nanya   イベント     


         なんやでライブ・上映会・芝居などやってみたい方は、こちら

         過去の出来事を見たい方は、こちら



なんやでは、以下の催しが予定されています。

   ライブは2階で行われます。この時、1階は、通常営業をしています。
   ライブを知らずにお越しになり、ライブはいいや、という方も、お気軽に1階へお入りください。
   (通常営業ですが、ライブ中は、BGMはながれません。)

   レコードコンサートの表記のあるものは、なんやに流れる音楽の選曲をその方におまかせするもので、通常の営業と変わりません。
   無料です。(飲食代は、必要です。)普段と違った選曲を、お楽しみください。

  記載されている料金以外に、飲食代が別途必要です。

★予約受付方法: 前日までに、なんや052-762-9289まで電話で、または、メールnanyagokiso@wing.ocn.ne.jp 宛メールまたは メールでの予約をお願いいたします。イベント名とその日付、お名前と人数、連絡先をお知らせくださいませ。
(留守番電話へのメッセージの録音だけでは予約の成立になりません。また、なんやの電話はかけてきた方の番号が表示されませんので、こちらからかけなおすことはできません。メッセージの中で、明確にご自分の番号を録音された方には、こちらから電話いたします。)



2018年



2月25日(日) ライブ 19:00 1000円
  附柴亜弥(vo.g)
  杉本忠(vo.g) Big Remark
  TIME FLIES HOUSE
  O.A. あいchan
   
名古屋中心に活動中の3マン
とにかく音楽で楽しもうと言うアコースティックユニットTime flies houseは懐かしい歌謡曲やアニソンをアレンジしてお届けします。
そのメンバーでもある、ソロで活動中の杉本忠と附柴亜弥のライブもあり。
一緒に歌って楽しめるライブです。


2月27日(火) ライブ 18:30~ 2000円
  「森香アンポンミュージック全熱唱」
  森 香(vo,g)
全レパートリー終電までに唄い切れるか!
 
歌の旅が始まって10年を超え、歌いたくてもなかなか歌えなくなっている楽曲が山積みされてきました。
時間の許す限りきっちりと歌わせてもらいます。
初の試みです。
天からの贈り物だと思っている歌達に新しい命が宿るよう丁寧に歌います。
ゆっくりとお楽しみいただく体制でお越しください。


3月2日(金) ライブ 19:30~ 1500円
  
アカノシバヒト(as)
  柳川芳命(as)
  puyo(as)
 
昨年末の「なんやアルト地獄天国」(客席王企画)に引き続き、「ALTO SUMMIT」(柳川さん命名)でアルトサックス3本のダイナミックな演奏をお届けします。今年はこのW企画でアルトの凄さ・ダメさを必要以上に味わってください。あなたもその虜にしたい!アルト3本、在るとすごいぞ!


3月3日(土) ライブ 19:30~ 1500円
  『奇女と野獣と眼我-世にも奇妙な雛祭-』

   ISAMU(詩の朗読/詩的表現)
   フウジン(from:ワッペリン)(vo,key)
   眼我真(vo,g)

    ゲスト: うかキョン(vo,acc ※第8旅団)
    
昨年の9月30日に開催し超満員大盛況大好評となった『奇女と野獣と眼我』の第二夜。
今回は雛祭の日の開催なので好評を博し前回の出演者のISAMU、フウジン、眼我 真の3人の他、ゲストに8旅団のアコーディオン奏者、うかキョンを迎え開催。
まさしく世にも奇妙な雛祭に?!
是非!遊びに来て下さいませ。

