nanya   イベント     


         なんやでライブ・上映会・芝居などやってみたい方は、こちら

         過去の出来事を見たい方は、こちら



なんやでは、以下の催しが予定されています。

   ライブは2階で行われます。この時、1階は、通常営業をしています。
   ライブを知らずにお越しになり、ライブはいいや、という方も、お気軽に1階へお入りください。
   (通常営業ですが、ライブ中は、BGMはながれません。)

   レコードコンサートの表記のあるものは、なんやに流れる音楽の選曲をその方におまかせするもので、通常の営業と変わりません。
   無料です。(飲食代は、必要です。)普段と違った選曲を、お楽しみください。

  記載されている料金以外に、飲食代が別途必要です。

★予約受付方法: 公演前日までに、なんや052-762-9289まで電話で、または、メールnanyagokiso@wing.ocn.ne.jp 宛メールまたは メールでの予約をお願いいたします。イベント名とその日付、お名前と人数、連絡先をお知らせくださいませ。
(留守番電話へのメッセージの録音だけでは予約の成立になりません。また、なんやの電話はかけてきた方の番号が表示されませんので、こちらからかけなおすことはできません。メッセージの中で、明確にご自分の番号を録音された方には、こちらから電話いたします。)


2019年


1月18日(金) ライブ 2階開場18:30 開演19:30 2500円

  
【ナベジ 新春の東海&近畿行脚】
   ナベジ(vo,g)(スランキーサイド)
   O.A: チャーリー(vo,g)
 
 
ライブにかける意気込みが半端ないナベジさん。情熱溢れる演奏を展開する。一生懸命だ。初心を忘れていない。お客様もすばらしい。いい演奏は、半分はお客様が作っていたりするね。OAにチャーリー。こちらも情熱溢れる人だ。


1月19日(土) ライブ 2階開場18:30 開演19:00 2300円
  『新春大宴会』
   出演:キシモトジュンイチ/ミチコロンブス/IBUKI

 
新春大宴会かいさーい
関西からキシモトジュンイチ
名古屋の新星IBUKI
名古屋の珍獣ミチコロンブス
三者三様な彼らが1月19日なんやで
なにやらヤラカします♫
宴がどうなるかは来てのお楽しみね
みんなで一緒にカンパーイ


1月20日(日) ライブ 19:30~ 1000円
  「ぷよの日vol.25」
   ひだかひとみ(vo,g)+puyo(as)+G子(g)+中西健雄(per)
   中西健雄(語り)
   
今回の「ぷよの日」は、この顔ぶれで。歌の大好きなひとみさん、見ていると、とても楽しいです。puyo+G子もどうぞ。中西のパーカッションと共に。中西の語りも楽しみですね。そして、メインイベントは、サイン加藤とHitomi kanda。
  「言葉以前のことば〜言葉は何故有用性とポエジー性が共存しているように見えるのか〜」
   サイン加藤+HItomi Kanda
 
サイン加藤:絶対演劇集団「オスト・オルガン」に参加、絶対演劇を体感する。言語をモチーフにしてソロ、ユニットで活動中。
Hitomi Kanda:絵描き、パフォーマー、英語、おもしろいろいろ。
 


1月23日(水) ライブ 19:30~ 2000円
  puyo(as)
  加藤雅史(contrabass)
  近藤久峰(ds,vo)

   


 


月25日(金) ライブ  19:30~ 2000円
  Shy(vo,g)
  
Shy1982<HEARTBEATS>でデビュー。解散後<Shy&Mooney>全国を廻るライブ活動を展開。現在はソロ活動を中心に、ギターとタヒチアンウクレレを携え北海道から沖縄まで[Shy独り旅]の日々。天秤座、O型、戌年、那覇出身。



月26日(土) ライブ 19:30~ 2000円
   ハナクソ(vo,g) from高知
   チャーリー(vo,g)
   ハルミ(vo,g)
 
