nanya   イベント


         なんやでライブ・上映会・芝居などやってみたい方は、こちら

         過去の出来事を見たい方は、こちら



なんやでは、以下の催しが予定されています。

   ライブは2階で行われます。この時、1階は、通常営業をしています。
   ライブを知らずにお越しになり、ライブはいいや、という方も、お気軽に1階へお入りください。
   (通常営業ですが、ライブ中は、BGMはながれません。)

   レコードコンサートの表記のあるものは、なんやに流れる音楽の選曲をその方におまかせするもので、通常の営業と変わりません。
   無料です。(飲食代は、必要です。)普段と違った選曲を、お楽しみください。

  記載されている料金以外に、飲食代が別途必要です。

★予約受付方法: なんや052-762-9289まで電話で、または、メールnanyagokiso@wing.ocn.ne.jp 宛メールまたは メールでの予約をお願いいたします。イベント名とその日付、お名前と人数、連絡先をお知らせくださいませ。

2017年


6月23日(金) ライブ 19:30~ 予約1500円 当日2000円
   ISAMU(詩の朗読/詩的表現)
   みかん(vo,g)
   
ISAMU 今年の92日で詩の朗読、詩的表現活動16周年、1013日でデビュー16周年と今年で詩的表現活動&デビュー16周年となる武骨な迄の人間味を晒け出した全身全霊の詩の朗読活動、詩的表現活動を続ける詩的表現者
みかん
 AKIRA 歌を歌う マインドオープナーにこにこ◎^▽^◎みかん♪ (FB佐藤菅井美佳) 福島県出身岐阜県在住 AKIRA歌のれん分けシンガー 。師匠の【堂々とまちがえろ!胸をはって傷つけ】の言葉通り昨年8月習いたてのギターで堂々と間違え恥を晒しながらFacebookライブ動画配信を開始。自分大好きから始めよう♪幸せアホ仲間集まれ〜♪


6月24日(土) ライブ 19:30~ 1500円
   福田ユウイチ(vo,g)+後藤トシロヲ(vo,g)
   イトギクモナカ [(出雲麻紀子(pf)+鵜飼恭子(ac)]
 
   元橋たいぞう(vo,g)
  
福田ユウイチ 雑多な心象風景を歌にする。2015年より後藤トシロヲと共に各地を回る。実はパン屋。
後藤トシロヲ 飛騨高山のsaibais、富山の奇才大谷氏のサポートギタリスト。福田ユウイチと共に新たな境地を開拓。MCで繰り出す親父ギャグが酷い。
  
イトギクモナカ 鵜飼恭子(アコーディオン、ピアノ、うた)と出雲麻紀子(ピアノ、鍵盤ハーモニカ、うた)の同い年ユニット。同じ高校卒業と言うことで同窓会の名前である『いとぎく』から命名。(いとぎく最中)POPというフィールド内を自由に網羅する一癖アリなメロディーを激しく優しく奏でる。名古屋を中心に、関西や関東でも活動。
  
元橋たいぞう 大阪出身。 ベーシストとして多数のバンド、セッションに参加。 デジタルディレイ(ループ)やノイズを取り込んだベースソロインプロビゼーション、コンテンポラリーダンスとのコラボによるduo等の他、 アコースティックギターの弾き語りでオリジナル曲を唄う。 ’14年以降〜現在、愛知県春日井市在住。 煙草と珈琲とサイケデリックロックを愛する真面目な人。


6月25日(日) レコードコンサート 18:00~翌2:00 無料
    F アワー
     選曲 : Mr.F

  



6月27日(火) ライブ 19:30~ 2000円
   THE HONEY PUMP [Mia Zabelka (オーストリア) – Violin+Nicola L. Hein (ドイツ) – Guitar]
音源https://soundcloud.com/mia-zabelka/hein_zabelka-duo
関連site https://nicolahein.com/the-honey-pump/
  臼井康浩(g)+鈴木茂流(b) DUO
  
