたも体験してみませんか?

いやはや、関さんらのセッションにお邪魔してしまいました。2曲も。お耳よごしでどうもすみません。自分にできることは最大限やるわけですけれど、聞いていておもしろいのかな、とかはいつも考えちゃいます。考えても仕方ないのですが、やることはきっとかわらないし。
関さん、臼井さん、柚美さんのセッションは、関さんのアプローチの仕方がおもしろくて、いつもとは違う感じになっていくので、興味深かったです。


11月22日(土) ライブ 19:30~ 1000円
    D.V.A デバ
      リメ:ヴォーカル・ギター(theバーナム)
      アキヒロ:[ピアノ、キーボード(A-FankSyndicate)
      ナカチャン:ギター(A-FankSyndicate)
    puyo(as)+G子(g)+新井田文悟(b)

  

パンクロックバンド「theバーナム」のリメが、アーシーなジャムロックバンド「A-Fank Syndicate」で活躍し20数年来のソウルメイトであるアキヒロ、ナカチャンと組んだトリオユニット。益々ラウドになってゆく「theバーナム」のアナザーサイドの露出を企んだリメの声かけにより、二人の賛同を得て結成。*リメとアキヒロは90年代theバーナム解散後、ドワイド、Jah-Weを共にした間柄。ナカチャンは名古屋初のグランジオルタナバンド「ラ・ラ・ブートレグ」の張本人。80年代からリメが書き連ねた珠玉のエキセントリックラブソングは勿論、theバーナムでもみられるシュールな詩世界、空間を自由自在するナカチャンのギター、アーシーかつ叙情的なアキヒロの鍵盤が織り成す唯一無比のサウンドが2014・11・22御器所「なんや」にて孵卵します
      
対バンは、なんや店主のユニット。

リメさんの新バンドD.V.A、よかった!リメさんの実力を肌で感じた。アキヒロさん、ナカチャン、の演奏も凄かった。こんないいバンドと対バンできて幸せだった。
私の演奏はというと、ちょっと荒っぽかったけど、のびのとやろうとしたのはよかったけど、空回りしやすいだろうとは思っていたけど、空回りした。といったところかな。



11月15日(土) ライブ 19:30~ 1000円
    発条仕掛
    オータムソードフィッシュ
    
この日は爆音ナイト!
お馴染み発条仕掛は、山口&スガノの個性派コンビ。ベース&ドラム2人の独特のアンサンブルに山口な詩の世界が拡がっていきます。
対するオータムソードフィッシュはなんや初登場。3ピースの彼らの出す音もこれまた爆音で。爆音の中にたくさん詰まった彼らの歌心や音楽への愛情。そういう彼らの世界観をお楽しみください。(まゆみ)


いやはや爆音でした。
オータムソードフィッシュは、活きがいいですね。勢いがありますね。それでぶっ飛ばせます。気持ちのいいバンド。
発条仕掛、ここのところ、いつもいいライブにになっています。安定感がありますね。こちらもぶっ飛ばすバンド。
両バンドとも人をひきつけるものがありますね。
発条仕掛の1曲目で、私もゲスト参加させていただきました。ありがとうございました!自分の音は自分では、かすかに聞こえる程度でしたが、どうだったんでしょう。録音していないので確かめようもないのですが。そんなこと(自分の音が聞こえない)は、爆音バンドではよくあることで、そういう時は勢い重視です。


10月31日(金) ライブ  19:30~ 1000円
    「ぷよの日vol.15」
     低音系女子アンスリウム
     中西健雄(per,語り)
     puyo(as)


     
低音系女子アンスリウムとは
3年に一度開催される名古屋ユーフォニアム&チューバフェスティバルにて各音楽大学の代表として知り合ったユーフォニアム森田千穂とチューバ小野友子が2012年2月『気軽に聴けるバリチューデュオ』をコンセプトに結成した低音系ユニットです。
洋楽アレンジから定番クラシック、オリジナルまでいろいろなジャンルの音楽を自らアレンジし、演奏しています。
低音系女子アンスリウム、あったかい雰囲気の演奏でした。なごみますね。ハロウィンということもあって、衣装も凝っていて、かわいい女の子ふたりで、そりゃあいいもんでしたよ。
中西くんの語りもよかったらしいです。私は聞けませんでしたが。
私は、課題はたくさんありますが、それはまあいつものこと。なかなかよかったのではないかと思います。
低音系女子アンスリウムのふたりと、中西くんは3,4曲、私も1曲一緒にやりました。一緒にやると仲良くなれていいね。


10月25日(土) かんちゃん七回忌飲み会 
    2500円飲み放題 つまみ一品持ち込み
なんやの創始者かんちゃんがなくなって早や丸6年。七回忌となります。これを記念してみんなで飲みましょう。2500円で時間無制限の飲み放題(閉店時間まで)。そして、つまみを持ち込んでください。どなたでも参加できます。余興をしてくださる方大募集。おもしろそうなこと、どんどんやってください。音楽に限りません。
     
かんちゃんは異能の人、怪人でありましたね。


なんやスタッフバンドで、
包茎ジョナサン(青酸カリ子(vo)、ちかこ(vo)、トトコ(vo)、ちひろ(鍵盤ハーモニカ)、G子(g)、puyo(as)、新井田文悟(b)、中西健雄(per))、
ベトナミーズ・ゴスペル(ちかこ(vo)、ちひろ(acc)、G子(g)、puyo(as)、青酸カリ子(b)、中西健雄(per))

をやりました。楽しく愉快にできました。声援も多くて、盛り上がりました。ありがとうございました!
宴もたけなわな中でしたので、
私は飲みすぎで・・・・・・・。


10月18日(土) ライブ 19:30~ 2000円
    スーマー(vo,g,バンジョー)
      
新作「MINSTREL」が、カルメン・マキ、堀込高樹(KIRINJI)、WCカラス、安倍夜郎(深夜食堂作者)などから賞賛されているスーマーさんが登場。安定感たっぷりで哀愁を残す歌は、まるで芳醇なウィスキー。優しくつま弾かれるギターやバンジョーと良く通るバリトンボイスで酩酊間違いなし。最高の夜をお約束します。(さかい)

スーマーさん、うっとりとするようなバンジョー、ギター、声でした。さらに磨きがかかってきました。新作CDは本当にいいし、ライブもいいし、素晴らしい。
津の方、早く帰らなくてはいけなくて途中で、すみません。
最後の1曲、ご一緒させていただき、ありがとうございました。割と抑え目でやってみたのがよかったかな。悪かったかな。そんなことより、麻衣ちゃんがコーラスで参加したのがうれしかった。久々の共演!



10月12日(日) ライブ 19:30~ 2000円
    人音協+早川岳晴(b)
      人音協〔真野一彦(ss.ts)ダイオン(ss.bs)puyo(as)G子(g)丸市(ds)
  
またまた人音協ライブができて幸せです。人音協、信じられないような個性が集まっています。おもしろいです。そして、何といっても”ベースゴッド”の早川さんと一緒にできるのが夢のようです。うらやましいような話です。この機会を逃してはなりません。おもしろい演奏になるようがんばります。

とっても楽しみにしていたこのライブ、やっぱり楽しかった。早川さんの凄さは、一緒にやればやるほど、身に沁みます。特に今回は、メンバーが一人一曲ずつ、自分のやりたいことを早川さんにやってもらうという企画があり、いやあ大胆な企画ですよね、自分のやりたいことを御大に押し付けるわけですから。私は、我が曲「絶望と歓喜の社交場」をやってもらいました。丸市さんにも加わっていただき、トリオで。ベースラインの凄さにあっけにとられていました。なんと自由自在!丸市さんも反応して自由自在!私も自由にできたな。こんな曲になるんだと感心しました!録音聞いてないけど。
他の曲もおもしろかったなあ。感心。


得三でのこのライブに2曲参加させていただくことになりました。―――――――――――
10月9日(木)18:00open 19:00start 前売¥2,500 当日¥2,800
 
 『Dawn of Groove!』
  ■KABU CHAN NO END
   [夢野カブ(vo.g)ITOIGAWA(g)青酸カリ子(b)中西健夫(per)杉山章二丸(ds)]

     
楽しいライブでした。私も2曲やらせていただきました。にぎやかし程度にはなったかな。KABU CHAN NO END いいバンドですね。
――――――――――――――――――――――――


9月27日(土) ライブ 19:30~ 1000円
    
BEND'S
    puyo(as)+G子(g)+新井田文悟(b)(当日急遽丸市(ds)さんが参加してくれました。)
      
店主おすすめのおもしろい若手バンドBENDS。
もう一つは、私のバンドなんですけどね。すごくやっていて楽しいのです。どんどんやりたいことができる感じがします。見に来ていただけたら最高にうれしいです。変な企みは今のところありません。

昨日の私どものライブにお越しいただいた皆様、本当にありがとうございました!いい思いができました。感謝します。幸せな気分の一夜でした。
Bend's、いいバンドです。大好きです。昨夜は特にドラムがかっとばしていました。ろうそくの明かりだけでのライブ、雰囲気がありました。終わった後の(始まる前からの)飲みも盛大でスカッと気持ち良いです。
私は、ほんっとにいいメンバーに恵まれいいライブを行うことができ幸せです。下手な私を最大限にフォローしてくれるし感謝。おもしろくておもしろくてね!
私が大好きなOさんが見に来てくれたのは、無上の喜び。


--次は、なんやでのライブではありません。店主puyo参加のライブです。場所は、CESTA(千種区末盛通1-17)です。---------

9月22日(月) ライブ 開場18:00 開演19:30  2000円+order
     臼井淳一(violin,笙)
     西川明男(puyo)(as)
     S.Shahスティーブン(acoustic guitar)

   

昨日のCESTAでのライブ、楽しかったです。私のソロは、短すぎたようですが、おもしろくできました。あと2曲くらい考えていたのですが、時間と構成を考えて、もう終わりにしようと思ったら、もっとたくさんやってよかったようでした。でも、ちょうどよかったのだと思います。スティーブンも、臼井淳一さんも、臼井+臼井も、4人での演奏もおもしろかったよ。
そして、店がよかった!置いてある本がおもしろそうだったし、アブサンがめっちゃんこおいしかった!すばらしい。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



8月17日(日) ライブ  19:00~ 2000円
     関将
     臼井康浩

       

なんやで「だだくさセッション」を13回にわたって開催してきた関将。その技術の高さ応用力の高さには目をみはるばかりだ。数年前から即興音楽に興味を持ち、今回は名古屋の即興演奏第1人者の臼井とのデュオ演奏に挑む。違う意味での超絶技巧同士のギタリストがどういう影響を及ぼし合うか、見どころだ。即興演奏は本当におもしろい!