  
硬い芯のある三人が、それぞれのやり方で魅せてくれるライブ。強烈な信念を感じさせる演奏。迷っている暇はない。あなたも迷わずお越しください。


1月27日(日) ライブ 19:30~ 1500円
 ALTO SUMMIT
  Kei-K(as)
  柳川芳命(as)
  puyo(as)

 
アルトサックス3本だけのダイナミックな演奏をお届けします。それが迫力満点になるから不思議。剥き出しの音、美しい音、凶暴な音、音のない音、いろんな音の集合体をどうぞ聞いてみてください。


1月29日(火) ライブ 19:30~ 500円
   KUKUセッションvol.6 (当日、参加者受け付けます)
   ホスト : やちり

  
参加者募集中:楽器でも踊りでも絵でも、みんなでセッションしましょ。
その昔、名古屋にはKUKUという朝まで開いてるバーがあった。お客さんがいてもいなくでも、マスターはドラムを叩いていた。店を辞めた後も、マスターは路上で即興演奏をしていた。そんなマスター村上等さんに感謝を込めて、私たちは即興演奏を続けます。自由に音で遊びましょう。演奏希望の人は、楽器を持って全員集合!即興好きなあなたも、全員集合!(やちり)

今回が7回目。即興好きなあなた、待っています。


1月30日(木) ライブ 19:30~ 2000円
   畠山智行(vo,g)
   川合蝉丸
   
畠山智行
私の思いが一番伝えられる言葉が方言でした

この思いをかっこいい音楽にのせて歌いたい。
それが津軽弁ロックシンガー畠山智行のアルバム津軽魂です。
先ずは私の思い、津軽の風に触れて見て下さい。

津軽弁で歌いたくて東京上京し、一度挫折し役者になる、その後28年の時を経てどうしてもやりたくて自主製作にてアルバム津軽魂を発売
津軽の風を感じでもらうべく只今、全国ライブ中


川合蝉丸 プロフィール 
西暦2000年前後薩摩琵琶で人前に立つも琵琶が壊れ音楽活動中断。小さな会社を経営したが、一昨年倒産に至り表現活動を再開。一年前初めてなんやのオープンマイクで表演した語り物の系譜に連なる「雪女」(松田晴世作)をクラギに持ち替え、再度狂おしく唄語る。他にオリジナル、中島みゆきのカバー曲、中国語歌謡等がレパートリー。


月2日(土) ライブ 2階開場19:00 開演19:30 1000円
  『なんや節分前夜祭 ‐Mr.F生誕祭‐』
  ・ISAMU(詩の朗読/詩的表現)
  ・Mr.F(ひとり歌い)
  ・まーにゃ(vo,g)

   
新春、猛獣たけだけしい美(微?)獣、ISAMU。
R&R命、と体を揺らすマーニャ。
規格・企画外、は当り前。主が道を突き進むのみ、のF(愛ある?)
なんや2階にあい♥まみえる。愛はあるのか?誠義は貫(敢)行されるのか?虚しい問いに果敢に答える珍獣♥♥共!

とに角、戯れましょう、ボールを持って。そこに良い事が待っている、から。ワシは行く。是非!(F談)
 


月8日(金) ライブ 19:30~ 1000円
  坂田トリオ [puyo(as) 新井田文悟(b) 坂田こうじ(ds)]

   ゲスト : 倉田憲一
 

「よくわからないが面白い」……そう形容したくなるPUYO(sax)新井田文悟(bass)坂田こうじ(drums)からなる"sakata trio"。ここ「なんや」にて数年、隔月で即興演奏を重ね変化し続けています。 今回はゲストに倉田憲一(from京都)さんを迎え、より深い面白さを増幅させていきます。ベースか、はたまたギターか……こちらは当日までのお楽しみにということで!是非遊びに、どうぞ。(坂田)