ウィーンのMia ZabelkaとドイツのNicola  Heinというヨーロッパでアクティブに活動してる即興ミュージシャンによるDUOユンット THE HONEY PUMPの初来日ツアー。内的で高密度なダイナミクスを有する彼らの音は静と動を最大限に活かし、アコースティックとエレクトリックの双方の魅力も有機的に融合した音風景をつくりあげている。今や伝説のDUOとも言われている臼井康浩&鈴木茂流はそれぞれのインプロ世界を更に掘り下げた新たな側面がじわじわと現れてきます。濃厚な夜になることはお約束できます(臼井)


6月30日(金) ライブ 19:30~ 2000円
   佐藤幸雄(vo,g)

   とんちピクルス(vo,g)
  
 
 

とんちピクルス松浦浩司のことをぼくは敬愛しております。それは、彼が間違いなくパンク・ニューウェイヴを身体に染み込ませた、「その次」を歌おうとしている歌い手だからです。もちろん、ただの面白ウクレレ&ラッパーと聴いても、とても素敵
わたくし佐藤幸雄は歌とギター。毎瞬毎瞬、歌を立ち上げるため、全力できちんとしようとしております。(佐藤)
とんちピクルス
福岡在住の松浦浩司によるソロユニット。ウクレレの弾き語り、自作のバックトラックにのせてラップなど奔放なスタイルで人生のわび、さびを歌い上げる。淋しい歌からエロい歌まで、人形メンバーと繰り広げられるステージは、夜の大人の学芸会といった趣。
CD「とんちピクルス」、レコード「RECODAS」、「夫婦げんか/弟よ」発表。


7月1日(土) ライブ 19:30~ 2000円
  
2017梅雨巡演"つゆしらず"
   やもと問唔(vo,g)
   
金の鯱を游がせんばかりに雨が花と咲く季節真っ只中に唄をお届け
【“歌う物体”やもと問唔プロフィール】
移動性観光資源。1991年に店舗での演奏活動を始めた博多を現在も拠点にして、オリジナル曲をギター弾き語りで全国各地へ届ける日々を送り、宇宙気分で心の彩りを歌い奏でる。1971年生、今年から始まる16番目の祝日「山の日」が誕生日。千葉県出身。飲める液体大好き。路線バス好き。男。足()30cm
.


7月2日(日) ライブ 19:30~ 1500円
   おちょこ
   なきむしチェリー(vo,g)+puyo(as)
  
おちょこ
うたうたい、声使い。

ロックバンド国分寺エクスペリエンスで20年余り、曲作りと、ボーカルを担当していました。
2008年ごろからソロ活動をはじめギター弾き語りでオリジナル曲を歌ったり、声やエフェクターを使った即興演奏をしています。
女である自分の中にある、母、少女、少年。邪悪。野生。官能。すべてを含んだ大地のような、妖怪のような、うたうおばばを目指して、日々年を重ねているところです。
風呂 https://www.youtube.com/watch?v=xVPH_MNxNw4
グリーングリーン https://www.youtube.com/watch?v=vLIggqw8lj8
ふろーぴーぷる https://www.youtube.com/watch?v=tWka8nGnO48
ヒカレテ   https://www.youtube.com/watch?v=sUrysnOp1So
くま  https://www.youtube.com/watch?v=hcFDbnfGl2I
   
なきむしチェリーは、明るい人。天真爛漫な様子に心洗われる。。私(puyo) が入ってどうなることやら!?
  

7月7日(金) ライブ 19:30~ 1500円
    puyo(as)
    一ノ瀬大悟(b)
    酒井美絵子(ds)
   

満を持してのトリオ。ついにこの組み合わせ。一つの究極を極めようぞ!
  