超絶技巧ギタリスト二人の一騎打ちでした。壮絶でした。相手に合わせることはあっても一歩も引かない二人でした。その点では想像どおりでしたが、どんな音楽になるかは、興味いっぱいでした。おもしろい展開でした。なかなか無い感じでした。
私も誘っていただいたので、少し参加させていただきました。おもしろかったし、いい感じと思ったところもありましたが、ブルースはよくわかりませんでした。


7月25日(金) ライブ 19:30~ 800円 
     「ぷよの日vol.14」
      BABY☆STAR
      中西健雄(per,語り)
      puyo(as)

     

今回は、BABY☆STARという名前を付けたBicky&せいやが登場。どんどんうまくなっていく二人に注目を!中西、puyoも加わっての演奏もあり。
私(puyo)は、何をしでかそう。
中西は何を語る!


BABY☆STAR、せいや君のソロギターもあり、手品もあり、歌もカホンも自由にやっていて、目を見張るばかりでした。大活躍!ひとみちゃんも楽しそうでした。ひとみちゃんがやると曲がひとみちゃん風に変わるから不思議だ。「夢の中へ」もそう。
私の歌にはまいった。もっとうまくできるはずだったんだが、音痴は治っていなかった。カリちゃんには音痴じゃなくなってきた、と言われていたので大丈夫と思っていたんだがな。サックスを入れるのはおもしろかったよ。楽しかった。
私のサックスソロは、音をはずしまくりながらも哀感漂う曲を構成できるかをテーマにやってみました。外れた音が哀感を増すのではないか、と思ったのです。それを意識してやったら、とってもおもしろくできました。聴いている方は、どうだったかわかりませんが。
中西くんは、愛知用水について話しました。よく調べてある感じでした。プロジェクターも美しく作動していました。私は仕事に戻ったので、内容はわかりません。
お越しいただいた皆様、ありがとうございました!


7月12日(土) ライブ  19:00~ 1000円
      「One Day Festival 2014」
      ・ひまつぶし(日高慎也(vo,b) 森智秀(g) たか坊(ds))
      ・puyo(as)+G子(g)+新井田文悟(b)
日本・韓国・中国で同時刻に開演。舞台と客席’‘国と国’の間にはボーダー(境界)はないをコンセプトにしたフェスティバル。

「One Day Festival」はソウル在住の音楽家パク-チャンス氏の呼びかけの下、2014年7月12日に韓国・中国・日本三カ国各都市で150公演を同時開催するプロジェクトです。本フェスティバルの重要なコンセプトは〝舞台と客席〟〝国と国〟の間にボーダー(境界)はないというものです。三カ国の観客すべてが同じ日、同じ時刻に特別な経験を共有し、相互に演奏者を交換しながら理解を深め、韓国・中国・日本の新たな文化交流のありようを模索していく試みです。
     

ひまつぶしプロフィール
1989年出現、日本国愛知県名古屋市近辺。様々人入れ替わりながら演奏活動!1997年豊田音楽バトルにて、泉谷しげる特別賞受賞するなど、張り切り活動のち2000年休止2006年リハビリ開始!
現在メンバー、ドラムたか坊、元マッスルドギーグルーブスで活躍、安定タイトかつヘビーナイスグルーヴ間違いない男。
ギター森智秀、森ちゃん、現在蟻地獄天国ギタリストとしても活躍中、ロックに対する愛情たっぷりのスライドギター甘いメロウなソロ、好き嫌いのはっきりした男。
ボーカル、ベース、ひだかしんや、ひだしん、憂いのある気持ちたっぷりの心の歌つくって唄う、飲むと激しい男。
以上三人で、古典的ロックンロールサウンドで心染み渡る濃いめの人情居酒屋風励ましロックを、発信中でございますーどうぞ、ひまつぶし、宜しく!!。

Puyoプロフィール
20歳にして初めて楽器を手にする。まさかの行為。エリックドルフィー、ジョンコルトレーンに憧れての事。わずか3か月後に大学祭で初ライブ。その後、人力音楽普及協会に参加。バンド化した人音協で活動。
1986年ころからは、音楽居酒屋「なんや」の経営のため、音楽活動から離れる。
2008年あるできごとをきっかけに再びサックスに目覚める。自身のバンドを作り、初めて曲も作り、音楽のおもしろさを満喫している。

G子プロフィール
岐阜県出身のギタリスト
15歳頃、日本のフォークソングを好んで聴き、アコースティックギターを弾き始める。
大学入学と同時に軽音楽のサークルに入部したのをきっかけにロックバンドへと移行しエレキギターを持つ。
以降、ビジュアル系レディースバンドの走りとしてライブ活動を重ね、自身の音楽的進行方向を確立していった。その後、夫とその人脈の影響により、ジャズにも興味を持つようになり、現在はフリーキーでプログレッシブなジャズロックを目指している。

新井田文悟プロフィール
福岡県北九州市に生まれる。3歳で楽器と出会う。
高校生の頃、ブラックサバス「アイアンマン」を聴きベースをひこうと思う。
18歳、名古屋に移住。本格的に音楽活動を始める。キングクリムゾン、クリーム等ブリティシュロックにはまり、即興&インタープレイに感化される。
と同時にピアノ弾き語り、沖縄音楽、民族音楽などを好んで聴くようになる。
現在、フリーなロックジャズを基調に歌モノからソロパフォーマンスまでアンダーグランドに活動中。


たくさんの方にお越しいただきましてありがとうございました!
なんやでは、普通のライブとどこが違うんだと言われれば、通常通りのライブだったわけですが、韓国、中国、そして日本でも同時刻に演奏が始まっているのだなと考えるのは、楽しいことでした。同じポスターが張られている会場で。
私も文悟くんとG子とやらせていただきました。なんかとっても気楽に思い通り自由にやらせていただきました。たっぷりとやった感があります。出来がよかったか、おもしろかったか、はわかりませんが。
ひまつぶし、派手な3人の織りなすロックは、真実一路。
あやみさんも1曲参加。
最後に、フェスティバル開催記念の記念撮影。


--次は、なんやでのライブではありません。店主puyo参加の主催ライブです。場所は、得三です。---------

6月19日(木) ライブ 19:00~ 前売1800円 当日2300円 @得三
      ぶよぶよ市昭和区文悟町
        puyo(as)+G子(g)+新井田文悟(b)+丸市(ds)
      The PYRAMID
        
「ぶよぶよ市」は、ゆらゆら帝国と似たネーミングですね、とよく言われます。() 音の方もゆらゆら帝国に似ています。()  世界有数の下手糞サックス奏者puyoは、丸市さんとやると実力以上のものが出せるので組んだバンドがぶよぶよ市。ここに、そのpuyoを如何にサポートしうまそうに見せるかを任務としたメンバーがさら二人集められ、その効果を検証するバンドがぶよぶよ市昭和区文悟町。対バンには、The PYRAMID。作曲者によって変わる曲調を次々と繰り出すおもしろさに興味が尽きない。異色の組み合わせでおもしろさ倍増!


本番では、こうした方がおもしろそうだと思うと実行してしまいます。たいてい、失敗します。リズム感音感の無さが決定的にひびきますね。でもね、へたくそが普通にやってもぜんぜんおもしろくないので、へたくそがめちゃめちゃな方がまだおもしろいのではないかと、少しはいいなと思える部分が出るのではないかと思っています。あとはだめでも。
丸市さんは、すごい!演奏全体が、バンド全体が明るくなります。楽しくなります。どんどおん、あおられて負けていられなくなります。突っ走れます。
自由さと勢いは、とてもあったライブだったと思います。音楽の醍醐味の一つはこれだものね。
最高のメンバーに恵まれました。
丸市さんのドラムはすごかったからな。文悟君のベースがあってのことでもあるんだね。曲もいい。なんかすごくいいバンドじゃん。私がこれで、もっとちゃんとできればね。
-------------------------------


5月21日(水) ライブ 20:00~ 2500円 (急遽、決定しました。なんやマンスリーライブスケジュールには載っていません)
     「ホルモン鉄道ソロ合戦」
      ~石川浩司と大谷氏ジョイントライブ~
      ゲスト : とっちゃん
      

PA無しということで、動きが自由でよかった。マイクにしばられるのも別に悪くないけれど、無いのも新鮮。
新作CDからの曲は、一曲もやらないという縛りでのライブ。いい曲がたくさん聞けました。
石川さんと大谷さんが一緒にやったのはアンコールの曲だけ。
それにしても二人ともいい味がある!すばらしい!
石川さんは、お客様をつかむのがすごくうまい。おもしろい。まっすぐに、染み入るようないい曲をうたうんだね。天才だ。
大谷さんの発想は及びもつかなくてびっくりするようなことをさらっとうたう。天才だ。
器が違うぜ、と思ったね。
そして、とっちゃんの歌やさしくて、どんな歌でもやっぱり優しくて、いいな。
ぷぷ、今回も大谷さんと「照明」でご一緒させてもらいました。どうして、私、音をはずすかなと嫌になるほどですが、なんかね、おもしろいのよね。曲のイメージに合うようにかんばるのがね。ありがとうございました。
急に決まったライブなのに、お客様が多数集まってくれて、感謝します。


5月17日(土) ライブ  19:30~ 2000円
     ユメノスキマル[夢野カブ(vo,g)&ITOIGAWA(vo,g)(fromスキマノザラシ)+杉山章二丸(drums)(ex.ザ・タイマーズ)]
     KABUCHAN NO END
        [ユメノスキマル+青酸カリ子(b)+中西健雄(per)]
       
テクニックや才能なんていともたやすく蹴散らせた、あの日のロックバンドの初期衝動をものの見事に蘇らせてNO END が発情するぜ!
グルーヴって知ってる?浮世で一番気持ちいい時間のことさ。そいつをお座敷に充満させるから一緒に渦巻かれてみるってのはどうだ?!まさに終わらない君の宴の始まりの切欠に KABU CHAN NO END 発射!!(夢野カブ

昨日の、KABUCHAN NO END、盛り上がりましたね。座敷なのに総立ち!
みんなのりがいいですね。
それにしても爆音でした。終わってわかったのですが、狭いので体の一部があたってアンプのボリュームがフルテンに!私も2曲サックスで参加したのですが、マイクを通すと音がでっかくてびっくり。いつもと違ってね。コーラス用にセッティングしたマイクを流用したせいだと思っていたら、そういうことだったのね。自分の音がはっきり聞こえてやりやすかったけれどね。ノビノビやらせてもらいました。ハウリングおこしてたのもそのせいだ。



5月9日(金)  ライブ  19:30~ 800円
     
「ぷよの日vol.13」
      岡林和歌(cl)
      中西健雄(per,語り)
      ダイオン小林(bs)
      puyo(as)
       