月9日(土) ライブ  19:30~ 1500円
  Heal Roughly [柳川芳命(as) Meg Mazaki(ds)]
  武藤宏之(electronics)
 
このたびは電気も使いまして 少し手荒にしますが あなたを癒して差し上げます。


月10日(日) ライブ  19:00~ 投げ銭
  TRRRMA from イタリア
  in (鈴木悦久electronics×聖澤聡electronics)
  辻井浩司(bass)×十三(dr.electoronics)
   
イタリア産、大地と交信するドラム&エレクトロ・デュオ「TRRRMA’」初来日!
TRRRMA’
モノクロの胸像が掘り出された大地の底から湧き出すクリック音と地下に眠る蟲たちをパニックに陥れる重低音の振動が、灰色の孤独の帷を切り裂きジャックナイフの如く一念勃起させる。怒張した大脳皮質の表皮に刻まれた襞は痺れながら洗脳運動に玩ばれる。不整脈の乱打と律動が精神分裂を促すように耳核を愛撫する。闇の中の二者の弄り合いは、ジャズではなくエレクトロでも、ましてやノイズでも有り得ない。巻き舌でトゥルレ魔と発音するというイタリアの二人組音楽ビジュアルユニットが「TRRMA'」である。
メンバーは、ジョヴァンニ(perc)とジュゼッペ(synth)。2015年で結成され、イタリア内外の音楽フェス、ギャラリー、アート・スタジオ、クラブの現代/実験尾根学シーンで活動する。これまでイタリア、フランス、ベルギー、ドイツ、オーストリア、スイス、スロベニア、マケドニア、ハンガリー、ルーマニア、ブルガリア、セルビア、ボスニア、ポーランド、ラトビア、リトアニアをツアー。常に音楽シーンの新しい動きに目を光らせて、ハイクオリティなレコード/ライヴを進化させている。


地元からは、辻井浩司 (bass) × 十三 (drums)、in (鈴木悦久 (electronics) × 聖澤聡 (electronics)の変則Duoによる一夜!投げ銭なので気軽にどうぞ!


月11日(月・祝) ライブ  19:30~ 2000円

  シクスシクス
  ソラトブ

  
yabyum (ヤブユム) [S. Shah スティーブン(g,vo)+Chihiro (per,synth)]
   
シクスシクス
俳優業と並行してankariseと名乗り音楽活動を行っていた大嶺美香a.k.a.アンカが、ギタリストでありソングライター、そして自身のバンド「グツドバイ」のフロントマンとして活動している村瀬統也と組んだデュオ。
地下世界から地上への架け橋を自在に往来し、時空を超えたコズミックブルースを操る謎のユニット。2018年には待望のファーストアルバムをリリースした。
ソラトブ
歯車がくるいかけた機械に滑り込む。浮遊感。遠くで鳴らされる音と声になんとも言えぬ、その空気に、流れ込む。アーシーなメロディを基本に様々な音が数少なく控えめに色を重ねていく。飯田たかまるによるソロユニット。
yabyum (ヤブユム)
S. Shah スティーブン & Chihiro (Blasting Rod psych-folk duo)(アシッド・フォーク・デュオ)


月12日(火) ライブ 19:30~ 1000円
  菖蒲谷徹:(key)
  吉田崇(per)
  吾妻了(b)
  山田 一雄(g)

 
東京よりジャズ/インプロ/即興ユニットで活動しているkeyの菖蒲谷徹。なんや初登場!迎え撃つ東海勢は吉田崇(perc)hidapass(Bass)山田一雄(gt)。魂のインタープレイを目撃せよ!宜しくお願いします。


月13日(水) ライブ  20:00~ 2500円
  対決2019
   トーガンジレーコ(vo,acc)
   森 香(vo,g)
  