7月8日(土) レコードコンサート 18:00~翌2:00 無料
    F アワー
     選曲 : Mr.F

  



7月9日(日) ライブ 18:30~ 1000円
   ギアマス(vo,g)
   
ひーさ(vo,g)
   
ギアマス  孤高の歌うたい
ギアマス(クスミヒロユキ)プロフィール
1961年 京都生まれ
1980年 パンクバンド「コインロッカーベイビーズ」結成 Vo&G担当
1981年 当時の伝説的パンクバンド「THE STALIN「連続射殺魔」等のオープニングアクトを務める
1982年 「コインロッカーベイビーズ」解散
1983年 「THE REBEL BOY CLUB」結成 G担当 
2014年 「THE REBEL BOY CLUB」脱退
2015年 クスミヒロユキ ソロプロジェクト「ギアマス」始動。京都を中心に東京、大阪他、地方都市で定期的なライブを敢行中
2016年 ファーストシングルCD「冬の花火」発売
ひーさ
静岡県熱海市出身。
スリーピースロックンロールバンド、TRES(トレイス)のメイ ンボーカル&ギター。
7080年代のバンドサウンドに傾倒しており、イナタイサウン ドを響かせ、神奈川~静岡を中心に全国津々浦々で活動中。
また、並行してアコースティック弾き語りでも関東近郊を中心に活 動中。


7月12日(水) ライブ 19:30~ 1000円(急遽決定いたしました。ライブスケジュール(印刷物)には載っていません)
  平居秀介(sax,etc)
  ディ(ds)



7月18日(火) ライブ 19:30~ 1500円
  
Nicolas Field Gregor Vidic (from スイス)
  臼井康浩(g)+松田和彦(g) DUO
     
スイスのドラマーField Nicolas がサックスプレヤーGregor VidicとのDUOで名古屋にもやってくる!!ニコラスはLEON TrioJasper Stadhouders とのDuoに次ぐ3度目の来日。繊細な側面と大胆な側面の両方を兼ね備え、独自のバランス感覚で双方を行き来する優れたインプロバダー。地元勢からは、ありそうでなかったギターDuo、今回初ライブとなる臼井康浩&松田和彦Duo(臼井)
https://www.youtube.com/watch?v=6D1Mp2UjtKE
http://www.nicolasfield.com/


7月19日(水) ライブ 19:30~ 2300円
   鈴木常吉(vo,acc,g)
   

忌野清志郎、高田渡、早川義夫らに絶賛され、TVドラマ「深夜食堂」挿入歌で熱い支持を受けた鈴木常吉さんが、なんやに登場。セツナイ記憶や儚い希望が練り込まれた常さんの歌は、一人酒の最高のおつまみ。何気ない日常が何より素晴らしいと感じさせてくれるブルース。(さかい)
昨年、映画「オーバーフェンス」にも出演。一風変わったいい味を出していました。


月20日(木) ライブ 19:30~ 投げ銭
    ハナクソ(vo,g) from高知
 

ハナクソ君、まっすぐストレートすぎる人で、こちらの心が揺さぶられる。独特の動き、独特の声、すごい汗。ぜひ、見に来て頂きたい。


7月21日(金) ライブ 19:30~ 2000円
   鬼頭つぐる(vo,g)

   橋本進(vo,g)+伊藤誠人(key)
   

鬼頭つぐる

名古屋出身、さいたま在住のシンガー・ソングライター ジャズ、フォーク、ロックなどアメリカ的な音に等身大の歌詞をのせたオリジナルや その辺りのカバーを好んで唄う。 年間200本を越えるライブを全国で行っている。

橋本進
やわらかい物腰と歌声だが、中身はなかなかに鋭い。辛辣ともいえる歌が興味深い。日々、進化していく人なので、今回はどんなふうになっているかな。伊藤くんの熱い演奏がまたうれしい。


7月22日(土) ライブ 19:30~ 2000円
   ~落語と音楽となんや~
   入船亭扇里落語会
   ポチ(ヨダアミ)

   樋口智美(vo,g)
前回、満員御礼となった落語家「入船亭扇里」と音楽との対バン企画の第2弾!
今回は、動物や自然にいきるものの気持ちをうたうアニマルポップスユニット「ポチ(ヨダアミ)」、
女の情念を歌い続け、70年代の歌謡曲やフォークを彷彿とさせる「樋口智美」を迎えてお届けします。
声、表情、語り口が素晴らしい入船亭扇里と個性豊かな女性ヴォーカルたち。
落語も音楽も楽しめるお座敷ライブをぜひお楽しみ下さい!(石原)
   