店主puyoと中西主催の「ぷよの日」。ゲストを迎え、何でもありの自由な発想を披露してもらう日です。今回は超技巧派クラリネット奏者和歌さんと新たな地平を拓くぞ!
昨日の和歌さん、たいそうのびのびしていて、気持ち良かった。終始にこにこしていて、元気いっぱいだなあ。
リハーサルの時からそうだったので、それが、影響して、私も楽しかったし、自分の演奏もそうなったかな。

ダイオン小林くんとやると、きっと普通にはやってこないだろう、との予測の元、違った自由な世界に入れそうとの展開予測だったのだけれど、そんな感じになった。小林君は予想通り、たしかに予測していないことをやってきたな。おもしろかった。お客様、どうも、すみません。
和歌さんと中西くん、おもしろかったよ!全員でのフリー演奏も、楽しかった。気の持ちようがちゃんと出るから不思議だ。そのあとの全員での2曲も楽しかった。
出来はどうあれ、楽しかったのは間違いなかった。お客様はどだったかな。



4月30日(水) ライブ  19:30~ 投げ銭
     小埜涼子(as)
     石渡岬(tp)

昨日の、小埜涼子・石渡岬 ライブはおもしろかったねえ。期待通り。アルトサックスとトランペットって上にのっかる楽器だよね。それだけで楽曲を構成していってしまうのだから大したものだ。やっぱり技術があるというのはいいことだ。本当に。うらやましいので、私も少しは近づこう。近づけないけどね、あちらもどんどん先に行くから。
そして、光栄にも最後の一曲で参加させていただきました。ありがたや、ありがたや。おもしろかったよ。得るもの多し。


4月26日(土) ライブ  19:30~ 2500円
     早川岳晴ベースソロ
     人音協+早川岳晴(b)
      人音協 [ 真野一彦(ss,ts) ダイオン(ss,bs) puyo(as) G子(g) 丸市(ds) ]
        

早川岳晴さんは、かつて私の憧れのバンド生活向上委員会でベースを弾き、その後D.U.BKIKIバンド、そして自身のバンドHAYAKAWAなど多彩な活動を展開。今回は、ベースソロで激しくせまってくる!ベースゴッド降臨!さらに、私たちのバンド人音協にも三たび参加してくれる。手前味噌だがおもしろいバンドだよ。私も楽しみだ!
人音協+早川さん ライブということで、舞い上がっていました。やっぱり冷静でいられない。サックスのストラップがどこかへいったり、あれほど注意していた録音を忘れたり、さんざんでした。まったく、なんで忘れるのだろうね。
ライブは、やっぱりおもしろかった。出来がどうのこうのというのはもちろんあるけれど、楽しかったのは間違いない。
お越しいただいた皆様、ありがとうございました!
爆音でしたね。

先日の人音協+早川岳晴の録音を聞いたのですが、なかなかにおもしろい。間違いも多いし、バランスもよくなかったかもしれないし、もっとこうした方が、とか思うけれども、おもしろい、とは思えるな。
早川さんのベースのおかげというのが大きい。音の厚み、ノリとかがまったく変わってしまうものね。偉大だ!フレーズの多さ、展開のさせ方とか目を見張る!凄いベースだ!



4月11日(金) ライブ  19:30~  2500円
   ~ にょろにょろスネークツアー「巳年のふたり旅」~
    出演 オグラ(インチキ手廻しオルガン)、金谷ヒデユキ(地獄のスナフキン)
        puyo unit [puyo(as)+G子(g)+新井田文悟(b)+中西健雄(per)]
       
インチキ手廻しオルガンを操るオグラさんの唄は、カラフルで甘酸っぱい。あの頃と当てのないこれからを旅するフォトグラフ。季節に例えるなら春。出会いと別れ、喜びと悲しみが背中合わせの季節。さあ、予備知識なんて重いコート脱いで、なんやに出掛けてみませんか。出会いの季節ですから。(さかい)
今回はTVでもおなじみの金谷さんとのツアー。対バンには、puyo unit。いいバンドだ!

相当にごきげんなものだったと思うよ。
プヨユニット、金谷さん、オグラさん、三者三様それぞれ大きく違っていて、それがすべて楽しかったと思う。見におこしいただいた皆様、ありがとうございます!すごく楽しい日になったと思います。いい企画ができて、店側として、とてもうれしいです。いいお客様にも恵まれました、本当に。ありがとうございました!
金谷さん、初めて見ましたが、とってもおもしろかった。
オグラさん、いい歌で酔いしれます。最後の一曲ご一緒できてめっさ楽しかった!
私はといえば、録音を聞くまでのことでしょうけど、結構良かった部分があると思っています。


4月5日(土)  ライブ  19:30~ 1000円
     学(vo.g)&G子(vo.g)
     ひまつぶし(日高慎也(vo,b) 森智秀(g) たか坊(ds))
         
学くん、元気いっぱいでした。声もよくでていました。G子さんもよかった!
ひまつぶし、音楽の原点を見たような気がします。これが、これぞ、と言っている感じでした。三人とものびのびとしていて、美しかった!
最後の全員セッションには、私も参加!学の名曲「ドライブ」を全員でやりました。私のサックスの音は、マイクで拾ってもいないので、どうせそんなに聞こえないだろうと気楽にやったら、いつもより評判良かったので残念だった。ぷぷぷ。



4月3日(木)  ライブ  19:30~ 2000円
     スーマー(vo,g,バンジョー)
        
スーマーさんの歌は、眩しい朝日の如きフォークやブルース。中域の透明感溢れる声が、心地良い浸透圧で心に忍び込んで来る。ギターや四弦バンジョーに乗せて、遠い記憶の断片が紡がれていく。風や波のように何時迄も耳の奥で鳴ってる音楽。寂しさが静かに疾走する浅川マキのカバーも白眉。なんやのお座敷で堪能ください。(さかい)

スーマーさん、よかったですね。あのしっとり感はなんだろうね。実にかっこいい。
そして、例によって、私も1曲参加させていただきました。「雨がひらひら」いい曲です。


3月16日(日) ライブ  19:30~  投げ銭
     中村哲也(g)
     三谷哲朗(b)
ライブ、気持ちよかったです。ノイズといってもやわらかいのですが、そうしたものから、環境音楽的なものまで、漂うように聞けます。G子と私とで少し参加させていただきました。おもしろかった、楽しかった。
双子のかわいい子たちも見てくれました。かわいいことこの上なし。ありがとうございました!まゆみ君もね。連日のみうらさんも。


3月8日(土) ライブ  19:30~ 2500円
     「ホルモン鉄道 New CD 発売記念ツアー」
      大谷氏
      石川浩司
     25名限定(ご予約をお勧めします。)
      
ホルモン鉄道とは、ex.たま、パスカルズ等のper.石川浩司と富山在住鬼才アーティスト・大谷氏による不定期ユニット。
ある時は過激にエゲツなく、ある時はしみじみとディープで不条理な歌世界を描きだす。
なぜか上半身裸、鉛筆削り器や自らの腹まで演奏してしまう様はええ年こいて自由でキュートでパンク。
孤高のおっさん二人の勇姿を見よ!(ちかこ)


「おもろうて、やがて悲しき」という表現がまさにぴたりとはまるそんなライブでした。大いに笑えるのですが、奥に深いものがにじみでるのですね。本当に良いです。熱中しちゃいますね。
なんや従業員のちぽちぽは、中学3年の時に、ホルモン鉄道のライブを見に行って、はまった、というのですから大したものですね。
さて、そんな中、私にも2曲ご一緒に、というありがたいお誘いがありまして、一緒にやらせていただきました。とてもやりやすい曲で、(崩れてもかまわないというやりやすさも含めて)楽しくできました。楽しく楽しかったよ。


2月14日(金) ライブ  19:30~ 500円
     「ぷよの日vol.12 」
     
 三浦史洋(初ライブ)
      金森泰樹(本屋さん)
      大橋隆宏(本物)
      puyo(as)
      中西健雄(語り)

ちょうど2年前の2月に始めた「ぷよの日」。隔月開催のはずだったけど、12回目。
今回は、なんやの常連客に、ライブをさせてしまおうという企画。お祭りのような企画だけれど、ライブをやる楽しみを味わってもらいましゅ。
せっかく、練習しているのだからね、三浦さん。
金森さんは、前にもやったことがあるので、本格的にライブの体裁を整えて。
大橋君は、本命。
中西君は恒例の語りで。
私は、第1回目の原点に戻ってサックスソロで。



1月24日(金) ライブ 19:30~ 800円
      PUYOユニット[ puyo(as)+G子(g)+新井田文悟(b)+中西健雄(per) ]
      一ノ瀬大悟(Contrabass)+柳川芳命(as)+稲葉一将(ts)
      
<予定していた稲葉一将は中止になりました。DUOになります。>
     
お越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。今回お越しになれなかった皆様、次回、いつかは、ぜひお越しくださいませ。
いろいろと反省点満載でありましたが、次回に向けてたいへん良い勉強になりました。次は、よくなっていますよ、きっと。
細かいことから、いろいろとありました。でも、わかってよかった。


1月12日(日) ライブ  20:00~  2000円
     ユメノスキマ/KABUCHAN NO END meet 杉山 章二丸
      ユメノスキマ[夢野 カブ&ITOIGAWA(from スキマノザラシ)]
      KABUCHAN NO END+杉山 章二丸(drums)
        [夢野 カブ (vo)、ITOIGAWA(g)(from スキマノザラシ)、青酸 カリ子(b)、中西 健雄(per)]

     
毎回観るたびに、オレはボンヤリしてる場合か?!と焦燥感を煽られる、と同時に楽しさに自然と顔がニヤけてくる、そんなハイテンションかつグルーヴ感満タンのライブを展開してくれる「KABUCHAN NO END
今回はゲストに、スーパードラマー杉山章二丸{ex,タイマーズ)が参加、更に強烈なライブを観せてくれることでしょう!(小池)


昨日のライブは、盛り上がりました。せっかくだからもうちょっとお客様が多いとよかったのですが、そこだけは残念。
みなさん、熱演でございました。カブちゃんは、汗まみれで入浴した人のよう。髪の毛がべったべたでした。章二丸さんは、リハーサルの時と全然違って、音がビシバシきました。キックの迫力満点。負けじと中西君も興奮していました。イトイガワ君もカブちゃんとの息はぴったり。カリ子さんもベーシストとして成長しておりました。真面目に練習していたものね。人のことを盛り立てようとする人でした。
お客さまが、とってもよかったですね。お客さまもプレーヤーなのでございますね。

最後に、皆様のお気遣いで2曲やらせていただいた私は、せっかくやるのですから、私らしくやりました。音程には気を付けていたのですが、そしてそんなにくるっていないと思っていたのですが、やはりくるっておりましたね。音感のなさには、がっかりですね。



2013年


--次は、なんやでのライブではありません。店主puyo参加の主催ライブです。場所は、
K.D.ハポンです。---------

11月28日(木) ライブ 開場19:00 開演19:30 予約2,300円 当日2,800円 @K.D.ハポン
     人音協+早川岳晴(b)
       人音協 [ 真野一彦(ss,ts) ダイオン(ss,bs) puyo(as) G子(g) 丸市(ds) ]
     東海道スモッグブラス
       [ 石渡岬(tp,vo) 聖澤聡(ss,ts) 照喜名俊典(eu.tb) 松本卓也(bs) 高橋是清(tu) 臼井康浩(g) 近藤久峰(dr,vo)]
 
人音協にあの早川岳晴が加わり再び蘇る!
 