アコ歌のレーコ女史が対バンを歌の対決と思い込んだ結果生まれた手に汗握る歌の会。レーコ女史の圧倒的な才能に森香がどう対抗するのかがもっぱらの見どころとの噂である。


2月16日(土) ライブ 19:30~ 1500円
  room517
   鈴木茂流(elec.bass)
   臼井康浩(g)
   照喜名俊典(euphonium/tb)
   十三(ds)
    

「Room 517」(五階の十七号室)
バンド「517」の全貌はまだ霧の中、
それをいかに最終目標サウンド達成に向かわせるのか?
それは私以外誰も知らない、
これはそのドキュメンタリー・オープン・ライブ、
部屋主・鈴木の全責任プロデュース企画。


月17日(日) ライブ 19:30~ 2000円
  夢野カブ(vo,g)
 
ロックというものを常に全身全霊で体現する彼のLIVEは生命賛歌そのものであり、凝縮されたエネルギーは真っ直ぐに観客へと伸びて絡み合う。楽しむとはこういうことだ。(カリ子)


月20日(水) ライブ 20:00~ 2000円
  泉 邦宏(vo,sax,g,per,尺八,etc)
 
常に変化し続けている人。毎回毎回新しいことが、何かしら増えている。常に自由であり続けているからこそであり、そうでないとおもしろくないんだろう。そして、器用にこなしていく。ここも見所の一つ。何よりも、出てくる音楽がおもしろい!エキサイティングだ。


月22日(金) ライブ  19:30~ 1000円
  puyo(as)
  てる(as)
  ヴァルハラぴらゆきトランペット(tp)(元ローリングライヴ、さそり)
  小林雅典(g)
  
  
普段、界隈の即興演奏シーンに現れない人を呼びました。それを小林君と私で迎え撃つ。ぴらゆきさんは、真のロッカーで音楽やらせるとでらすごい!先鋭的フリーインプロヴィゼーションが大好きなてるさんとともに、予測できない日に。


月23日(土) ライブ  19:30~ 1800円
  太鼓屋素浪人(ds)
  酒井美絵子(ds)
  
ドラム二人のライブ。感情の豊かさでは右に出るものがいない酒井美絵子と、未知の太鼓屋。写真から判断すると……。
太鼓屋プロフィール
新潟を拠点に活動するドラマー。ラテン、レゲエ、ジャズに影響を受けたオリジナルナンバーを演奏するSALVADORを中心に活躍する他、サックスプレイヤーとのユニット、ブレーンバスターではフリージャズに影響を受けた即興スタイルの演奏活動を行っている。地元新潟の風土、文化、地酒をリスペクトした音造りを信条としている。



月24日(日) ライブ  19:30~ 2000円
  武藤祐志(g)
  石渡岬(tp)

 
ジャズ・ロック・インプロ系の様々なバンド・ユニットに参加するギタリスト武藤祐志とトランぺッター石渡岬。DUOフォーマットでとことんやります。POWER DUO シリーズファンキー編


2月26日(火) ライブ 19:30~ 2000円
   
詩野(vo,key)(富山から) ゲスト:新井田文悟(b)+坂田こうじ(ds)
   かんた(vo,g)
     
【詩野】
富山在住ピアノ弾語り
東京での音楽活動を経て、現在は富山石川を中心に全国でライブを行う。2017年ファーストミニアルバム「owl owl」発売。ノデウタウ 名の通り 飾らず力強い言葉でウタうことがモットーだが、飲み過ぎるのがタマに傷。

かんた 1964年大阪産まれ ラジオで河島英五を聴き「ギターを弾いて唄う人になりたい!」とギターを手に入れる。 18歳、名古屋に住み着き人前で唄いだし、フォークやブルーズに感化され“夜と酒とオネーチャン”のオリジナルを唄い今に至る。


2月28日(木) ライブ 19:30~ 1500円
  Mr.F 一人唄い
  TOKO(vo,b)
  よっぴん(vo,b)
   