入船亭扇里
昭和51年7月11日生まれ、神奈川県出身。
平成8年九代入船亭扇橋に入門 前座名「扇ぱい」 
平成12年二ツ目昇進「扇里」と改名。
平成22年秋、真打昇進。
寄席や落語会に出演する一方、子供達とのワークショップ、学校での公演、FMラジオDJ、ライブハウスへ出演。
場所、お客様を選ばない幅広い活動、そして丁寧な高座が好評を得ている。
http://senri.daa.jp/


ポチ(ヨダアミ)
動物や自然にいきるものの気持ちをうたうアニマルポップスユニット「ポチ」。
そのリーダーを務めるのが、即興ボイスパフォーマーとしても活躍している「ヨダアミ」。
2011年にプロジェクトはスタート。2013年にはNHK「Uta-Tube」出演。
ライブハウス、カフェ、ギャラリー、学校などイベントに応じて、1人からバンドまで編成を変える自由な発想のスタイルと、優しさ溢れる詞と声が大人から子供まで幅広い層から人気を集めている。
独特で自由な世界をお楽しみください。
https://amipochi.jimdo.com/
https://www.youtube.com/watch?v=qV8nfbchIJo
https://www.youtube.com/watch?v=Lklm4zQHlWM

樋口智美
70年代の歌謡曲やフォークを彷彿とさせる昭和の匂いがする、個性的な存在のシンガーソングライター。
女性ならではの心情をあるときは激しく、あるときは切々と、「女の情念」をテーマに唄い続ける姿には、ある種の美学を感じさせてくれます。
演歌的な恨み節の世界をドロドロした暗いものにするばかりでなく、面白おかしく描いたり、しっとりと聴かせたり、ユニークな着眼点の詞とメロディが随所に散りばめられ、彼女にしか出せない空気感を常に持ち続けている。
http://blog.goo.ne.jp/hgchmusic
https://www.youtube.com/watch?v=tMai7iMBbRE
https://www.youtube.com/watch?v=NjBMCX6Y4JA


7月23日(日) ライブ 19:00~ 世にも奇怪な自己申告制席料:最低席料2017円払う、払わぬは本人次第。お値段以上と満足頂ければ天井席料(上限なし)でお願い存じます。
  
悪魔の一人旅
   悪魔 : 魔野 利郎
   武器 : flute-basse F. flute-alto G. flute-C.

  
悪魔の接吻、悪魔に接吻に続く悪魔シリーズ、今宵生け贄を探す毒奏の宴.
生け贄はあなたかも知れない !!
(魔野)


7月26日(水) ライブ 20:00~ 2500円
   合言葉は襲!執!臭! 襲~幻一郎、執~智美、臭~香
    幻一郎(福岡)
    樋口智美
    森香
     
満を持してアイツがやってきた!!概念を覆すライブ、博多の太鼓叩き語り、幻一郎!!
それを迎えるのは、地元名古屋から、女の情念樋口智美。
そして、笑って泣いて、人間臭い感情をこれでもかと揺さぶる、森香。
幻一郎が「襲」い、樋口智美が「執」念を燃やし、森香が人間「臭」さを吠える。
必見!!(樋口)


7月28日(金) ライブ 20:00~ 2500円
   NewCD「哀愁のホルモン鉄道」発売記念ツアー!
     ホルモン鉄道[石川浩司&大谷氏]
      ゲスト:とっちゃん

 


7月30日(日) ライブ 19:30~ 予約2500円 当日2800円
   
Trio Oddball
    渡辺隆雄(tp)
    臼井康浩(g)
    ハセタク(per)

 
空駆けるメロディー大地を揺さぶるリズム~ブラジルとロックが 激しく交わる場所
ブラジルのリズムを取り入れつつ、独特の編成でロックする熱く激しいインストトリオ。...
Trio oddball 2nd album release Live


7月31日(月) ライブ  19:30~ 2000円
    本間章浩(vo,g)
    元橋たいぞう(vo,g)