30年前に結成された人音協、昨年のなんや30周年記念宴会で再結集。この時、ベースで参加してくれたのが早川岳晴。かつてあこがれの生活向上委員会でベースを弾き、その後、D.U.B、KIKIバンド、そして自身のバンドHAYAKAWAなど多彩な活動を展開。 そんな早川さんとの共演!楽しみだ!
       
●人音協 : 1982年、真野一彦ソロ、マラソンセッション「バオバブの木の下でドンジャラホイ」(@ハックフィン)で知り合ったメンバーを中心に幾度かのセッションの後バンドに移行する。その後東海地方を中心にライブハウスや街のイベントなど室内外を問わず演奏活動を続ける。メンバーの交代を経て1987年、一時活動中止する。2012年なんや30周年パーティー(@得三)で、世界的ベース奏者の早川岳晴氏を迎えて25年ぶりに復活。
    
●早川岳晴 : 20世紀後半3月19日東京生。中学卒業時に中古のウッド・ベ-スを手に入れ高校在学中からジャズを中心にライブ活動を始める。また、NHK交響楽団の窪田基氏にクラシックを師事。某大学文学部哲学科に在籍するもののサッパリ顔を出さず、板橋文夫<p>、土岐英史<as>、板谷博<tb>、渕野繁男<sax>、高瀬アキ<p>などのバンドを経て、78年に伝説の変態ジャズバンド、生活向上委員会オーケストラに参加。また、上田正樹-Push&Pull 等でロック・シーンでの活動も開始、序々に正統派ジャズから遠ざかる。以後、ドクトル梅津バンド(D.U.B.)、イースタシア・オーケストラ、片山広明バンド、コクシネル、JOHN ZORN ユニット、梅津和時KIPANA、同 NAZO、JAZZY UPPERCUT、麗蘭、Chabo Band、シオン 、リクオ&The Hookers、COIL、藤井郷子カルテット、MISSING LINK等に参加。その他セッションでは泉谷しげる、忌野清志郎、石田長生、三宅伸治らと度々共演。リーダー・バンド<SALT>では86年<SALT>と91年<844>の2枚アルバムを発表。96年にはソロ・アルバム<HAYAKAWA>をリリース、現在の自己のバンドHAYAKAWAでは2000年7月<Gwoh-In>、04年3月<HONE[骨]>、08年7月<螺子 neji >、12年<無次元>をリリース。02年10月ソロ作<Kowloon>リリース、また06年にはSALTの一作目と未発表ライブ音源から成る2枚組<86,90,91>をリリース。船戸博史とのコントラバス・デュオで10年<細胞の海>、11年<隠龍(インロン)>を発表。
 海外での活動:D.U.B.、イースタシアOrch.、和楽器とのセッション等でヨーロッパ各地、中近東で公演、
梅津和時KIKI Band にてアフリカ、ヨーロッパ、東南アジア、北米ツアー、藤井郷子カルテットで北米・ヨーロッパツアー等。
 現在は自己のバンド<HAYAKAWA>の他、麗蘭、仲井戸麗市Band、梅津和時KIKI Band、山田晃士&流浪の朝謡、緑化計画、COIL、長見順デュオなどジャンルを超えて活動している。
           
●東海道スモッグブラス  :  東海音楽屈指の猛者達による爆裂管楽器楽団。その演奏、豪快にして爽快、軽快にして痛快也。
     

皆様、ありがとうございました。

昨日のライブ。一夜明けると、なんかこっぱずかしい。余計なことしゃべっちょるし、演奏は粗っぽいし。(録音とか聞いてないけど。)

おもしろかったな。

東海道スモッグブラスよかったね。本当に!いいなあ!
早川さんのベース、すご~く凄くてよかったなあ。かっこよくてオーと唸ってましたよ、私もライブ中なのにね。

何よりもお客様がたくさん来てくれて、喜んでくれていたのが嬉しい。(本当は違うかもしれんけれど)
あと、思い切りできたしね。自由だ!


-----------------------------------------------



11月12日(火) ライブ  19:30~  2000円
     山内 桂(ss,as)
     小林 香代(tb)
      puyo(as)
       他
      
サックスは本来大きい音の楽器で、小さい音は苦手。だから小さい音の演奏はしなければ良いのだが、ここにそれを極めた人がいる。山内桂。なにせ、音がほぼ出ていない。パタパタいっているだけだ。これには驚いた。が、これはあくまで序章で、ここから自然の息吹を体を通して流し出していく。自然とひきこまれていくよ。他メンバーとの共演も楽しみ。

山内さんとのライブでした。香代ちゃんと三人で楽しくできました。
私は、フレーズにもさっとしたものが出てしまうことがあって、それがよくない、と思いました。自分ながらいいなあというところもあるけれど、よくないところがなくなって欲しい。


10月24日(木) ライブ 20:00~  2000円
    ababai
        Tetsuya Nakanura(el-g/el-mandlin/noise etc.) from NYC
      Kazz Nakahara(el-b) from Australia
      Masato Kimura(per) from Hokkaido
      

昨日のababai、すごく良いライブで、ゆったりと夢見心地な世界にいざなってもらっていた。ギターがじんわりと響いてきて、不思議な感覚だった。環境音楽風だったり、強烈な音だったりしたのだが、全体の印象は一つという風だった。ベースとドラムが見事な演奏力を発揮していて全体がうねっていた!
そんな風に、いい気になってライブを堪能していたら、“サプライズで、なんやのご主人に一緒に参加していただきましょう”、って今回のライブの世話役のMさんが言うので、びっくりした。
あわてて楽器を用意しつつ、お客様とメンバーに本当にやっていいか確認!
どうなる事やらと思ったけれど、ゲストで呼ばれたからには、なんらかの新風を送り込まねばならぬ!でも、そこまでの作り上げた世界をこわしてもならぬ!
そこで、最初は様子見。なんか皆動く気配がないので、私が出しゃばった。一度引いて、また出しゃばった。けっこうたくさん吹いてしまったな。
なんか本当に楽しかったな。ギターが特殊な音使いで、おもしろい。それに対して効果的な演奏をするにはどうすれば、とずっと考えながらのライブだった。
お誘いいただき、ありがとうございました。


10月22日(火) ライブ 19:30~ 1000円
     
「ぷよの日vol.11 」
      The 5PM  [たけし(vo,g)+のうやく(g)+青酸カリ子(b)+なほ(ds)]
      puyo(as)+G子(g)+新井田文悟(b)+中西健雄(per)
      中西健雄(語り)
       

いやはや、昨日は、たくさんのお客様に恵まれ、盛り上げていただき、良いライブとなりました。ありがとうございます。
The 5pm集客力あるのう!久しぶりに見たけど、とってもいい感じになってました。感心!
私は、最初サックスのトラブル。なんのことはない、管の中に異物がはまりこんでいたのでした。あせったけど、直ってというか気付いてよかった。笑える失敗。こんなことが起こること自体、奇跡的だな。
その後は、演奏、本当にのびのびとできました。中西君、文悟君、G子、ありがとう!あんなに自由を満喫できたのは久しぶり!
中西君の語りは、店が忙しくて、全く聞けませんでした。残念。
皆様、本当にありがとうございました。


9月27日(金) ライブ  20:00~ 無料
    「なんや階段ドア設置記念お試しライブ」
      誰でも参加できます。参加も見るのも無料。(飲食代は必要です。)
     
新たに設置した階段ドア。音をどの程度遮断できるか、1階で聞いた音はどうか、2階の音はどうか、外まで漏れる音のレベルはどうかを試してみます。ふるってご参加を!

最初は、一階で大声や奇声をあげて二階で聞いてみました。次に、二階で演奏しながら、一階の音が聞こえるか気にしてみました。最後は、普通に演奏しました。
結果、横綱級のよく通る声以外は、二階では聞こえません。
演奏した音は、ドアをつける前と変わらず、良い音のままでした。
一階で聞くライブの音は、前よりは小さいのですが、聞こえます。
外に漏れる音は、前と変わらないかもしれません。
ということで、階段ドアの効果は上々、満足のいく結果でした。よかった!これで安心!
ライブでは、6月にギターを買った三浦さんも演奏しました。意外にもと言ったら失礼ですが、意外にもいい感じでした。
おしょうの太鼓もよかった。
なんといっても文悟君のベースがいい!一緒にやっていて楽しいしやりやすい。
あとは、G子と私。よくできました。ふふふ。


9月13日(金) ライブ  19:30~ 2000円
      ちくわぶ
      Mr.F 一人唄い

2005年晩春 Emma(Vo,Slide Gt) 野崎理人(Gt)で結成。
「およげ! たいやきくん」のオリジナルシンガー「生田敬太郎」のセルフ・カヴァー・シングルに作曲者の佐瀬寿一と共に参加し各方面で話題となる。
ユニークな歌詞のオリジナル楽曲、独自のアレンジによるJAZZBlues、昭和歌謡カヴァーが好評で、現在、東京都内を中心に活動を行い、バー、カフェ、フェスに限らず、居酒屋、おでん屋、ラーメン屋、演芸場、はたまた銭湯にいたるまで、時と場所を選ばないライブを常に展開している。
ちくわぶ通信 http://chikuwabu.info/
YouTube「ちくわぶ Emma」か「ちくわぶ 理人」で検索。ライブ動画あります。
         
ボーカルのエマちゃんはとってもお酒が好きで、たくさん飲みながら歌う。歌は、清く美しくノリが良い。相棒の理人君はギターの名手。華麗だ。この二人、自由自在に飛び回り型にはまらない。これがちくわぶの真骨頂。よい音楽には必ずある自由さが伝わって見ている側が楽しくなってくる。こういうライブを見なくっちゃね!対バンにはMr.F一人唄い。


昨夜は、またまた楽しいライブだった。Mr.Fのザッパ一人唄ひ、初めて見る人は、びっくりするよね。そして、だいぶうまくなっているよ。
ちくわぶ、のりがいいのだね。1級品だよなあ。そこへまたまた1曲、私、参加してしまいました。ぎゃはは!私がやりやすいようにE♭のブルース進行の曲にしてくれたのだけれど、なんかコード進行を意識することなく、ままよ、と聞いた感じでやってしまったら、おもしろかった。一応進行は知っているんだけどね。ちくわぶのお二人、そして聞いてくれた皆様、ありがとうございました。