ISAMU
詩的表現活動、デビュー17年目に突入の全身全霊一編入魂型詩的表現者。
フウジン
名古屋の奇天烈バンド、ワッペリンのボーカルキーボードマスコット。 ポップで奇妙!絶妙!
眼我 真
201111月なんや初登場、観る者皆が度肝を抜かれ唖然、茫然自失となり衝撃を与える。出演の度に彼独自の世界観、歌世界、演奏に初見の者は笑撃いや衝撃を受けマニア的な固定ファン、熱烈な眼我信者と化した信者達も観る度に大爆笑の渦と化す。もはや神の域と化した東海地区いや日本音楽界の人間国宝、無形重要文化財といっても過言では無い未だ体感した事が無い方は自身が抱いて来た音楽、歌に対する固定観念、既成概念というものが木っ端微塵に破壊され演奏後にはきっと平伏している自分が居るかも?
鵜飼恭子
京都にてバンド活動、後にアイリッシュブームにハマりアコーディオンを弾き始める。2017年、劇団音楽に目覚め新境地開拓。名古屋にて第8旅団他、東海北陸関西にて活動中。半世紀「生生」ユニットは10年後の「長生き」ユニット目指して個々に長々と進行中!
 


3月4日(日) ライブ 19:30~ 1000円
  元橋たいぞう(vo,g)
  甲斐ヒロシ(vo,g)
  五十嵐浩司(vo,g)
   
名古屋近郊の中堅どころの3人の弾き語り。なんやに呼びたい3人を一堂に会しました。
音楽的にも転機を迎えた元橋と、なんや初の甲斐、精力的にライブを展開する五十嵐の3メン。


3月5日(月) ライブ 19:30~ 2000円
   桂あおば
   かんた
 
桂あおば 上方の落語家て2010年桂ざこばに入門
 
かんた 1964年大阪産まれ ラジオで河島英五を聴き「ギターを弾いて唄う人になりたい!」とギターを手に入れる。 18歳、名古屋に住み着き人前で唄いだし、フォークやブルーズに感化され“夜と酒とオネーチャン”のオリジナルを唄い今に至る。


3月6日(火) レコードコンサート 18:00~翌2:00 無料
    F アワー
     選曲 : Mr.F

  



3月7日(水)、臨時休業いたします。どうぞよろしくお願いいたします。


3月8日(木) ライブ 19:30~ 2000円
   谷本 仰(violin)
   臼井康浩(g)
        
谷本仰(たにもとあおぐ):福岡・北九州在住。ヴァイオリン、エフェクト、声、鳴り物、他。ロック、フリージャズ、即興、タンゴ、劇音楽など との出会いを経て2007年ソロ活動開始。対話的に展開する独特のパフォーマンス「ソロダイヤローグス」は「映像のない映画のよう」とも評さ れる。


3月9日(金) ライブ 19:30~ 1500円(高校生以下無料)
  濱田千枝(fl)
  野口義徳(ジャンベ)

  新井田文悟(b)

   
音楽は楽しいモノだ!
聴くのも、もちろん演奏するのも…
1人でも楽しい。2人なら面白い!では3人ならば更に
フルートとジャンベとベース。
3人が織り成す即興は音楽に出逢った頃のドキドキワクワクを思い出すはず
是非、体現しに来て欲しい…


3月11日(日) ライブ 19:30~1500円
  谷向柚美(voice)
  小埜涼子(as)
  
フリージャズ界にとどまらず、国内外で独自の世界観を切り開くサックス小埜涼子。
声の可能性を追求しつつ、時にはエレクトロニックに即興演奏を繰り広げるボーカル谷向柚美。今回、ガッツリduoでどんな夜なるのか?!乞うご期待!!


3月13日(火) ライブ 19:30~ 1500円
 「虹色の現在地ツアー」
  Nの集落(vo,g)
 
【Nの集落
ギターひとつ持って町から町へ、日本中をふらふらしています、Nの集落です。日本のフォークソングやパンクロックに慣れ親しんだ思春期から、地元でちょっとした人気になるR&Rバンドのフロントマンとして青年期を駆け抜け、2017年より弾き語りのツアーミュージシャンとして年間250本以上のライブをやりながら暮らしています。音楽は日本語を大事にしたシンプルなものをやってるつもりですが、これが何なのかもうよく分かんないです(笑)2017年10月以来、5ヶ月ぶりのなんやでのライブを楽しみにしています。(Nの集落)