【本間章浩プロフィール】
 1962103日生まれ。
 80年代から「赤と黒」のギターとして新宿ロフトを中心に全国で1000本以上のライブを展開。
 赤と黒、解散、再結成の後、1996年クラウンレコードよりメジャーデビュー。
 90年代からは、自らのバンド「King Biscuit Time」の活動も開始しつつ、Bay FMFM富士、ラジオニッポンなどでラジオ番組パーソナリティーもこなし始める。
 現在、「King Biscuit Time(VoG)、「赤と黒」(G)、「nickeythe Warriors(G)として全国でライブを展開中。
 2008年、京都を皮切りに奄美大島まで初のアコースティックソロツアーを開始「七転五起ツアー」と題し現在も定期的に全国をツアー中。
 主な参加アルバム
・ 赤と黒「AKAKURO(クラウン)
・ オムニバス「I WANNA BE A STOOGES(CBSソニー)
・ 清春ソロ「EMILY(東芝EMI)
・ オムニバス「赤イジワルケイ」(avex) 参加ミュージシャン:鮎川誠、シーナ、甲本ヒロト、清春、チバユウスケ、花田裕之 他24アーティスト
Nickey&the Warriors
・「in my Heart」 (ウルトラバイブ)
他多数!!

 
  
80年代から「赤と黒」のギタリストとして、活動する本間章浩さんが、なんやに登場。
激しくギターを掻き毟り、絶叫から繰り出される全身全霊のラブソング。自分が生きている証を刻んでいるかの様なギミックなしの愛の歌。「赤と黒」の著者スタンダールの墓碑銘は「書いた、生きた、愛した」である。WELCOME本間さん、愛の雨降らせてよ!(さかい)

 

元橋たいぞう 
大阪出身。 ベーシストとして多数のバンド、セッションに参加。 デジタルディレイ(ループ)やノイズを取り込んだベースソロインプロビゼーション、コンテンポラリーダンスとのコラボによるduo等の他、 アコースティックギターの弾き語りでオリジナル曲を唄う。 ’14年以降〜現在、愛知県春日井市在住。 煙草と珈琲とサイケデリックロックを愛する真面目な人。


8月2日(水) ライブ 詳細未定
   野道幸次(sax)+野口UFO(per)
   平居秀介(sax,etc)+ディ(ds)


8月4日(金) ライブ 19:30~ 2500円
   豊田道倫(vo,g)
    

超個性的。
唯一無二な存在。

-2016年9月22日のTwitterより-
曲が出来た時、よく想像するのは、名古屋御器所なんやでのライブで、 この曲やれるかな、と。飲み屋の二階の座敷で、照明など何もショウアップされる要素ないならこそ、素の歌でちゃんと魅せられるのか。 蕎麦屋の二階で小さな落語会やる感じもあり、好きな場所。
(豊田


8月5日(土) ライブ 19:30~ 1000円
   ぶよぶよ市昭和区文悟町[puyo(as)G子(g)新井田文悟(b)丸市(ds)]

   
ぶよぶよ市、5月今池遊覧音楽祭以来のライブです。あの時はありがとうございました。今回も、新曲を引っ提げて、爆発的ライブをしたいと思っています。どうぞお越しくださいませ。


8月6日(日) ライブ 詳細未定
   ヒューバート・ホルモン Jr.
   PLYEM 


8月8日(火) ライブ 2階開場18:30 開演19:30 投げ銭
   大島祐子(ds)
   金子ユキ(vln)

   小埜涼子(as)
フランス在住のドラマー、大島祐子を迎えて、彼女の名古屋活動時代から共に共演してきた金子と小埜によるトリオ編成のセッション。繊細かつ大胆な手法と女性らしいエレガントでロマンチックな音楽をお楽しみください!
    


月11日(金・祝) ライブ 19:30~ 1000円
   坂田こうじ(ds)
   新井田文悟(b)
   puyo(as)

    ゲスト : 小嶋哲也(sax)
    


8月14日(月) ライブ 19:00~ 2000円
   
「エンディを偲ぶ夜」
     HONEY MAKER
     山川のりを
     伊藤せい子(夕凪)


8月22日(火) ライブ 19:30~ 500円

    KUKUセッションvol.4 (当日、参加者受け付けます)
     ホスト : やちり(as)