9月12日(木) ライブ  19:30~ 前売(予約)2500円 当日2800円
      林 栄一(as)
      小埜 涼子(as)
     25名限定
     ☆予約方法 : なんや 052-762-9289 への電話にて予約か、メールnanyagokiso@wing.ocn.ne.jp 宛メールでまたは メール予約してください。

       

私が一番と二番目に好きなアルト奏者二人の競演。最高の演奏が聴けるはずだ。日本でも一二を争う技巧を持った二人でもある。昨年のこの二人のなんやでのライブは素晴らしく、衝撃を受けた。なんや過去のライブの中でも最高のライブの一つだ。今年もまた聞ける。鉄板の様に間違いなくおもしろい。内容はとっても柔軟で変幻自在でどきどきするよ。

昨夜の、林栄一・小埜涼子ライブは、すさまじいものがあった。こんなに惹きこまれるライブはそうそうない!あー、幸せだ。嬉しくて、ぴょんぴょん飛び跳ねてました。日本一だ、日本一!なんのお世辞も無く日本一。
こんな凄い小埜さんが身近にいてくれるのは、なんて幸せなんだろう。
おまけに、というか私には、一大事。さいごのところでご一緒させていただいてしまった!一緒に三人で演奏してしまった。
せっかくのよいライブを最後に私が台無しにしてしまうのは避けたかったのだけれど、誘われたら、やっぱり本当はやってみたいのはやまやまなので、やってしまった。なんと幸せ!
林さんにありがたい言葉もいただいて、結果、飲みすぎました、やっぱり。



9月8日(日)  ライブ  19:30~ 2000円
      スーマー(vo,g,バンジョー)
昨夜は、スーマーさんライブ。ごっつうよい。飲みながら聞くのが最高。今回も、最後に呼んでいただいて、サックスで参加。2曲も。1曲は、私のリクエストで「雨がひらひら」いいなあ、これは!もう一曲は「別れ」浅川マキさんの曲。何度もやらせていただいているけど、いつもイメージが違って、自分でもよくわからん。ずいぶんと変わったソロになってしまった。違うイメージがわくのは、我ながらすばらしい、けけけ。
実は、私が参加させていただく数曲前から、ドラマーのたまたま名古屋に来ていた椎野恭一さんが加わっていて、なんとも豪華!
ということで、スーマーさん椎野恭一さんと共演してしまった!



7月27日(土) ライブ 19:30~  1200円
       さそり[Sasori(vo,b,sax)+Yuya(g)+Okey(ds,cho)]
       ぶよぶよ市昭和区爆音町[丸市(drums)+麻衣(b)G子(g)+puyo(as)]

        

ライブ終わりました。狂熱のライブといった感じでできました。できることはやったぜ、って感じですが、できることが元々少ないので、まあ、大したことはありません。
丸市さん、まいちゃん、G子、みんな良かった!ありがとうね。
丸市さんとやると、自分の器以上のものが出てくるから、不思議だ、本当に。

さそり、が良くてびっくりするほどだった。いいよとは聞かされていたけれど、想像以上に良かった。


ライブの録音を聞いたけど、反省点盛りだくさん。一朝一夕に直せることではないだろうから、やりつづけるよ。いつかはうまくなる。私が到達できるレベルは高が知れているだろうし、そうなったところで私がやることに意味があるのか、ということもあるだろうけれど、音楽に対しては無知蒙昧なので怖いもの知らずでいけるので、希望が持てるのだよ。


6月28日(金) ライブ  19:30~ 1000円
     [ぷよの日記念vol.10]
      竹市 学(能管)
      小埜 涼子(as,fl)
      中西 健雄(語り)
      puyo(as)

     
 まず、小埜さんとデュオでやりました。念願の、です。うまくはいかないのですが、楽しかった。小埜さんも本気でやってくれた感じがして、それもうれしいです。
竹市さんのソロ、迫力満点です。能管が、あんなに凄いとは思いませんでした。竹市さん、立派な大御所になってきていますね。
竹市さん、小埜さんデュオ、そのあとの、中西を加えての能の曲演奏、よかったですね。最後の私も加わった4人でのインプロ、やっていて楽しかったですよ!盛りだくさんないい日になりました。中西さんの語りも盛り上がっていました。
お越しいただいた皆様、出演いただいた皆様、ありがとうございました。


6月22日(土) ライブ 19:30~  1800円
  
    大谷氏
      puyo(as)+G子(g)+新井田文悟(b)+中西健雄(per)

大谷氏は、富山の変人、怪人、天才。常人には理解できない多面性を有する。とても情緒的な穏やかなほのぼのした曲を唄うかと思えば、ひどく攻撃的な曲を唄い、またある時は人間に根源的な変態な曲を唄い、笑うしかない曲も歌う。これを簡単に使い分けてしまう。大谷さんの中では、全部一緒のことなんだろう。なんや店主のバンドが前座。楽しみなライブだ

     

大谷さんのおもしろさを広めることができ、嬉しいです。
私も、ライブ、おもしろくできましたし、メンバーも思い切りやっていていい感じでした。さらに大谷さんとご一緒した曲、おもしろかった!



5月31日(金) DJ & ライブ 18:00~翌2:00 2階ライブチャージ 2000円 1階 無料
       祭典の日 by スティーブン

Celebration Day 2013: Whole Lotta Love 1969-1980
祭典の日:胸いっぱい愛を 1969−1980

"Remixed by successes and failures in the process of recording (and performing)"
「録音(と演奏)しながらの成功と失敗でリミックスされている」

... Featuring a DJ Mr. BS selection from approximately 120 different live recordings of Whole Lotta Love playing upstairs and downstairs.
DJ Mr. BSは約120版の「胸いっぱい愛を」のライブ音源から1階と2階のBGMを選曲する。

Plus
Live performances
on the second floor stage
of original arrangements
by 7 different artists.
そして、
2階のステージに
7組の「胸いっぱい愛を」
オリジナル編曲ライブも!

Artists:
● Mr. F Solo A Cappella
● Takenobu Iwata (guitar/vocal) 岩田威信 (Eleven)
● Ryota Ito (guitar/vocal) 伊藤良太 (The Garcia)
● Hiroki Ono 小野浩輝 (ZONZONO/Hiru/学生実験室)
● Buyo Buyo Ichi:
   Puyo (alto sax) プヨ
   Maru'ichi (drums) 丸市
● Guy San (guitar/spoken word) ガイさん
  Kayo Kobayashi (trombone/flute) 小林香代
● Michiro'u Kimura (sitar) 木村倫朗
  Teru'o'u Wakabayashi (tabla) 若林輝朗

The ground floor restaurant requires
No Cover, but
there is a one order minimum.
一階のレストランは入場無料、
1オーダーが必要。

Entry to the upstairs performance space
will require a ¥2000 fee.
2階のパフォーマンス・スペースは
¥2000の入場料がかかる。

▷ Mr. F
唄も、伴奏も、突っ込みも、ぼけも、一人で。
苦笑、苦戦、苦悶の末、今のFree Mix的スタイルに至る。
▷ Takenobu Iwata (guitar/vocal) 岩田威信
Rock n Roll Party Maker "ELEVEN"代表取締役。
▷ Ryota Ito 伊藤良太
THE GARCIAというへヴィロックバンドでVo&Gを担当、アコギで一人アコースティックでの活動も...
ビールと爆音が大好きです(^-^)
▷ Hiroki Ono 小野浩輝
主にギタリスト。 HIRU、ZONZONOでおもちゃ楽器など担当してます。 その他、ダンス、演劇、現代詩、パフォーマンス、0才児らの為の音楽制作、セッション、共演など節操なく活動中。 近年は怪獣映画と音楽表現との接点を模索したりなんかしてます・・・。
▷ Puyo プヨ
音楽居酒屋、なんや、の店主。なんやにいます。サックスを吹く時も稀にあり。
▷ Maru'ichi 丸市
限りなく天国に近いドラマー
あらゆるジャンルにちょっかいを出し、血と肉とワインをぶちまける!
▷ ガイさん Guy San
名古屋アンダーグラウンドシーンで天皇と呼ばれる。
▷ Kayo Kobayashi (trombone/flute) 小林香代
臼井康浩氏、松本健一氏に強い影響を受け、2010年に即興演奏を始める。
2011年藤井郷子オーケストラ名古屋のメンバーとして出演。
▷ Michiro'u Kimura (sitar) 木村倫朗
98年からインドにてシタールをデバシーシ・サニャル氏、モニラル・ナグ氏に師事。2004年より自らも居を名古屋近郊に移し名古屋市在住のアミット・ロイ氏に師事し研鑽を積む。{銀の旋律}や毎年行われる門下生のコンサート{月音}等に参加。胸いっぱいのシタール弾き。
▷ Teru'o'u Wakabayashi (tabla) 若林輝朗
愛知県在住のタブラ奏者。
インド音楽に限らず色々なジャンルの人達とセッションしています。

       
 レッドツェッペリンのドラマー、ボンゾの誕生日にお贈りするMr.BSの企画。今年は、「胸いっぱいの愛を」に限定。なんと120種の同曲音源からピックアップしてのDJショーと2階のステージでの7組による同曲を編曲してのライブが繰り広げられます!ツェッペリンフリークのMr.BSの選曲とロック畑に限らない音楽家達の自由な解釈による演奏が見もの!ぜひ!

丸市さんとやるとなんかうまくいく!かっこよくできてしまう!いい感じの「 Whole Lotta Love」ができました。


4月30日(火) ライブ 20:00~  2500円
       スーマー
       桜井 芳樹

 歌のお伴はギターと4弦バンジョー。日欧米の古きよきフォークやブルース等をリスペクトしつつ自身の温かな歌世界を見事に浮かび上がらせるスーマー。丁寧な語り口と酒量に?定評あり。今回はロンサムストリングス主宰やシカラムータ等で広く知られるギタリスト桜井芳樹との2人旅。ルーツミュージックへの思いが溢れる夜になりそう!(ちかこ)

      
ライブの最後にまた、1曲参加させていただきました。その後、もう1曲。いつも誘っていただき、ありがとうございます。うまくいったようですが、よくわかりません。でも、おもしろいよね、曲を解釈するというか自分のフレーズを作れるのって!


4月14日(日)
 ライブ  19:30~ 1000円
       
[ぷよの日記念vol.9]
         田村 学(vo,g)+G子(g)
         中西 健雄(語り)
         puyo(as)+新井田 文悟(b)+中西 健雄(perc.)