3月16日(金) ライブ 19:30~ 2500円
  夢野カブ(vo,g)
  鈴木純也(vo,g)

  
自分がファンと思える『人』と一緒に合奏をしバンドをやって行けている。そいつは大した誇りであり自慢なのだ。ロックという音楽を介して『人』と出逢っていく人生で『音楽は人なり』そのひとつの確かな答えの下(もと)、またひとりのバカと出会えた。バカは永遠の天才なり(by 赤塚不二夫)。バカとの合奏は宝物で、そいつはきっとまた金ピカの腐れ縁となってくんだろうな。そんな鈴木純也との衝動を打ち明ける。今宵はそんな夜宴となるんだ。(夢野カブ)


3月17日(土) ライブ 19:30~ 1000円
 
 「私は、私だ!」
   
平井秀介(as,etc)+Dee(ds)
 DUO
   +アカノシバヒト(sax)
 
 
今回は、20年前京都でライブをやっていた古い友人の赤野君を迎えてのライブです、2管は、初めてなのでどんな方向に行くか楽しみです。
 


3月18日(日) ライブ 19:30~ 1500円
  room517
   鈴木茂流(elec.bass)
   谷向柚美(voice)
   十三(ds)
  他未定
   
「room 5-17」について
例えればジョン・ゾーンが、まだ無名の若い頃やっていたように、New Yorkの自分のアパートで、ライブをやってしまう。
こんな感覚でなんやの二階を、「Room 5-17」(五階の十七号室)とタイトルして、新バンド「517」の五ケ年計画、最終目標サウンド達成にいたるまでのドキュメンタリー・オープン・ライブ。
部屋主・鈴木の責任プロデュース企画です。


3月20日(火) ライブ 19:30~ 1500円
  ミツハシ コウイチ(vo,g)
  チャーリー(vo,g)
  
ミツハシ コウイチ(sugar n' fatfree)
90年代初頭にポニーキャニオンでベーシストとしてレコーディングに参加したのが活動のきっかけ。
その後 渡米、沖縄移住後 横須賀に定住。
少しのブランクを経て活動を再開。
自主でCDを制作しながら都内、横浜 湘南エリアを中心にライブやイベントに出演。
ブルース、ジャズ、カントリー、フォークなどを独自のブレンドしたレイドバックな音は酒が進むという評判です。
(3/20 なんや ライブにお越しのお客様にオリジナルステッカー無料配布、先着5名様にCDプレゼントいたします!)
https://www.youtube.com/watch?v=OyPvjR-Jr-o&feature=share
https://youtu.be/cI5QNp9N5Bo
チャーリー
「ジャンルにとらわれずパンク、ブルース、レゲエ…何でも取り入れて歌ってます。 独特な世界観を是非(笑)」 アコギ一本で歌ってます。



3月22日(木) ライブ 19:30~ 2300円
  Type Nature + Two
   鈴木洋一郎(tb) 西山友望(tb) TOHO(tu) 吉川弾(ds)
 
中低音管楽器によるコードレスカルテット。ジャズやファンクまで幅広くグルーヴィーな音楽をお届けします!


3月23日(金) ライブ 19:30~ 2000円
  スーマー(vo,g,バンジョー)

 
歌声が何とも魅力的だ。これが一番!朝日のように柔らかい。バンジョーとギターがその味わいを見事に増す。スーマーの世界にどっぷりと浸されてしまう夜。


3月24日(土) ライブ 20:00~ 2500円
  大谷氏(vo,g) とっちゃん(鍵盤ハーモニカ,vo)
  森 香(vo,g)

25年間憧れてやまない富山の怪人をなんやから全世界に発信
  
大谷氏に出会ったのは高山の音楽仲間の噂話だった。背中に物置くな〜♪と大谷氏の歌を真似して喜ぶ仲間たちに、私の大谷氏像は地上一万mくらいの巨大なものになった。その二年後についに本物を見たとき、その通りの巨像を背負って歌う怪物だと思った。あれからもう20年近く経つがいまだに彼を仰ぎ見てしまう自分がいる。共演に感謝。(森)