  
参加者募集中:楽器でも踊りでも絵でも、みんなでセッションしましょ。
その昔、名古屋にはKUKUという朝まで開いてるバーがあった。お客さんがいてもいなくでも、マスターはドラムを叩いていた。店を辞めた後も、マスターは路上で即興演奏をしていた。そんなマスター村上等さんに感謝を込めて、私たちは即興演奏を続けます。自由に音で遊びましょう。演奏希望の人は、楽器を持って全員集合!即興好きなあなたも、全員集合!(やちり)



8月23日(水) ライブ 19:30~ 1500円

   柳川芳命(as)
   奥堀博史(el-b)
   藤田亮(ds)
 
誰のようでもないナニワの一匹狼ドラマー藤田亮と、一瞬の憑依に賭ける蒲郡のアナーキーなベーシスト奥堀博史を擁するこのトリオ。言語での解説は不能。只々潜在意識から湧き出る音で示すのみ。


8月25日(金) ライブ 19:30~ 2000円
    夢野カブ(vo,g)
   
あんな歌詞を、あんな声で、あんな風に歌えたら。夢野カブは、ロックボーカリストの一つの理想形。魔法使いサリーの悪戯小僧と同じ名の彼は、サリーを魔法界に連れ戻す小僧同様、僕達を日常からロックの世界に連れ戻す。初めてロックにやられた瞬間、居ても立ってもいられないあの鼓動が再現する。マハリクマハリタ待ち切れない!(さかい)


8月27日(日) ライブ 19:30~ 予約1500円 当日2000円
    蠣崎未来

     Mr.F
  
蠣崎未来
岐阜在住のシンガーソングライター。
2013年、神戸在住時に弾き語り活動を開始し、加川良、キム・ウリョンらのオープニングアクトを経験。
岐阜に戻ってからは、名古屋を拠点に関東や関西など様々な場所でじわじわと活動を広げ、各地で話題となっている。
オリジナルからカバーまで、様々なジャンルの曲を独特の濁声で唄い、その圧倒的な歌声は往年のブルース、ジャズ界の名シンガーを引き合いに出されることもあるほど。あどけない笑顔からは想像できない、唯一無二の声は力と繊細さを兼ね揃え、一聴しただけで聴くものを惹きつける力を持っている。


9月1日(金) ライブ 19:30~ 2000円
  非ロケット式宇宙到達ツアーその2
   
DOGON [赤澤洋次(g,etc)+辰巳小五郎(tp,etc)+湊雅史(ds)]


9月8日(金) ライブ 詳細未定


9月9日(土) ライブ 開場19:00 開演19:30 前売(予約)3000円 当日3500円 
    山田晃士独り舞台巡業
    『鍵穴から覗き見』

ご予約は7月1日(土)午後5時から受付いたします。予約方法は、ページトップ(上)をご覧ください。
泥沼組合先行予約もあります。6/30(金)まで)

   
ガレージシャンソン歌手、山田晃士。気品漂う所作、硬派且つ色気に満ちたその歌声は、発せられた瞬間から空間を制す。ロマンス、皮肉、ユーモアの真実。それらの連続性が織り成す優美な歌世界は、大正ロマンやフランス映画を彷彿とさせ、観る者を魅了してやまない。歌とは、エンターテインメントとは、かくも素晴らしいものか。(カリ子)


9月10日(日) ライブ 19:30~ 2000円
  「中京人間凶器」
   のなか悟空(ds)
   柳川芳命(as)
   一ノ瀬大悟(コントラバス)



9月15日(金) ライブ 19:30~ 2000円
   ナベジ(vo,g)
   内藤コース
ケ(vo,g)

 
ナベジ
1991年より活動を続ける日本語トリオロックバンド、スランキーサイドのVocal&Guitarナベジ。
アコギ弾き語りについても同じく、91年よりバンドと並行して活動。
2013年冬からは、ギターをNationalのリゾネ-ターへと持ち替え、日本語によるオリジナルブルースを唄う。

http://nabeji.net/



9月16日(土) ライブ 詳細未定
   
Baby krishna lovers band


9月17日(日) ライブ 18:30~ 前売3000円 当日3500円 注:定員25名
   
青春エンターテイメント「転がせ青春!第10話」 御器所なんや地下劇場(2F)
     【出演】最鋭輝/犬神ジン /さじー/中嶋雅雪
    
予約→薔薇屋敷レコードmotoki4510@gmail.com (7/1より受付)
   