 昨日のライブにお越しいただいた皆様、ありがとうございました。本当に感謝しております。一緒にやってくれた皆様にも感謝!
私のつまらんかもしれん演奏につきあってくれるのだからなんともいいようがないことだな。
いいのかどうかはわからないけど、一生懸命やりました。一生懸命やるのは当たり前ですし、でもそうしたからといって面白いとは限らないのですけれどね。
ソロがあまりにも一本調子でした。もっと変化にとんだフレーズを繰り出したい物です。
昨日のライブの演奏者、観客の皆様が目に浮かびます。ありがとうね!終わってからきたNKG君もありがとね。
おもしろかったんだよ。


2月25日(月) ライブ 20:00~ 2000円
       泉 邦宏(as,etc)
       丸市(drums)
       puyo(as)
 
5時半位に泉君が来て、今日はうたものをたくさんやろう、というので、それはおもしろくてよいねえ、と答えたけれど、それからがたいへん。歌本をコピーしてきて、楽譜が読めない私は、Ebに転調した読み仮名を書き込んで、お客様がみえたので仕事して、従業員のカリちゃんが来たので仕事はまかせて、車に行って練習して、本番へ。

1曲目はかなり悲惨だったな。2曲目以降も、だけどね。1曲目よりはマシか。私は、テーマを吹くときに大きな問題があるからな。なるべくがんばってみたし、いろいろ考えてみたが。
中身では負けんようにしようと思ったけれど、泉君相手だからね。
ぜんぜん、まだまだでした。課題もわかったし、希望はある。
泉君、丸市さんとの演奏は、とってもやりやすくておもしろかった。それは間違いないです。

それにしても、4日間で3回のライブは疲れました。ツアーでまわっている方達の苦労がわかった気がする。


2月24日(日)は、CLUB UPSET でライブをします。
  「Whole Lotta Live vol.4」
     池下 CLUB UPSET
      464-0067 名古屋市千種区池下1-4-23 アミュゾン池下ビル5F
       TEL: 052-763-5439 / FAX: 052-763-5438

     OPEN 18:00 / START 18:30
      前売2000円 / 当日2500円 (要別途1drink500円)
    発条仕掛
    ELEVEN
    ヒューバート・ホルモンJr.
    ぶよぶよ市+外山一吉+山口よしひろ
    ひまつぶし
 
どのバンドもおもしろかったですね。色が全部違っていて新鮮でした。
ぶよぶよ市は、なぜか評判がよく、まあ、私が聞いてるんだから悪く言う人はそういるもんじゃあないでしょうから、そのせいでしょう。
まがさすようにいっぱい間違えましたが、市さんが合わせてくれるので助かりますので、強引に間違えたまま強く吹ききりました。ひどいなあ。
4曲やったのですが、どれもみんなおもしろかった!
一吉くん、よしひろくん、ゲスト参加ありがとうございます。


2月22日(金) ライブ 19:30~ 1000円
       [ぷよの日記念vol.8]
         大橋 隆宏
         中西 健雄(語り)
         puyo(as)

 
大橋君の演奏、良かったです。1曲目から落ち着いていて、きれいにこなしました。2曲目が、本領発揮。というか本領は知らないので、もっとすごいのが本領かもしれませんが、とても沁み入る演奏。3曲目は、大橋君のオハコ。生き生きとした演奏でした。
中西君も自分の趣味の世界に入ったり出たりのお話でした。
私は、トップでもあり、なかなか入りにくかったですが、まああんなものですかねえ。サックスソロは、私は好きですけど、なかなか難しいところはありますね。いつまでたっても素人ですな。


2月11日(月・祝)は、K.D.ハポンでライブをします。なんやは定休日です。
  「大名古屋アルト部
   名古屋 鶴舞 K.D.ハポン (052-251-0324)
   愛知県名古屋市中区千代田5丁目12-7
   http://www2.odn.ne.jp/kdjapon/
   OPEN 19:00 / START 19:30
   料金 前売り・当日2000円+1D
  ■出演者(サックス部)
    聖澤聡  bob sliwa   小林晃   中野智恵子   長田康子   平尾義之   puyo    柳川芳命    武田信吾   佐藤慧    ジュニア   藤井知之   吉丸昭彦   小埜涼子
  ■楽曲提供(指揮者)
    松石ゲル  聖澤聡   渓    森田太郎    小埜涼子
           
 
まあ、なんというか、おもしろかった。すごい緊張しました。それにしても、となりで吹いていた小埜さん、ものすごかった!全然、私とは器が違う!とうてい太刀打ちできん。というのがわかってよかった。わたしの生き残る道はない。
でも、しつこい私は、くいさがるのだった。けけけ。


2月8日(金) ライブ 19:30~  1800円
         だだくさセッションVol.13
           関 将
 
関さんとセッションしました。前回と違う感じでした。関さんは、バリエーションをたくさんお持ちなので、幅広い演奏が展開できて幸せ! ボーカルの人も交じってのセッションもありました。


 1月4日(金)は、得三でライブをします。(なんやはお休みです。)
  
4(金)18:00open 19:00start ¥2,500
  「新春お年玉ライブ2013」
  ■バレーボールズ with 加藤エレナ
  ■Ett

  ■ぶよぶよ市昭和区爆音町[puyo(sax)G子(g)麻衣(b)丸市(ds)]
  こちらもよろしくお願いします。
 
いろいろと試せたライブでした。3歩くらい前進した感じ。早く次回をやりたいのですが、次回は7月です。
一皮むけたのですよ。ありがたいライブでした。


2012年

12月24日(月) ライブ 19:30~ 投げ銭
        [ぷよの日記念vol.7]
        ベルベットローズぷち(くらしげ、さっちゃん、G子) 
        
中西 健雄(語り)

        puyo(as)+G子

 私の得意な曲ばかりやったので、楽しかったです。自由にできるのが本当にうれしい。制約がほとんどないのだもの!

11月25日(日) ライブ  19:30~ 前売(予約)2000円 当日2500円
        「泊とちくわぶの演奏会」
         
         ちくわぶ
 
急遽、ルート66で参加させていただきました。私、ブルース心がないので、ブルースフレーズも持ち合わせていないので、苦労しました。うまくいかなくてごめんなさい。


11月24日(土) ライブ  19:30~ 1000円
        [ぷよの日記念vol.6]
        Bicky
         中西 健雄(語り) ソロ
        puyo(as)+G子(g)
 一曲目、インプロビゼーションで決めごと無しで始めたのですが、最近の私の傾向として、曲らしく構成していこうという意識が高いので、ああなりました。G子もたぶんそういう風でありますのでああなりました。おもしろかったです。
二曲目は、スーマーさんの曲。心配されたとおり、歌い出しに失敗。まあね、わたしだからねえ。そんなにうまくいくわけがないのだけれど、チャレンジ精神旺盛だね。高校時代に音楽の授業でコーリュウブンゲンでいつも全くできなかった人間だからねえ。2番、3番は何とか少しはましに。サックスを吹いているので、腹式呼吸はできるし少しは歌えるかと思ったのだけれど。それに比べて、サックスは楽だねぇ。どんだけ吹いても平気だものね。三曲目もそうだけれど、曲が少ないので、長尺のソロを考えたので、まとまりのないソロになってしまったな。まあまあ、だったかな。G子のギターは冴えていたなあ。
二人だけでやるのは、今回が初めてだったのですが、おもしろかったな。


1月17日(土) ライブ  20:00~ 1500円
       「11月、二つのかさぶた」
         大谷氏
         江藤 莅夏
 大谷氏、今回は、メロウな曲調の曲ばかりをやるという秋らしい縛りでのライブ。大谷氏の曲は結構この手の曲が多い、そういえば。
なんかおもしろいのよね、大谷さんって。独特。
2曲参加参加させていただきました。そんな曲調なのにね。無謀だけど、大谷さんとやるのはたのしいから。


11月10日(土) なんや30周年記念宴会 @得三
 
私の演奏はといえば、最終盤でのことだったので、皆さん覚えていないらしく、評価の声を聞くことはほとんどありませんでした。たけちゃんが、かろうじて記憶をたどってなんか言ってくれたくらい。
でも、お酒を飲めない小埜さんと、音楽をしっかり聞いてしまう癖のある森さんにしっかり聞いてもらっていて、感想を言ってもらえてよかった。嬉しいな。
せっかくの早川さんとの共演なので、極力飲まない様にして、特に出番前は水しか飲まない様にして臨みました。それでも、ある程度は酔っぱらっていたのかなあ。雰囲気でも酔っていたし。
早川さんのベースは、すごくやりやすかったし、おもしろかった。一緒にできて本当に夢のよう。
人音協は、久々でしたが、おもしろい発想の人ばかりで、久しぶりに感心しました。
おもしろい演奏をすることができたと思います。もっとノリの良い曲の方が良かったかもしれないけど。
最後の全員曲は、皆さまにご参加いただきありがとうございました。小林君の曲で、多くの人でやるのを考えた曲です。うまくいったかな。


10月26日(金) ライブ 19:30~  1800円
         だだくさセッションVol.12
           関 将

 関さんと二人で、フリーインプロヴィゼィションでの演奏をしました。
関さんのギターは、超1級品で、すごいなあといつも思っていたのだけれど、一緒にやったらもっとずっとすごかった。二人で音楽を作る喜びがとても味わえた。


10月24日(水) ライブ 19:30~ 1000円
        [ぷよの日記念vol.5]
         新井田 文悟(bass)   ソロ
        中西 健雄(語り) ソロ

        puyo(as)   ソロ



10月18日(木) ライブ  19:30~  2500円
        鈴木 常吉(vo.acc.g)
        スーマー(vo.4弦バンジョー.g)
 
3曲参加させていただきました。急遽。上手には到底出来なかったけれど、楽しかった。なんか、常さんに喜んでもらえて恐縮しまくりだけれど、よかった。よかった!胸をなでおろすし、うれしい。
 実際、3割の確率で音を外してましたし、Dmの曲に至っては、5割で外してました。MLBリーディングヒッターを超える確率、ぷぷぷ。でも、偉い事に、10割は越えません。
常吉さんが喜んでくれたけど、何がよかったのか?検証しないといかんなあ。


9月30日(日) ライブ 20:00~ 2000円
        泉 邦宏(歌,g,as,尺八など) ソロ
          guest : puyo(as)
 
最後に、べサメムーチョで御一緒させていただきました。楽しかったけど、よかったかどうかはわかりません。でも、良かったかも。


9月1日(土) ライブ 19:30~  2000円
        スーマー(歌のお伴はギターと4弦バンジョー。)
         Mr.Fの一人唄い
スーマーさんの演奏中、1曲参加しました。いい曲でした。やりやすかったし、楽しく、いい感じでできました。
(1回通してリハーサルしとけばよかった。)
アンコールでもやってみましたが、こちらは、とっちらかってしまいました。ふふふ。


8月24日(金) ライブ  19:30~  1000円
        [ぷよの日記念vol.4]
         ・ ビト(vo,g)
          ・中西 健雄(語り) ソロ

         ・ぶよぶよ市昭和区爆音町(丸市(drums)+G子(g)+麻衣(b)+puyo(as))