3月25日(日) ライブ 19:30~ 2000円
  マサ・タケダ(vo,g)
  西島 衛
  
マサ・タケダ
ジャズやブルース、フォーク、カントリー等アメリカンルーツミュージックを愛好しGibson ES-125を愛用する西宮生まれ大阪在住のシンガーソングライター。
全国年間150本以上のライブを行い、各地で「マサのライブはお酒が進む」と絶賛される。マサ自身が尊敬する吾妻光良、有山じゅんじ、長見順、オレンジカウンティブラザーズ飯田雄一とも共演し、各ファンからも評価を受ける。
【HP】https://ragtimeblues1929.wixsite.com/masatakeda
【Online Store】https://masatakeda.stores.jp/
【Twitter】https://twitter.com/masatakeragtime
【FACEBOOK】https://ja-jp.facebook.com/masatakeragtime/
【YouTubeチャンネル】https://m.youtube.com/channel/UCmx-Xu9hewRoSsBAxU63ZTQ



3月28日(水) ライブ 18:30~ 参加費 300円 観覧 無料
  なんやオープンマイク!(当日、参加者を受け付けます)
弾き語りでも、バンドでもOK。ジャンルは問いません。
持ち時間はセッティング時間を含めて20分。ギターアンプ、ベースアンプ各1台、PA、マイクはあります。それ以外は持ち込みをお願いします。ドラムセットは使えません。パーカッション可。22:00まで。詳しいことは、店までお問い合わせください。3回目の開催。ふるってご参加ください。


3月29日(木) ライブ 19:30~ 前売(予約)2500円 当日3000円
  YOSSEY 新譜”水星note”発売記念ツアー
   YOSSEY(vo,g)
   古川晴海(vo,g)

  
自分の音楽を貫き通す意思堅固な人。ピリピリした緊張感を持った演奏を繰り広げる。一人では演奏不可能な曲をループを使って見事にやってのける。完璧に近づこうとする。足の動きが激しいよ。
 
古川晴海 四日市在住 シンガーソングライター (叙情派フォーク)54歳 東海地域を中心に活動。オリジナルCD『エール』 発売中


3月30日(金) ライブ 19:30~ 1500円
  柳川芳命(as)
  中野恭子(fl)
  近坂祐吾(ds)

 
近坂祐吾氏と柳川は、ユニット「此の四人」で数年前から共演してきたが、ふたりの組み合わせになると何が起こるかわからない。それに加え初共演のフルートの中野恭子さんの参入はますます予定調和を吹き飛ばしそうだ。これこそ即興演奏の醍醐味と言える。1969年3月30日パリで焼身自殺したフランシーヌ・ルコント。3月30日と聞くとどうしても思い出してしまうな。(柳川)


3月31日(土)、4月1日(日)、臨時休業いたします。どうぞよろしくお願いいたします。


4月3日(火) ライブ 19:30~ 2000円
  piro式[岸田コーイチ(vo) 藤沢祥衣(acc)]
  YO-EN(vo,g)
  樋口智美(vo,g)
   
YO-EN  大阪在住 女性シンガーソングライター ギター弾き語り
樋口智美  腹の座った思いの強い歌い手。すがすがしい歌だ。
piro式  【岸田 コーイチ(うた)藤沢 祥衣(アコーディオン)】2007年結成。大阪を中心に、孤低のパフォーマー、ボーカリスト岸田コーイチと、「鞴座」などで活躍するアコーディオニスト藤沢祥衣(さちえ)のデュオユニット。忘れ去られた隠れた名曲、シャンソンから似非演歌、オリジナルまで、濃ーい唄とアコーディオンが絡み合う、一度見たら忘れられない!
https://ameblo.jp/piroshikipakupaku/
   


4月4日(水) ライブ  19:30~ 2500円
  ユミハラ(vo)
  白木佐也加(vo)
  リョウガイ [小埜涼子(fl)+ガイ(vo,g)]
   