主々の情動、宇宙、思(想)いが交錯する夜。と題してまいりましょう。
なんや三趣会。それぞれの世界、想いをブチまけ、問い続ける銀河の彼方。
「僕たちは決して交わる事のない川の流れを行く。そして、空は決して落ちて来はしない。川は、いまだに僕らを隔て続けている。」(イーノ)
だが、それがどうしてったんだいっ?!!
mmm… マンダム、ではなく。
この宇宙はいい。漂いがいあり・・・。(F談)


月2日(土) ライブ 19:30~ 詳細未定
  クラウンシューズ [サトル(vo,g) マナブ(acc) タカユキ(contrabass) トモコ(ds)]

  よたがらす(vo,g)
  



月3日(日) ライブ 19:30~ 詳細未定
  鬼頭径五(vo,g)
  かんた(vo,g)


月8日(金) ライブ 19:30~ 詳細未定
  u-full (ウフル)


月9日(土) ライブ 20:00~ 1500円
  momofuku [野道幸次(ts)+浅田亮太(ds,pf)]
 


月10日(日) ライブ  19:30~ 1500円
  puyo(as)
  石渡岬(tp)
  G子(g)
  酒井美絵子(ds)
 


月12日(火) ライブ 19:30~ 詳細未定
  時の旅団(vo,g)
  
時の旅団
学生時代から30代前半までバンド活動
その後、休止中は演劇のワークショップにも積極的に参加し、表現方法をも学ぶ
40代半ばから弾き語り活動を開始
神田の商店街と組んで野外ライブを月2回のペースで自分も出演するかたわら企画
また、都内・都下の各ライブハウスに出演
現在は新橋ZZを中心に活動中
今回初めて西日本でのライブを敢行!
生きて(活きて)いれば、良いこともあるし悪いこともあるし、また怒りもあれば落ち込む時もあります
そんな喜怒哀楽をお客さまと共有していけたら良いなと思っています♪



3月15日(金) ライブ 19:30~ 詳細未定
  江口 晶
  ライクアチワワ
  はまち


3月16日(土) ライブ 19:30~ 2000円
  「不可解な夜」
   大谷氏withとっちゃん
   ガイユニット
   ミレマ


3月20日(水) ライブ 19:30~ 予約2500円 当日2800円
   
Trio Oddball
    渡辺隆雄(tp)
    臼井康浩(g)
    ハセタク(per)

 
空駆けるメロディー大地を揺さぶるリズム~ブラジルとロックが 激しく交わる場所 ブラジルのリズムを取り入れつつ、独特の編成でロックする熱く激しいインストトリオ。”
迫力のあるライブを展開する3人。どんどん進化しておるなあ。渡辺さんのバリバリした流麗なトランペットが熱いし、ハセタク君もバリバリ叩いてきもちいいし、なのだが、臼井さんの活躍がだんだんこのバンドの味を深くしている。いい方向に向かっているな。


月21日(木・祝) ライブ  2階開場18:30 開演19:00 前売予約3000円 当日3500円
  『メルシー兄弟と従姉~2019~』
   出演:山田晃士、最鋭輝、柴草玲
○予約は、なんやでのみ受付:予約開始日:1/15(火)(電話は午後6時から受付)
 