8月12日(日) ライブ  19:30~  800円
        マジョ
         丸市(drums)
         栗山 純(vo,g)[自由次元]
         山口 よしひろ(b)[発条仕掛]

          guest : puyo(as)



6月24日(日) ライブ 19:30~ 1000円
       [ぷよの日記念vol.3]
        中西 健雄(語り) ソロ
        外山 一吉(g)+丸市(drums)+中西 健雄(per)+puyo(as)
        ぶよぶよ市昭和区爆音町(丸市(drums)+G子(g)+麻衣(b)+puyo(as))
    
中西君、今回の語りのテーマは何でしょうか。すっかり語りも板についてきて楽しみですね。
    私は、ぶよぶよ市で参戦。しかも、今回新たに結成したバンドバージョン「ぶよぶよ市昭和区爆音町」がデビュー。ベースに麻衣、ギターにG子でお送りします。
    そして、第3の人には、一吉くん。丸市さんもいる日ですので、一緒にやります。


ベースの麻衣ちゃんの体調不良により、ベースなしでのライブとなりました。ベース抜きというのは、ちっとばかしきつかったのですが、まあなんとかやりました。
私は、ソロの時、ギターがバッキングしてくれるのでそんなに困らないのですが、ギターソロはちょっときついよね。

私の下手さが前面に出て、テーマとかむちゃくちゃではあったのですが、前よりは改善されているとは思うのです。そのうちに、きっと、うまくできるようになりたいです。

ソロ部分は、なんか思い切りやれました。まあ、不満はないです。

来てくれた皆様、ありがとうございます、本当に。一緒にやってくれた方々、ありがとうございました。



4月24日(火) ライブ  19:30~ 1000円
        [ぷよの日記念vol.2]
         黒田 かなで (vl) ソロ
         中西 健雄(語り) ソロ
         puyo(as) ソロ



4月11日(水) ライブ 19:30~ 2000円
         石原 岳(g)from 沖縄
         臼井 康浩(g)
         戸田 裕久(b)
         puyo(as)


3月16日(金) ライブ 19:30~ 2000円
         泉 邦宏(歌,g,as,尺八など) ソロ
           guest : 丸市(drums)、puyo(as)


2月24日(金) ライブ  19:30~  1000円
        [ぷよの日記念vol.1]
         中西 健雄(語り) ソロ
         
puyo(as) ソロ
         鈴木 実貴子(vo,g) ソロ

     なんや店主puyoの今年の初ライブ。ソロで好き勝手にやります。楽しみ!
     対するは、同じ歳の中西君。何をしてくるのやら。楽しみ!
     そしてもう一人(一組かな)実貴子さん。まっすぐで、力強くて、おまけにかわいい。楽しみ!


2011年


12月13日(火) ライブ 19:30~ 2000円
         ちくわぶ(Emma(Vo,Slide Gt) 野崎理人(Gt))guest : みかん(tb,vl,perc)
         AZUMI

     急遽、坂田明さん作曲のブルーズで、参加させていただきました。


11月19日(土) ライブ  19:30~ 2300円

         
近藤直司(ts,bs)(from のなか悟空と人間国宝)
         石渡岬(tp)
         小埜涼子(as,fl)

    急遽、最後の1曲で、参加しました。(ロンリーウーマン)


11月9日(水) ライブ 20:00~ 1500円
        スーマー(歌のお伴はギターと4弦バンジョー。)
    急遽、最後の1曲で、参加しました。(クレージーラブ)


11月5日(土) まつり&ライブ  飲み放題2500円(時間制限なし)+食べ物1品持ち込みをお願いします。
         
かんちゃんまつり
かんちゃんがなくなって、丸三年になります。三回忌も昨年で終了し、今年からは、かんちゃんを偲んで、というのを前面に強く押し出さず、楽しく飲もう、騒ごう、という風にしたいです。
「かんちゃんまつり」なんて名前も、いつの間にかついちゃって、恒例になってきています。
 当日は、どなた様も参加できます。かんちゃんを知らなくても大丈夫です。飲み放題2500円(時間制限なし)+食べ物1品持ち込みをお願いします。店側から食べ物の提供は、ありません。
 余興をしていただける方、募集しています。毎年、いろいろな出し物があって、楽しいことこの上ありません。
 皆様、よろしくお願いします。
ーーー現時点の出演者ーーーーーーーーー
  ・ちゃん森+丸市+G子+puyo(私です。)
  ・スティーブン
  ・金森+1曲のみ+ちゃん森
  ・Mr.F一人唄ひ+1曲のみ+ちゃん森
  ・大橋
  ・まなぶ+あやみチャーミング。+丸市
  ・蟻地獄天国
  ・ぶよぶよ市昭和区爆音町(私参加してます。)



10月31日(月) なんやで、ではありません。名古屋新栄TAURUSにて
       
ぶよぶよ市民の集い
        出演:ぶよぶよ市(PUYO&丸市)
            栗山“ミック”純(guest:金子ユキ)
            山田まゆみ
            発条仕掛
        OPEN 19:00 START 19:30 前売¥1500 当日¥1800 (別途要Drink代 ¥500)

           


10月10日(月) ライブ  19:30~ 1500円
        夢野 カブ ソロ
        ぶよぶよ市昭和区爆音町
             {G子(g)+カリ子(b)+丸市(drum)+puyo(as)}

           

とても、楽しくできました。私、こういうのが、一番好きかもしれない。


9月20日(火) ライブ  20:00~ 2000円
      ~三角みづ紀ユニット、セカンドアルバム『幻滅した』発売記念ツアー~
        三角みづ紀(詩人)  http://misumimizuki.com/
        林隆史(guitar)
         瀬戸尚幸(fretless bass)
        井谷享志(percussion)

         guest : puyo(as)
大雨で、本当に凄い降りでしたが、6時以降は、小雨。9時以降は、ほぼ一滴も降らず、といった天気でした。名古屋市では、100万人以上にに避難勧告、といったこともあり、お客様はなかなか集まりませんでした。昨日までの今池まつりで燃え尽きた上に土砂降りの雨で濡れまくり、だったなんやの常連さん方々は、欠席。たけちゃんだけが、顔色悪いのに馳せ参じてくれました。もう、大感謝。うれしかったなあ。
あと、岐阜の女の子、帰りの足を心配しながらも、来てくれました。レモン君は、妻子を避難させたうえで、来てくれました。G子も、疲れた表情でしたが、来てくれました。お客様は、この4人。なんやのスタッフも大雨の中、集まってくれ、観客に。

でもね、そんな中、集まってくれた方々を前に、気合いが衰えることはありませんでした。

最高のライブでした。

私も、参加した最初は、はげしく緊張しました。激的にうまいメンバー、きっちりと構成された曲、静かな緊張感のある曲、となると、好きではあっても入っていくのは、それなりの覚悟が必要ですね。
で、「カナシヤル」。私の中では、とっても美しくできた、と思います。なんか満足。満足なんかしていてはいけない、と言われそうだし、そうも思いますが、今回は、なんか満足。録音は聞いていませんが、なんか満足。


9月8日(木)  ライブ  19:30~  500円
       ぶよぶよ市+ちゃん森+スティーブン
          ちゃん森(g)
          スティーブン(b)
          
丸市(drums)
          puyo(as)

         guest : 安達 真(g)


8月6日(土) ライブ  19:30~  1500円
        スーマー
        附柴 あや(vo)+ともりん(g)+G子(g)
スーマーさんが、また、なんやにやってきます。とっても良いから来てね。
その対バンに、アコースティックギターを抱える二人(ともリン、G子)に、超美声・人のあやさんのボーカル、の今回初登場のユニット。お見逃しなく!

       スーマーさんの演奏に1曲参加させていただきました。


7月16日(土) ライブ  20:00~  2000円
        泉 邦宏(歌,g,as,尺八など)
          ゲスト : puyo(as)

         
最後の1曲に参加する予定です。
私は、1曲、参加させてもらいました。曲は予告どおり、「ドナドナ」。楽しかったな。泉さんとは、本当におもしろくできるのです。


6月18日(土) ライブ  19:30~  1500円 
        大谷氏 ・ とっちゃん
        森 香
         大谷氏の演奏に1曲(照明)で、参加させていただきます。

大谷さんの凄さは、なんでしょうね。見かけも普通、声も普通、ギターも普通、と言えますけれど、凄いのですよ。
見ていただければ、わかっていただけると思いますが、惹きつける力、惹きつけるもの、が違います。
「照明」、面白い展開で、楽しくできました。



6月3日(金)  ライブ  20:00~  1500円
     「三角みづ紀 vs 鈴木陽一レモン 2マン!」
         三角 みづ紀(詩の朗読)
         レモン(鈴木 陽一)(詩の朗読)
       オープンマイク、セッションあり。
           
セッションに参加させていただきます。
オープンマイクは、5分×5名くらい限定。 希望者は早めに、レモンさんか三角さんに連絡をいれるとかくじつ!です。
ご来場の予約も、レモンさんか三角さんまたは、なんや 052-762-9289 まで!

――以下、レモンさんの紹介文です。(mixiのなんやコミュニティから抜粋)―――
なんやさんにも毎年バンド「三角みづ紀ユニット」でツアーに来ている 詩人・三角みづ紀さんが、今回はソロアクトとして登場です!

6/4,5と関西ツアーの三角さんが、名古屋にも寄っていってくれるっ!
ぼくも僭越ながら、なにか声や言葉に似たものを用いてライブします。
最後のセッションには、ぼくのバンド・コトナのメンバーひでさん、
なんやのpuyoさん、他 が演奏で参加します。

あと、オープンマイクっていうのは誰でも自由参加のコーナーですが
持ち時間5分×5名くらい限定なので、希望者の方はお早めに、
ぼくか三角さんに連絡してくれると、かくじつ!です。
ご来場の予約も、僕宛てのmixiメッセージか
あるいは、なんやさん 052-762-9289 まで!




5月28日(土)  ライブ   19:30~  300円
        今池界隈居酒屋オールスターズ
          チャン森、スティーブン
           ゲスト : 丸市(drums)、山口(b)、山田(b)、puyo(as)
           
これに、参加させていただきます。よろしくね。


4月17日(日) ライブ  18:30~  2000円
         
ぶよぶよ市[puyo(as),丸市(drums)]
            ぜひ、来てくださいませ。
         スーマー  Solo

スーマー    http://suemarr.com
 横浜出身。2002年にドラマーから一転、フォーク・シンガーとして活動中。
欧米そして日本。国を問わず、古くからのフォーク、ブルースに敬意を持ちながら昔のメロディーや自分のメロディーと自作の詩が出会った歌を唄い続けている。
 弾いている楽器は60年代のヤマハ・アコースティック・ギター、20年代の4弦バンジョー。



2月28日(月) 
得三にて  19:00~   前売1500円 当日1800円
  
昭和爆音婦人会  [いつもと違うよ、お楽しみに!] 
  