ロンドン在住のユミ・ハラ( vo, その他)の里帰り記念ブッキング。小埜涼子(fl)と名古屋の天皇ガイさん(g, 語り)、白木佐也加(vo)による特別編成セッション。リョウガイ(ガイ+小埜)ゲスト入り豪華バージョンや、脱力癒し系セッションをいくら脱力してもかまわないなんやの2階のお座敷で繰り広げる特濃即興演奏の一夜


4月5日(木) ライブ  19:30~ 2000円
  本間章浩(vo,g)
  小川ベム(vo,g)
【本間章浩プロフィール】
 1962103日生まれ。
 80年代から「赤と黒」のギターとして新宿ロフトを中心に全国で1000本以上のライブを展開。
 赤と黒、解散、再結成の後、1996年クラウンレコードよりメジャーデビュー。
 90年代からは、自らのバンド「King Biscuit Time」の活動も開始しつつ、Bay FMFM富士、ラジオニッポンなどでラジオ番組パーソナリティーもこなし始める。
 現在、「King Biscuit Time(VoG)、「赤と黒」(G)、「nickeythe Warriors(G)として全国でライブを展開中。
 2008年、京都を皮切りに奄美大島まで初のアコースティックソロツアーを開始「七転五起ツアー」と題し現在も定期的に全国をツアー中。
 主な参加アルバム
・ 赤と黒「AKAKURO(クラウン)
・ オムニバス「I WANNA BE A STOOGES(CBSソニー)
・ 清春ソロ「EMILY(東芝EMI)
・ オムニバス「赤イジワルケイ」(avex) 参加ミュージシャン:鮎川誠、シーナ、甲本ヒロト、清春、チバユウスケ、花田裕之 他24アーティスト
Nickey&the Warriors
・「in my Heart」 (ウルトラバイブ)
他多数!!

   


 小川ベム


月6日(金) ライブ 19:30~ 1500円
   puyo(as)

   伊藤誠人(key)(いとまとあやこ)
   酒井美絵子(ds)
   


4月7日(土) ライブ 20:00~ 1500円
  夜久一(vo,g)

 
前回なんや、とってもいいライブだった。来ているお客様の顔が真剣だった。そして、CDがたくさん売れた。いいライブの証拠だ!声がすごく良く出る。気持ち良い。



4月8日(日) ライブ 19:30~ 1500円
  新井田文悟(b)  アカノシバヒト(as) 野々山玲子(ds)
   
サックスあかの、ドラムののやま、ベースにいだ、この三人が紡ぐ即興音楽は、まるで侘び寂びの効いた俳句の世界の様だ。シンプルなのに奥深い。是非それを体感しに来て欲しい。
もしかしたら、強力なゲストが来るかも?(新井田)


4月12日(木) ライブ 19:30~ 2000円
  柳川芳命(as)
  ルイ・リロイ(g)
   ゲスト : 十三(ds)
   
大阪を拠点に活動する注目のギタリスト、ルイ・リロイさんと昨年秋に京都で初共演しましたが、その感性と即興の構想力は是非とも名古屋即興シーンに披露したいと思いました。念願かなって今回名古屋近辺で3連夜のライブが実現しました。その初日は、ようやく再共演できるしなやかなドラマー十三さんを交えてスリリングなデュオやトリオを行います。(やな)
ルイ・リロイ 関西在住のギタリスト。
ソロでの演奏活動をはじめ、国内外の様々な演奏家や映像作家、ダンサー等のパフォーマーと交わっての即興演奏や創作活動を行う。自身がバンマスを務める「napoli」、「astor de porto」、ソロでの演奏等の活動において作曲や編曲を手掛ける傍ら、自身主催のメンバー不定即興集団「ruiriroi-group」、「新世界横丁」などでは即興表現に加えコンダクトを行う。
関西を拠点に様々な地域、場所で活動を展開中。自身の企画『ルイ・リロイの「〜な1日」』を主催。

 