山田晃士(やまだこうし)
ポップでキッチュなガレージシャンソン歌手。
6人編成のバンド・山田晃士&流浪の朝謡(るろうのあさうたい)、
アコーディオンとの二人ぼっちユニット・ガレージシャンソンショーと
独り舞台と題した弾き語りで活動中。
独特な世界観を持ったシアトリカルなパフォーマンスは
唯一無二の存在感を誇る。
最鋭輝(もとき)
1970年1月10日生まれ。ニックネームは、モッキー。
ロカビリーバンド「SANDRA DEE」などでの演奏活動後、 1998年冬、東京は銀座の街角で歌い始める。その後、自ら「今世紀、最初で最後のムーディスト」と称し、西荻ターニングで修行を重ね、銀座TACTを中心にムードを持った歌と共に寄席の雰囲気と小粋なトークを大切に涙あり笑いありの舞台をギターの弾き語りスタイルで行っている。持ち歌はあくまで団地のおばさんの噂で、カバー曲5432曲、オリジナル曲2153曲、小噺∞。
柴草玲(しばくされい)
ミュージシャン
作詞作曲、歌、鍵盤演奏。
1992年、女性だけによるサルサバンド「チカブーン」にキーボーディストとして参加。
1995年脱退後、しばらくはさまざまなシンガーのツアーサポートや楽曲提供などを生業としていたが、
1999年頃突然歌い出し、今に至る。NHKこども番組への提供曲も多数。


3月22日(金) ライブ 19:30~ 2000円
  Samadhi [柳川芳命(as)+鈴木茂流(b)+松田和彦(g)]
   対バンあり


月23日(土) レコードコンサート 18:00~翌2:00 無料
    JF アワー 
     選曲 : Mr.F
 Johnny
  



月24日(日) ライブ  19:30~ 2500円
  武藤祐志(g)
  横原由梨子(ts,fl)

  酒井美絵子(ds)
 
ジャズ・ロック・インプロ系の様々なバンド・ユニットに参加するギタリスト武藤祐志とサックス横原由梨子とドラマー酒井美絵子。DUO・TRIOフォーマットで彩るカラフルナイト。


3月26日(火) ライブ 20:00~ 2500円
  森 香(vo,g)
  川合ケン
顔で笑って背なで泣く
昭和的漢の爆笑ライブ
大衆演芸との狭間を行く漢二人の可笑しくも哀愁溢れる夜。


3月27日(水) ライブ 19:30~ 詳細未定
  樋口智美(vo,g)
  kurosawa daisuke



3月28日(木) ライブ 19:30~ 3000円
  立花秀輝(as)
  柳川芳命(as)
  石渡岬(tp)
  
  


月29日(金) ライブ 19:30~ 詳細未定
  マサ・タケダ(vo,g)(大阪)
  市村マサミ(大阪)

  
マサ・タケダ
ジャズやブルース、フォーク、カントリー等アメリカンルーツミュージックを愛好しGibson ES-125を愛用する西宮生まれ大阪在住のシンガーソングライター。
全国年間150本以上のライブを行い、各地で「マサのライブはお酒が進む」と絶賛される。マサ自身が尊敬する吾妻光良、有山じゅんじ、長見順、オレンジカウンティブラザーズ飯田雄一とも共演し、各ファンからも評価を受ける。
【HP】https://ragtimeblues1929.wixsite.com/masatakeda
【Online Store】https://masatakeda.stores.jp/
【Twitter】https://twitter.com/masatakeragtime
【FACEBOOK】https://ja-jp.facebook.com/masatakeragtime/
【YouTubeチャンネル】https://m.youtube.com/channel/UCmx-Xu9hewRoSsBAxU63ZTQ

 
市村マサミ
1977年生まれ。乙女座のB型。
アングラフォークや80年代の日本語パンクに影響を受け、365度ねじれて育つ。
クスクス笑いのユーモアと狂気がゆっくりと爆発するような独特の歌は、パンドラの箱のように聴く人の心にぼんやりとした希望を残す



3月30日(土) ライブ 詳細未定
  後藤篤(tb)
  高橋保行(tb)
  古池寿浩(tb)



月5日(金) ライブ 20:00~ 2500円
  森 香(vo,g)
  ミサキーテルキー[石渡岬(tp)+照喜名俊典(eh,tb)]
ラッパの音が鳴り響く
岬さんの歌と森香とラッパ二本とのコラボ


月7日(日) ライブ  詳細未定
  夢野カブ(vo,g)
 