虹色電鉄   [森真人(vo,g), 安楽勇作(b,vo), 丸市(ds)]
  
ぶよぶよ市 [puyo(as), 丸市(ds) ゲスト森香(g)]


2010年

11月20日(土) ライブ  20:00~ 2000円
         三角みづ紀(vo)  
http://misumimizuki.com/
         林隆史(guitar)
          瀬戸尚幸(b)
         井谷享志(per)

          ゲスト : puyo(as)

  
三角みづ紀さんの、なんやでのライブに、ゲスト参加します。
  三角さん、おもしろい方だから、とっても楽しみ!


  このライブでは、詩の朗読にあわせたインプロヴィゼーションと「カナシヤル」、「ちょっと待ってよ」で御一緒させていただきました。
  本当に、良い空気を作り出せる方々で、ものすごく、気持ちが乗りました。


11月6日(土) ライブ  20:00~(ライブ会場[2階]の開場は、19:00)   2000円
        ホルモン鉄道
           
大谷氏  http://www.ne.jp/asahi/chika/on/otani.htm
           石川 浩司
http://members.at.infoseek.co.jp/ukyup/

              30名限定 予約制
    このライブで、2曲、ご一緒させてもらいました。
    「ハエの種類」と「テンツクテンテン」です。
    おもしろかった!



10月23日(土)

かんちゃん三回忌 金太さん追悼 飲み会 (2010年10月15日更新)


この催しは、どなたでも参加できます。かんちゃん、金太さんを知らなくても結構!
楽しく盛り上がれる方なら、どんどん来てください。


芸などをを披露してくださる方々(予定)
    蟻地獄天国(ロックバンド)
    自由次元(ロックバンド)
    Mr.F
    森 香
    ぶよぶよ市
    金森
    なんや特製バンド
     他にも、当日やってくれそうな方が5名ほど、いらっしゃいます。
     お楽しみに!
 

ということで、ぶよぶよ市 と なんや特製バンド でやります。時間は短いですが、他にたくさんの方々がやられるので、きっと面白いでしょう。

なんや特製バンドは、午後7時過ぎからやる予定です。早いので、お見逃しなく。すごく、良いよ。急造バンドだけれど。



9月9日(木)
   TOKUZO12周年企画
    『梅津和時プチ大仕事atTOKUZO』
の1日として、

~箸休め。~
「第34回TOKUZOレコードコンサート」
“私のウメヅ、貴方のウメヅ、そして私がウメヅ”
コメンテーター:河合勝彦/岩田信一/古田一晴
脇田茂樹/小山妙/村上等/
西川プヨ
関島岳郎(ビデオ出演)/多田葉子/惣野裕史
聞き手:森田裕
18:00open 19:00start
¥300

が、あります。ライブ演奏ではありませんが、お越しくださいませ。



9月5日(日)
 場所は、なんやではありません。
  ”Whole Lotta Live vol.2"   @TAURUS(CBC斜め向かい)

    全4バンドのうちの一つで、ぶよぶよ市(buyobuyo-shi)が、やります。
    なんや以外での初ライブです。(ライブハウスでやるのも初)
    全編、私と丸市さんの二人でやる予定です。楽しみが多いです。
    ぜひ、お越しくださいませ。

   出演バンド: Romeo's
           buyobuyo-shi
           発条仕掛+IKICHI
           アクシデンツ

        open : 18:00
        start : 18:30

        前売 1000円 当日 1500円 (ドリンク代が別途必要)
         (チケットは、なんやでも、発売中です。店員まで声をおかけください。)




なんか、お客様の反応がとっても良く、ちょっとびっくりしています。
演奏中は、意外と冷静だったり、夢中だったりでしたが、やはり緊張しているので、音に安定感がありませんでした。うわずってしまいました。待つことができませんでした。
録音を聞くと、”ぎょえ~~~~”と声をあげて、身もだえしてしまいます。
良くないところばっか。

演奏中は、楽しかったです。Free improvisation ってやっぱり好きですね。
丸市さんのキックが、ドウンとかなってるしサックスの音も、リバーブがかかっていて、普段と違う感じで、ちょっととまどう。それが、よかったらしいけれど。PAを通すと、けっこう変わるんだね。
自分の音も良く聞こえるので、やりやすい。

それにしても、40分のライブ時間中、息もきれずにできてよかった。唇の筋肉がもたなかった今までから、進歩だ。

丸市さんは、最高だ。


    


7月25日(日) ライブ  19:30~ 1500円
        Chihana(vo,g)
          
ホームページは http://www.chihana.org
          
音源などは http://www.myspace.com/blackfirebird
        前座: 店主puyoのアルトサックスソロ
            G子の弾き語り
     なんやでもよくライブをしていただくバンジョー弾きのスーマーさんのおすすめの「ちはな」さんのライブです。
     まだ、22歳の女の子です。詳しいことは、上記ホームページをごらんくださいませ。

Chihana live
Chihanaさんの演奏、歌、良かったです。終わった後の話も、楽しかったです。
G子の初のソロ弾き語り、良かったです。
次回はぜひ、またお越しくださいませ。

そして、私のソロ。やっていて、おもしろかったです。
「my favorite things」「同志は倒れぬ」「耕すものの祈り」をやりました。好きな曲ばかり。



6月2日(水)  ライブ   20:00~   300円
           丸市(ds)
           puyo(as)

             初のワンマンショー
             吹きまくるぜ!吹きまくるつもり。吹きまくれるといいな・・・


ぶよぶよ市ライブ

6月2日に、なんやで、ライブでした。
たくさんの方に来ていただき、嬉しいです。ありがとうございました。

ライブは、たくさんのゲストに来ていただき、それぞれの個性を出していただきました。そういう点で、おもしろかったですね。その人ごとの個性に、結構な幅があり、おかげで、盛りだくさんな曲調の曲をやれました。
確かに、練習が、ほとんどできていないので、詰めがおおあまでしたけれど、それであっても、肝心なエッセンスは、込められたと思います。
私も、楽しかったです。

丸市さんと二人の曲も、だんだんとこなれてきた気がします。次は、ゲストの入らないライブをしてみたいですね。
















4月19日(月) ライブ  19:30~  1800円
            ◆大橋 隆宏 ソロ
            ◆Grand Master BP(くろひょう) ソロ
            ◆山内 桂(as,ss)
              小埜 涼子(asなど)
              武田信吾(asなど)
              puyo(as)


2月11日(木・祝) ライブ  19:30~  2000円
            
泉 邦宏(as,g,vo,fl,尺八,笛)
            丸市(drums)
            puyo(as)
             
昨年11月の同じメンバーでのライブが楽しかったので、図に乗って再びやります。
             今回は、モアベターよ!来てね。祝日だしね。
          

1月10日(日)  ライブ &レコードコンサート 19:30~  500円
           
正午なり[ライブ]
                 
正午なり:石田、三木、[ゲスト:丸市(ドラム)&puyo(サックス)]
           Blasting Rod
[ライブ]
           祭典の日(Celebration Day)
[サラマワシ]

              http://busaichedelic.org
             正午なりの石田さんに、誘っていただきました。
             正午なりの楽曲は、好きなので、楽しみです。
             (だいなしにしてしまわないか、ちょっと不安ですが)


正午なり

本番前に、軽く30分ほどリハーサル。いきなりの、「ここは、全開で」の石田君の指示のもと、私以外の3人が、全開。テープで聞いていたのと全然違うじゃん、お、お、そんないきなり全開になれるあなたがたって、などととまどいつつ、リハ終了。びっくりしました。かなり、めちゃめちゃな方々、なのでした。まあ、その方が、楽しいし、やりやすいや、と思いつつ、本番へ。1回もあわせていない曲もあって、でもまあ、問題ないだろう。不安はない。バンドの本体はしっかりしているから。

5時半ころに、なんや友雑穀(山のなんや)のゆめじさんら3人様が来てくださって、びっくり。わざわざ、ライブをご覧になりにきてくれたようだ。うれしいなあ。
6時半には、私の甥が、友達と3人で来てくれ、緊張するじゃあないか。
どんどん、お客様がいらっしゃって、厨房は大忙し。私を含めて5人体制で、なんとかこなして、ライブの始まり。

”レッド・チョットリン”レッドツェッぺリンのアコースティックな曲のコピーをやるバンド。この日は、ジミーペイジの誕生日記念という企画でもあったので、このバンド。しっかりとした演奏でございました。
店に流れるBGMもスティーブンの選曲でレッドツェッぺリン関連の曲。

そして、正午なり。前半は、石田・三木のメンバーに丸市さんが加わった形での演奏。気合いが入っていて、1階で聞いていても、笑えて来るくらいの入れ込み具合。すごいねえ。
後半は、私も加わって4曲。
いきなり、変な音を出すし、小節数も間違えたようだし、石田君の合図も見落とすし、(ごめんなさい)、などありつつも、自由にやらせていただいて、思いっきりできて、気分爽快。めちゃめちゃではあったけれど、やりたいことはできて、よかった。いいバンドだな、と思う。後で、録音したものを聞いたら、激しく暴れることにはなりそうだけれどね。

すっきりしたので、お酒がうまい。

ちょっと時間をおいて、スティーブンの演奏。一緒に、
ヴィプ (ex脳振頭)、パーカション
ガイさん、大人の科学で作ったミニ・ギター
ユッキー(exフローティング・フラワーズ/脳振頭/ピンガラー/θ)、ヴォーカル
の面々が加わっての豪華バージョン。
インド音楽のような、まったりとした感覚での演奏でした。
ガイさんのミニギターが、おもしろい味を出しておりました。
1階にいたお客さまも2階にあがられていったほどでした。

ライブ終了後も、楽しく盛り上がっていました。


2009年

11月19日(木) ライブ         20:00~   2000円
             泉 邦宏(as,vo,g)ソロ
             PUYO(as)+丸市(ds)

           


11月12日(木) ライブ         19:30~   1000円
             登 敬三(ts)
             臼井 康浩(g)
             puyo(as)
             石渡 岬(tp)
             小野 良子(as)
               
後半はセッションやります。楽器持参でお越しください!
                 

8月14日(金)   ライブ @なんや   19:30~     1500円
             『ヲトマミレノカイ』
                *中村勇治(SaxFrom福岡) http://www.nakamurayuji.com/
               *丸市

                *石渡岬
                *照喜名俊典
                *一ノ瀬大悟
                puyo(なんや主)

7月7日(火)  ライブ   @なんや   19:30~        1500円
            オールソロライブ
                 臼井康浩(gt)
              
 puyo(a.sax)
               Andrew Farmer(gt)
               
山田奈緒(tb)
               小野良子(a.sax)
               
マルコオーレ・カテキン(gt.vo)