4月13日(金) ライブ 19:30~ 2500円
 
「石川浩司リクエストライブin名古屋」
  石川浩司ソロワンマン(ex.たま)
※当日「演奏可能曲」の中からひとり1曲ずつリクエスト曲を紙に書いてもらいそれを演奏します。
   


4月14日(土) レコードコンサート 18:00~翌2:00 無料
  恒例 FM HOUR
   JET STREAM ① ~音楽で巡る世界遊覧飛行~

     選曲PILOT は、Mr.F,Mr.Lonelyことトキオ

 


4月15日(日) ライブ 19:30~ 2500円
  早川岳晴(b)ソロ
     
慶応大学哲学科の頃、片山さんに連れられて生活向上委員会に参加。はちゃめちゃを覚える。同バンドでメインボーカルを務める。梅津さんに気に入られ、ドクトル梅津バンド、以降梅津さんとのバンドはずっと続く。チャボにも好かれている。藤掛さんとの崖っぷちセッションや自ら率いるHAYAKAWAも有名。
そのベースのその素晴らしい弾きっぷりは至高だが、無邪気さを失わず持ち続けているところが究極。(注:一部デタラメです)



4月17日(火) ライブ 19:30~ 2000円
  Winter Family from Paris [Ruth Rosenthal(vo)+Xavier Klaine(p)]
  谷向柚美(voice,effects)+小埜涼子(fl)

    
winter familyは、イスラエル出身のルース(voice)、とフランス出身のザビエル(key)のデュオ。彼らは映画音楽を主体に舞台やコンテンポラリーダンスなど様々な媒体への楽曲提供と演奏を世界中で行い、そのメッセージ性の強い独特の暗黒感はすばらしいものがあります。お見逃しなく!谷向柚美+小埜涼子DUOは谷向の透き通って広大な世界観を小埜涼子と共に広げていくような奥行きのあるサウンドを是非お楽しみください。


4月18日(水) ライブ 20:00~ 2000円
  Traffic Accidents Panics Orchestra

    野道幸次 他


4月20日(金) ライブ 19:30~ 1500円
  ぶよぶよ市昭和区文悟町[puyo(as)G子(g)新井田文悟(b)丸市(ds)]
  NARCO
  
 


4月21日(土) ライブ 19:30~ 1000円
  「私が、やる。」

   平井秀介(as,etc)+Dee(ds) DUO
   + マツダカズヒコ(g)
 
 
サマディのマツダ君を迎えてのライブです。共演は、クク以来です。どんな音空間になるか楽しみです。


4月22日(日) ライブ 19:30~ 1500円
  room517
   鈴木茂流(elec.bass)
   小埜涼子(as)
   十三(ds)
  他未定
   
「room 5-17」について
例えればジョン・ゾーンが、まだ無名の若い頃やっていたように、New Yorkの自分のアパートで、ライブをやってしまう。
こんな感覚でなんやの二階を、「Room 5-17」(五階の十七号室)とタイトルして、新バンド「517」の五ケ年計画、最終目標サウンド達成にいたるまでのドキュメンタリー・オープン・ライブ。
部屋主・鈴木の責任プロデュース企画です。



4月23日(月) ライブ 2階開場18:30 開演19:30 予約3000円 当日3500円
   花田裕之(vo,g)(ex.THE ROOSTERS、THE ROOSTERZ)
  
最初に会った時、または、最初にその人が出した音を聞いた時、オーラみたいなものなのか、これは、いいとか凄いとかわかってしまう。花田さんもそんな風で、不思議な魅力がある方で、演奏もとくに派手だったりではないのですが、じわんと惹きこまれちゃうのでした。


4月26日(木) ライブ 19:30~ 詳細未定
   おちょこ(vo,g)
おちょこさん、激烈で爆発力のある演奏をする方で、歌詞もおもしろく、とても惹かれる。とってもいいので、ぜひ見に来ないかい。
   