毎回、とてもおもしろくなる愉快なライブ。今回は? 演奏力も、実は抜群



9月20日(水) ライブ 詳細未定


9月22日(金) ライブ 詳細未定
   竹内 直(sax)
   酒井美絵子(ds)



9月26日(火) ライブ 19:30~ 1500円
   柳川芳命(as)
   坂田こうじ(ds)

  
時は来たれり!


9月29日(金) ライブ 19:30~ 詳細未定
     知承[ チスン](vo,g)
    
在日韓国人三世、日本で一番在日が生活する街生野区で生まれ育ち、その生活の中から生まれた唄を弾き語ります。1962年生まれ。


9月30日(土) ライブ 19:30~ 1500円
  『奇女と野獣と眼我』

   ISAMU(詩の朗読/詩的表現)
   フウジン(from:ワッペリン)(vo,key)
   眼我真(vo,g)

   
ISAMU
今年の92日で詩の朗読、詩的表現活動16周年、1013日でデビュー16周年と今年で詩的表現活動&デビュー16周年となる武骨な迄の人間味を晒け出した全身全霊の詩の朗読活動、詩的表現活動を続ける詩的表現者
フウジン
名古屋の奇天烈バンド、ワッペリンのボーカルキーボードマスコット。 ポップで奇妙!絶妙!
眼我 真
201111月なんや初登場、観る者皆が度肝を抜かれ唖然、茫然自失となり衝撃を与える。出演の度に彼独自の世界観、歌世界、演奏に初見の者は笑撃いや衝撃を受けマニア的な固定ファン、熱烈な眼我信者と化した信者達も観る度に大爆笑の渦と化す。もはや神の域と化した東海地区いや日本音楽界の人間国宝、無形重要文化財といっても過言では無い未だ体感した事が無い方は自身が抱いて来た音楽、歌に対する固定観念、既成概念というものが木っ端微塵に破壊され演奏後にはきっと平伏している自分が居るかも?



10月3日(火) ライブ 詳細未定
   Fraudband
  
 川口雅巳


10月13日(金) ライブ 19:30~ 2300円
   LUNA(vo)
   加藤雅史(b)



10月14日(土) ライブ 詳細未定
   Yossey

  
Yosseyさんは、足癖が悪い、じゃなくて足の動きが素晴らしい。ループをかけたり、エフェクター操作したり、良く動く!ループもとても複雑に操作していて、職人技だ。ライブを見ると、音楽に対する愛をひしひしと感じます。すごくよいです。一生懸命です。ライブというのは、人を見るものなんだと思うよ。どうぞ見に来てください。


10月17日(火) ライブ 詳細未定
   柳川芳命(as)+Msg(ds)


10月25日(水) ライブ 詳細未定
   新井田文悟 他


10月28日(土) ライブ 19:30~ 2300円
   アニーキーアゴーゴー!(vo,key)
   
 
アニーキーアゴーゴーこと山浦智生さんは、じっくりと染み入る曲を作る。楽曲自身は派手さもあるが、飾らない朴訥とした声でじっくり歌う。それがなんとも心地よい。魂を撫でられているようだ。avexのカッティング・エッジよりメジャーデビュー。ジェームス・ブラウンの来日公演でオープニングアクトを務める。といった経歴の持ち主。



11月3日(金・祝) ライブ 詳細未定
   ナジャ(モザンビーク マコンデ族)(g,vo)


11月11日(土) ライブ 詳細未定
   Adam Pultz(b)+Julia Reidy(g)
   臼井康浩(g)


11月18日(土) ライブ 詳細未定
   さがゆき(voice)
   加藤祟之(g)


11月28日(火) ライブ 詳細未定

   渡辺隆雄(tp)
   早川岳晴(contrabass)


12月2日(土) ライブ 19:30~ 3000円
   林栄一(as)
   柳川芳命(as)
   小埜涼子(as)