4月10日(水) ライブ 19:30~ 前売予約2500円 当日3000円
  
YOSSEY 半世紀Tour2019  - 太陽の塔の目玉から-
   YOSSEY(vo,g)
   かんた(vo,g)
   古川晴海(vo,g)

   
自分の音楽を貫き通す意思堅固な人。ピリピリした緊張感を持った演奏を繰り広げる。一人では演奏不可能な曲をループを使って見事にやってのける。完璧に近づこうとする。足の動きが激しいよ。

かんた 1964年大阪産まれ ラジオで河島英五を聴き「ギターを弾いて唄う人になりたい!」とギターを手に入れる。 18歳、名古屋に住み着き人前で唄いだし、フォークやブルーズに感化され“夜と酒とオネーチャン”のオリジナルを唄い今に至る。

古川晴海 四日市在住 シンガーソングライター (叙情派フォーク)55歳 東海地域を中心に活動。オリジナルCD『エール』 発売中


月12日(金) ライブ  詳細未定
  Nyan-cats [谷向柚美(voice)+石渡岬(tp)+臼井康浩(g)+酒井美絵子(ds)]
 


月13日(土) ライブ  19:30~ 2000円
  森順治 2019春 岐阜・名古屋 3Nights <なんや編>
   森順治(as/b-cl/fl)
   柳川芳命(as)
   puyo(as)
   臼井康浩(g)

 

70年代の日本のフリージャズシーンにおいて、梅津和時、原田依幸とともに「集団疎開」「生活向上委員会大管弦楽団」の主力メンバーとして活躍し、現在では大沼志朗、雨宮拓との「M☆A☆S☆H」や、大沼、林栄一との「大森林」など、日本の即興界第一線で活躍する森順治を迎えます。森+柳川+PUYOによるアルトサミットや、臼井康浩とのセッションをお楽しみください。
 
70年代日本のフリージャズシーンの渦中、梅津和時、原田依幸らと共に「集団疎開」「生活向上委員会大管弦楽団」を支え、主力マルチリード奏者を務める。現在では、大沼志朗、雨宮拓との「M☆A☆S☆H」や、林栄一、大沼志朗との「大森林」などで活躍。また、数々の即興セッションにおいて、その自在なプレイで即興をリードする実力者。岐阜・名古屋に迎えて連続三夜セッションを繰り広げます。


月20日(土) ライブ  19:30~ 詳細未定
  puyo(as)
  一ノ瀬大悟(contrabass)
  酒井美絵子(ds)

   



4月21日(日) ライブ 19:30~ 詳細未定
  早川岳晴(b)ソロ
     
慶応大学哲学科の頃、片山さんに連れられて生活向上委員会に参加。はちゃめちゃを覚える。同バンドでメインボーカルを務める。梅津さんに気に入られ、ドクトル梅津バンド、以降梅津さんとのバンドはずっと続く。チャボにも好かれている。藤掛さんとの崖っぷちセッションや自ら率いるHAYAKAWAも有名。
そのベースのその素晴らしい弾きっぷりは至高だが、無邪気さを失わず持ち続けているところが究極。(注:一部デタラメです)



月7日(火) ライブ 20:00~ 2000円
  泉 邦宏(vo,sax,g,per,尺八,etc)
 
常に変化し続けている人。毎回毎回新しいことが、何かしら増えている。常に自由であり続けているからこそであり、そうでないとおもしろくないんだろう。そして、器用にこなしていく。ここも見所の一つ。何よりも、出てくる音楽がおもしろい!エキサイティングだ。


5月15日(水) 20:00~ 2000円
  烏合の徒(烏合のと) [柳川芳命(as) 野道幸次(ts) 小林雅典(g) 吉田崇(per/syn)]
 


5月25日(土) ライブ 19:30~ 詳細未定
   武藤祐志(g)
   小埜涼子(as)
   木全摩子(ds)

 


5月31日(金) ライブ 詳細未定
   ナベジ(vo,g)(スランキーサイド)