おちょこ
うたうたい、声使い。

ロックバンド国分寺エクスペリエンスで20年余り、曲作りと、ボーカルを担当していました。
2008年ごろからソロ活動をはじめギター弾き語りでオリジナル曲を歌ったり、声やエフェクターを使った即興演奏をしています。
女である自分の中にある、母、少女、少年。邪悪。野生。官能。すべてを含んだ大地のような、妖怪のような、うたうおばばを目指して、日々年を重ねているところです。



月27日(金) ライブ 19:30~ 1000円
   坂田トリオ [puyo(as) 新井田文悟(b) 坂田こうじ(ds)]   
    ゲスト : ダグ伊藤(key)

  


5月1日(火) ライブ 詳細未定
   高橋よしあき(vo,g)
 
高橋よしあき■PROFILE
1963年川崎生まれ。 1978年、頭脳警察、佐渡山豊、ジャックス等に触発され、歌い始める。
1984年「テーゼ」としての音楽活動スタート。街頭でのソロ「ワンマン・テーゼ・オン・ザ・ストリート」、ユニット、バンドと多様な形態で活動を続ける。
1987年~1989年初頭は路上を主戦場に戦う。1989年夏~ 1992年、ライブハウス企画「インペリアルシアター」を軸に活動。音源付き機関誌、カセット、CD等発表。1993年に活動停止。
2000年、ソロで活動再開。2002~2007年、弾き語りをメインとした自主企画「屋内路上叫唄」の他、「独唱パンク」や渋谷アピアでも活動。 ソロCD2枚発表。
2008年頃より活動の主軸をアスリートのフィールドに移し、幾多のウルトラマラソン、トライアスロンに参戦制覇。2015年よりライブ活動再開。
these429@yahoo.co.jp
Facebook&Twitter ID: tacoashi


5月2日(水) ライブ 詳細未定



5月8日(火) ライブ 20:00~ 2000円
   泉 邦宏(vo,sax,g,per,尺八,etc.)
  
1967年7月13日生まれ。早稲田大学在学中モダンジャズ研究会でアルトサックスを始める。尺八は半年間、横山勝也氏の手ほどきを受ける。大学時代より音楽活動を始め、20代半ばより「渋さ知らズ」に参加。ドイツのメールスジャズ祭や、イギリスのグランストンベリーフェスなど世界各国で演奏。 キタカラレコードから多重録音のソロCDを数多く発表。現在、サックス吹きとしては藤井郷子オーケストラに参加。渋さ知らズにはたまに参加。他にさまざまなミュージシャンとセッションを行っている。ソロ活動ではギターと三線の弾き語り、サックス、尺八、カリンバ、笛、おもちゃ、パーカッションなどさまざまな楽器を駆使して独自の世界を切り開いている。



5月10日(木) ライブ 詳細未定
 「千円DUO]

  柳川芳命(as)
  野道幸次(sax)



5月13日(日) ライブ 詳細未定
   春の約束
    学(vo,g)&G子(vo,g)

    宮川政斗
  
 


5月15日(火) ライブ 19:30~ 3000円
  2nd CD「曲の飛び出す絵本」~テクテクCD発ライブ行脚・その7~in 名古屋

   ミクロマクロ [蜂谷真紀(声と歌) 加藤崇之(g)]


5月18日(金) ライブ 詳細未定



5月19日(土) ライブ 詳細未定
   春日“HACHI”博文
 
1954年 東京都港区出身。1970年にカルメンマキ&OZのリーダー・ギタリストとして活動。OZ解散後、ギタリスト・音楽プロデューサーとして仲井戸麗市、RCサクセション、ソウルフラワーユニオンなどの活動に関わる。
1978年 RCサクセションにギタリストとして参加。1985年「THE仲井戸麗市BOOK」プロデュース。
1987年 韓国の打楽器に魅せられ渡韓、数々のミュージシャンをプロデュース。
1990年 ドラマーとしてRCサクセションに参加、「BABY a Go Go」、仲井戸麗市「絵」プロデュース。
1991年 東京ビビンバクラブ結成。
2009年 日本での活動を再開。Hachi's結成。
著作に「ウクレレ・キヨシロー忌野清志郎ウクレレ弾き語り曲集」ほか


5月21日(月) ライブ 20:00~ 予約2500円 当日2800円
  うたものシスターズ


5月25日(金) ライブ 19:30~ 1500円
  Samadhi [柳川芳命(as)+鈴木茂流(b)+松田和彦(g)]
   +野々山玲子(ds)
 

1993年からドラムレスのトリオで発足した老舗即興ユニットのサマーディは、ときには喝を入れてもらえるドラマーを招いてサウンドの活性化を図っています。丸市さん、Megさんに続く3人目の刺客ドラマーとして、このたび野々山玲子さんをお招きして、しばいてもらうことになりました。(やな)


5月26日(土) ライブ 詳細未定
  ナベジ(vo,g)


5月27日(日) ライブ 19:30~ 2500円
  佐藤研二(cello)
  早川岳晴(contrabass)

  
この二人のベーシストを御存じの方ならば、この二人の組み合わせによる演奏が、とんでもなくおもしろそう、と思うでしょう。
佐藤さんは、ベースでなくチェロを、早川さんは、コントラバスでの演奏。何とも贅沢な夜だ!
この二人を御存じない方が見たならば、びっくりしてひっくり返ってひょん、てなことになってしまうよ!



5月31日(木) ライブ 詳細未定
  「祭典の日」
   Mr.BS


月1日(金) ライブ 19:30~ 1000円
   坂田トリオ [puyo(as) 新井田文悟(b) 坂田こうじ(ds)]   
    ゲスト : 小野浩輝(electronics)

  


6月2日(土) ライブ 19:30~ 2000円
  マサ・タケダ(vo,g)
  キタムラリョウ(vo,g)
  
マサ・タケダ
ジャズやブルース、フォーク、カントリー等アメリカンルーツミュージックを愛好しGibson ES-125を愛用する西宮生まれ大阪在住のシンガーソングライター。
全国年間150本以上のライブを行い、各地で「マサのライブはお酒が進む」と絶賛される。マサ自身が尊敬する吾妻光良、有山じゅんじ、長見順、オレンジカウンティブラザーズ飯田雄一とも共演し、各ファンからも評価を受ける。
【HP】https://ragtimeblues1929.wixsite.com/masatakeda
【Online Store】https://masatakeda.stores.jp/
【Twitter】https://twitter.com/masatakeragtime
【FACEBOOK】https://ja-jp.facebook.com/masatakeragtime/
【YouTubeチャンネル】https://m.youtube.com/channel/UCmx-Xu9hewRoSsBAxU63ZTQ


6月3日(日) ライブ 詳細未定
   福田ユウイチ(vo,g)



6月6日(水) ライブ 詳細未定
   御曼けゑ志
   
御曼けゑ志 1971年生まれ。北海道札幌市で『161倉庫』というライブハウスを経営。20歳を境にバンド活動と並行してソロ活動に力を注ぐ。数々のミュージシャンとの交流を持ち、地元のテレビ・ラジオ番組などにも多数出演する。独自の世界観を満載したライブパフォーマンスを行いながら絶賛ツアー中!


6月7日(木) ライブ 詳細未定
  新井田文悟(b) 柳川芳命(as) 丸市(ds)

  


6月24日(日) ライブ 詳細未定
  森 香(vo,g)

  竹内一成(vo,g)
 
 


7月20日(金) ライブ 詳細未定
  ナベジ(vo,g)
  BAKI
  澄田健


7月21日(土) ライブ 19:30~ 2000円
   AZUMI(vo,g)
   



9月17日(月・祝) ライブ 詳細未定
   李 知承
[イ チスン](vo,g)+芳賀まさひろ(g)+すだっち(ダンボールドラム)

     
李 知承
在日韓国人三世、日本で一番在日が生活する街生野区で生まれ育ち、その生活の中から生まれた唄を弾き語ります。1962年生まれ。


10月9日(火) ライブ 19:30~ 3000円
  
加藤崇之(g)
  シューミー



10月25日(木) ライブ 19:30~ 詳細未定
  新井田文悟(b)